2013年1月13日
阿波国見山(1,409m)
後山登山口 上の登山口 1370標識 山頂 実習 上の登山口 後山登山口
8:25) (9:20〜9:35) (10:25) (10:50〜11:30) (12:00) (12:40〜12:50) (13:30)

今日は例会で阿波国見山へ。
これもこの時期、毎年恒例です。
参加者は総勢23名と大所帯。
ここで”雪山デビュー”となる会員さんも。
今日も雪山初体験の方たちが数名参加されていて、山慣れた会員さんがサポートに付いています。

昨年・一昨年とは大違いの雪の少なさ!
登山口周辺には雪は殆どありません。

後山登山口より  雪はありません

上の登山口到着。今日は車はありません。
ここでアイゼンを着けます。
今季初めて使用のアイゼン。

ここでアイゼンを装着 総勢23名の大所帯 

雪は少ないものの、これまでの雪が残っていて凍っています。
アイゼンのお蔭で、安心して快適に歩けます。

アイゼンで歩き易い  防火帯に

これまでだったら霧氷が迎えてくれた防火帯にも、今日は霧氷無し。
青空も無くてちょっと残念ですが、風も無くて寒くありません。

ここより横道に  霧氷無し

登りが一段落した後は、快適な尾根道の歩き。
初めて冬の国見山に来た5年前は、タオルもペットボトルの水も、バリバリに凍っていた事を思い出します。
山頂も強風で写真どころではなく、駆け下りた事でした。寒かったわ〜〜。

高知方面

避難小屋は新しくなっていました。有り難いですね。
この後山頂までは短いながらも急登ですが、今日はこの場所雪はありませんでした。
そして山頂へ。
霧氷で白く変身していたいつもの木は、今日は素のまま。

山頂着 視界はクッキリ 

それでも視界はクッキリです。
大げさですが、この世のものとは思えないような幻想的な眺め。
(まだ行った事の無いあの世ですが・・・)

天狗塚  梶ヶ森

360度グルリ山・山・山・・・今日はぼんやりながら飯野山まで見えましたよ!
国見山という名の通りですね。

中津山

女性群は風を避けて、避難小屋にてお弁当タイム。
新しい避難小屋、気持ち良く使用させていただきました。
祠にも新年のお参りをして下山します。

神様にもお参りを  快適な尾根道

尾根道を歩いている時前方に、私たちの列が過ぎるのを待ってくれてる若いお二人が目に入りました。
通り過ぎる時に『すみませんね〜〜人数が多くて』と声をかけましたら・・・
「ギッチャンではありませんか?』との思いがけないお言葉が。
??誰だったっけ??こんな若い人の知り合いっていたっけ?と考え込んでいましたら
土佐のカッパです』って。え〜〜っ!!びっくりです。
イメージよりも遥かに若い方でした。
偶然のこんな出会い、ほんとに嬉しいですね!
これまで何度かニアミスはありましたが、今回やっとご対面です。
もっとゆっくりお話がしたかったですが、記念写真を撮ってお別れしました。
本日のとっても嬉しい出来事でした。
次回またどこかでお会い出来る日を、楽しみにしていますね!

 土佐のカッパさん&ヘロヘロ隊長さんとの嬉しい出会い!
   (実年齢がとても信じられないカッパさん。
    ヤマケイのモデルで出てもらいたいです!)

防火帯の下りで、昨年は滑落停止の実習をしましたが、今日は雪も少なくて出来ません。
今回はアイゼン装着時の歩行の実習です。
今下りて来た防火帯をまた登り返します・・・。

雪が少ないからシリセードで遊ぶのは本日は無理。

アイゼン装着時の歩行実習  再び下山

上の登山口まで戻って来た所で、アイゼンを外します。
今日の登山道では有り難かったアイゼンでした。

ここでアイゼンを外して  無事に下山

沢山の人数でしたが、バラける事も無く、アクシデントも無く、予定よりもかなり早くに無事下山。
本日のリーダー&サブリーダーは、気を遣われた事と思いますが、楽しい雪山歩きの一日でした。
お疲れさまでした。

下山後お天気は崩れ、お山は雪が降り、翌日は高知道も通行止めになってしまいました。
国見山も再び深い雪が積もった事でしょうね。
暖かい春も待ち遠しいですが、雪山の魅力は特別のものがあります。
さて来週の雪はどんなでしょう?