2013年1月26日
大ボシ山(1,431.7m)
登山口 鉄塔22 鉄塔26 山頂 西大ボシ山 鉄塔26 登山口
8:50) (10:00) (0:40) (10:50) (11:50〜12:25) (13:00) (14:10)

今日は昨年の登り納めだった、バテバテの大ボシ山に再び行く事に。
リベンジも兼ねて、そしてネット購入したトレッキングシューズのお試し歩行も兼ねて、です。
(高知は田舎なのでアウトドアの店の品揃えが充実していません・・・。靴は、ほんとは実際に履いてみてから購入したいですが。)
履いてみて、特に違和感はありません。

本日も雪の無い登山口より出発。

おニューです!  さて・・・履き心地は? 本日も雪の無い登山口 

風がありますが、登山道は所により汗ばんだり、また寒くなったり。
脱いだり着たりしながら、歩きます。

今日は他の山の会の方たちも来られていて、顔見知りの方もいます。
平均年齢もぐっと若い彼らは、かなり後から出発されたと思ったのですが、早くも鉄塔22で私たちに追いつき追い越して行きました。

いつもの仲良しの木

若い彼らを見ていると、こちらまで気分が若返ります!
登山道も心なしか華やいで見えます。

空は青く、少ないながらも雪の登山道。
先日ほどではないにしても、やっぱり登りはしんどい。
何とか鉄塔25まで来ました。
ここまで来たら山頂は近いし、大きなブナが迎えてくれて元気が出る所です。

ここまで来れば山頂はもうすぐ  ブナの枝にも雪は無し

鉄塔26.。
今日はさぞかし、と思った割には風は唸ってはいません。
・・・が、霧氷は??全く無いです〜〜。何てこと・・・。
尾根一面に広がる霧氷を、内心期待していたのですが・・・上手く行かないものですね。

鉄塔26の北斜面にも霧氷は無し  山頂への尾根にも・・・無い

山頂もそんなに寒くはありません。
遠くに見える神賀山方面は白いのですが・・・三嶺方面はそうでもない。
所によりけりの積雪?

本日も穏やかな山頂  神賀山方面は真っ白

鉄塔26まで下り、今回も西大ボシ山へと。
前回ガスで何にも見えなかったからね・・・今日こそは。

奥に三嶺方面

若い人たちの後に続いて、鉄塔27から尾根へと上がります。

27番鉄塔  西大ボシ山への登り

ああ良かった、今日は目の前に大きく梶ヶ森が聳えているのが見えます。
この位置から眺める梶ヶ森、こんな感じだったのね〜〜。

今日は見えます 梶ヶ森

風の音はしているものの、このピークには風も当たらず暖かいので、ここでお弁当にします。
しかしここはシカの遊び場(?)でもあるようで、雪の下にはシカの糞がいっぱい!
糞を避けての場所を確保し、大ボシ山を眺めながら、しばしのんびり過ごします。

27番鉄塔までの下りは、登りのしんどさがウソのように、駆け下りましたよ〜〜(ほんと?)。

 大ボシ山を眺めながらお弁当を  下りはラクチン

26番鉄塔までの登り返しは、少々しんどかったですが、その後はもう下るのみ。
若い人たちの足取りは速い速い。
まぁ私たちも、程なく下山となりました。

トレッキングシューズの履き心地は上々、良かったです。
霧氷が無かったのは残念でしたが、若い人たちと前後して歩き、元気をもらいました。
少なめの雪でしたが、雪道を歩くのはやっぱり気分いいです。
お疲れさまでした。

 
 本日のトラックログ