2013年4月09日
赤星山(1,604.6m)
野田登山口 機滝 千丈滝分岐 千丈滝 シャクナゲ尾根 赤星山頂 千丈滝分岐 機滝 野田登山口
7:35 8:17 9:00 9:35 11:00 11:15〜11:45 13:25 14:05 14:35

2年前に初めて土居から登った赤星山
なかなかのしんどい登りでしたが、出迎えてくれた登山口のミツバツツジ、いろんな花がうれしい谷沿いの道、美しかった山桜等がずっと心に残っています。
グランマー啓子さんたちにも、とてもお世話になりました)

カタクリにはまだ早いですが、山桜のある内にまたあの道を歩きたくて、今回計画しました。
登山口までは、高速道を走るので近いものです。
2年ぶりの登山口、同じようにミツバツツジが出迎えてくれましたが、他に車はありません。(平日ですものね)
山桜も見えています。
さぁ、頑張って歩かなくてはね!

2年ぶりの登山口  ミツバツツジ満開

いくつか橋を渡り進んで行きます。
谷沿いの道は楽しいです。

山桜も  サワガニさん

やがて機滝に。
山桜に彩られ、穏やかに流れています。

機滝

あ!足元にトサコバイモがありました。
”おーいトサコバイモがあるよ〜〜”と、前を行く人に叫びますが、水の音にかき消されて届きません。
小さくて地味で、気付かずに通り過ぎてしまいそうな花、うれしい出会いでした。

トサコバイモ  ハルトラノオ

エイザンスミレやニリンソウはまだ見られませんが、他にも小さなかわいらしい花がいろいろ出て来て楽しい道です。

ショウジョウバカマ 谷を渡り進む 

やがて千丈滝との分岐に。
右手の千丈滝への道を行きます。ここも楽しい道。
(この道は登りに使った方が無難だと、自分は思います。)
前回大きな山桜の木があり、その下辺りでトサコバイモを見たのでしたが、今回はどちらも見えなかったです・・・。

千丈滝への分岐  ワサビ  エンレイソウ

道から外れ滝を写そうと谷の方に入り込んだ時、バタバタと大きな音を立てて鳥が(ヤマドリ?)飛び立って行きました。
ああびっくりした。向こうもびっくりしたでしょうね。折角休んでいた所を邪魔してしまい、ごめんね。

滝上部の谷を渡り、また元の登山道と合流します。
ここからがしんどいのよね〜〜。

 
千丈滝上部  滝の上を渡る  登山道合流

でも今日はここにも、あそこにも、という感じに、いくつかの場所でトサコバイモと出会えました。
こんなにトサコバイモと出会えるとは思っていなかったので、うれしいです。

木々の枝越しに土居の町並みと瀬戸内海が望めるようになって来ました。
ずい分上がって来たわ〜〜と実感する辺りです。
そしてやっとシャクナゲの尾根に出ました。
あ〜〜相変わらずしんどかったです。

梯子を登り やっとシャクナゲの尾根に 

でもここから山頂までが、またしんどいのよね〜〜。(下りるのは速いものですが・・・)
ゼイゼイハァハァ・・・やっとこさ山頂に着きました!
(行きたい行きたい、って思ってやって来たのに情けない事です・・・)

 雪が僅かに残る  山頂より瀬戸内海

今年は花の開花が早いとは言えまだ4月前半、カタクリは葉を出してるだけです。
ちょっとその辺を探してみたけど、いくら何でもまだでした。
後はのんびりお弁当タイム。
虫も気になる程には飛んでいません。これからは虫対策も必要になりますね。

 しばし寛ぐ カタクリは葉だけ 

二ツ岳も手招きしているようです。しばらくご無沙汰しているからね・・・。
また行かなくては。

峨々たる二ツ岳の山容  後は下るのみ・・・(写とんこ氏)

下山は、登りの苦しみがウソのように速い速い・・・。
途中で飲んだ谷の水のおいしかった事!

?小さい小さい花  トサコバイモここにも

毒があるらしいですが、何となく好きな花ハシリドコロももうすぐ咲きそうです。
ヤマシャクはもうちょっと先みたい。

もうすぐ咲きますハシリドコロ  ヤマシャクはまだまだ固い蕾

帰りは千丈滝は通らず植林の中を下ります。
クロモジが咲いて、足元にショウジョウバカマの群生がある場所まで来ると、再び道は合流します。

植林帯を下る  谷まで下りて来ました

朝は閉じていたミヤマカタバミも、お日様に顔を見せています。真っ白で大きい花、いっぱい咲いています。

ミヤマカタバミ  ヒメエンゴサク(?)

登る時とはまた違った眺めを楽しみつつ、足元の花も楽しみつつ歩きます。
そろそろ右足小指の”魚の目”が痛くなって来ました・・・後もう少しや。

ヤマルリソウ  ○○サイシン?

まだ出始めですが、イタドリも顔を出しています。
春はいいなぁ!何もかもが新しくて。
やさしく笑っていた山が、今は勢いのある新緑で活気づいて生命力がみなぎっているようです。

橋渡りは楽しい  イワタバコの柔らかそうな葉

午後の陽射しを浴びて、山桜がとってもきれい。
魅力のある山だなぁ、ってしみじみ思います。

まだ余り山歩きをしていない頃、土居に住む友人を訪ねる度に気になっていた赤星山。
いつかは登りたいと思っていましたが、こうして自分の足で登れる事の出来る日が来ました。

輝く山桜

登山口に戻ると、車が一台増えていました。

お疲れさま!  斜面を彩る山桜

あと半月もすれば山頂はカタクリが咲き、登山客で賑わう事でしょう。
今日は静かな赤星山を楽しめました。(苦しくもありましたが)
変化に富んだ登山道、沢山の花・・・また来年も頑張って歩きたいです。