2013年05月01日
金北山(1,172.1m)
栗ヶ沢登山口 じゅんさい池 ブナ林 天狗岩 金北山 マツムシ平 白雲台
9:45 10:55 11:55〜12:15 12:20 13:50 14:40 15:10

今回は駅前トラベルの”佐渡フラワートレッキング”に参加します。
全山花の山、歩く足元には行けども尽きぬカタクリやオオミスミソウがあると聞いています。
行く前からとても楽しみでした。

山の会のメンバーも7名参加の総勢25名で、バスは前日16時に高知を出て、新潟港に5時に到着。
6時発のフェリーにて佐渡ヶ島へと渡ります。
寒い、と聞いていましたが、ほんとに寒い。想像以上です。
待ち合わせ場所の運動公園で現地ガイドさん(お母さんと息子さんのペア)と合流し、登山口へと向かいます。
お天気はどんより曇っていますが、こちらはまだ山桜がとてもきれい、色も淡いピンクから濃いピンク、白い色と様々で車中からも歓声が上がります。
・・・が、フロントガラスには雨粒が落ちて来て、ワイパーが作動し始めました・・・。

カッパは着たくないなぁ・・・たいした事はないでしょうと、出発しますが。

小雨の中出発  まずはヒトリシズカ

足元には早くもヒトリシズカやエンレイソウが現れました。

何の木?  アラゲヒョウタンボク

カタクリも次々に。
四国で見るのと違って、葉に模様は無く大ぶりです。
ゆっくり止まって撮影という訳には行かないので、そそくさと写しながら進みます。

少し開いたカタクリ  花は大きく葉は一色です
ショウジョウバカマも大きい   オオミスミソウ
セリバオウレン  ナニワズ 
エンレイソウ   マンサク

雨は止みそうにもなく、途中でカッパの上着を着てザックカバーもし、カサ差しで歩きます。

ミズバショウ群生

ちょっと寄り道してミズバショウの場所に案内してもらいました。
足元にはるり色のキクザキイチゲ、ルリイチゲとも言うそうですが、咲いてるのを見たかったなぁ。

ツーショット ルリイチゲ 

今回一番楽しみにしていたシラネアオイが咲いていました。
とは言っても、顔が見えない・・・うなだれています。

雨の登山道 両脇には尽きぬ花・・・  一番会いたかったシラネアオイ

この後残雪の斜面を登って行きますが、カタクリがず〜っと足元にあります。
白いカタクリも。
でもねぇ・・・開いてないですものね。残念です。

お顔が見えません・・・  白のカタクリ

広いブナ林にて昼食となりました。
雨も降ってるしで立ったまま、あんまり食欲もありません。

残雪を歩く 広いブナ林でお弁当 

この後は標高も上がり風が強くなってカサもしまいます。
何だか雪山登山になって来ました。

 再び出発(写かく子氏)  上は強風

いつもは記念写真を撮るという稜線に出ましたが、視界ゼロ・・・。
強風とガスの中、残雪の斜面を登って行きます。

 眺めのいい所らしいですが・・・ やっと山頂へ(写とんこ氏) 

景色が見えたらまた気分も違ったのでしょうが、この山頂手前の登りは結構長く感じました。
そしてやっと山頂へ。
山頂にはドームや神社があり、神社の屋根の下でザックからフリースを出して着ます。
雨にはアラレが混じり寒い!!
もうここでカメラもザックにしまい、早々に山頂から下ります。

山頂 アラレも交じって寒いの何の・・・  凍っています

防衛省管理道路という道(以前は除雪してくれていたそうですが)に出て、雪に埋もれたりしているのであんまり道路という実感が無かったですが、延々と歩きます。ここも強風でカサは差せません。

やっとバスが待つ白雲台に到着。
建物の中に入らせてもらって、ホッとした事でした。

延々と車道歩き 強風です(写とんこ氏)  やっとバス待つ白雲台に(写かく子氏)

ちょっと想像外のお天気の第一日目。
今回はホテル泊なので、夜は快適なのがうれしいです。
明日は少しでもお天気が回復しますように。