2013年5月12日
篠山(1,064.6m)
篠山登山口 大杉 篠山山頂 尾根休憩 422mピーク 松田川
9:25 10:00 10:30〜10:50 11:40〜12:10 13:15 13:55 14:25

今回は”県境縦走シリーズ”県西部の縦走です。
いつもながら今ひとつ把握出来ていないまま参加の私は、今回も直前になってから”あぁそうだったのか・・・”
なんてやっと分かる有り様。
全く予備知識の無い道を、地図を見て頭の中で想像するのは難しいです・・・。
場所は(旧)一本松町正木(332号線)から篠山を越えて松田川(4号線)まで。

一日目(5/11)は二組に分かれての歩き。
  @ 正木〜篠山神社〜御在所(林道)
  A 御在所〜林道歩き〜篠山登山口
私は@の組で、正木トンネル付近にて車から降り、舗装道を歩きます。(10:00スタート)
Aの組は車2台で林道まで行き、車をデポした後篠山登山口まで登ります。

昨夜はかなりの雨が降り、今日は回復するものと思っていましたが、小雨の中の歩きとなりました。
県境は川沿いの田んぼなので、そこを歩く訳にはいかず、ちょっと離れた旧道を歩きます。
川の向こうは高知県。
ヘビや真っ赤なサワガニ、イモリにも会いました。
集落では犬に吠えられたり・・・。
”こんな雨の日にリュック背負って歩いて・・・お遍路さんでもないし、この人らぁ何なんだろう?”
って地元の方は思われたかも?

トンビが私たちに驚いて田んぼから飛び立ち、折角捕まえていた獲物を落としました。
落としたのは・・・雨ガエル二匹。カエルさんは命拾いしましたね。

ここより車道歩き  旧道を歩く 篠山神社 

お昼のサイレンを聞きながら、道端の作業小屋の軒下にてお弁当。
小夏の種を早速黒い虫が見つけて、抱え込んで運んでいましたよ。

篠山神社から林道に入り、ほどなくデポしてある車まで辿り着きました。
ここから車を運転して篠山登山口まで回ります。
10年前に一度だけ来た事のある篠山。
あの時は宿毛市橋上から登り、愛媛側に下りたのですが(車)、記憶はもうぼんやりとしています。

(13:35)篠山登山口まで行くと、A組のメンバーが待機中でした。(13分待ったとか)
こちらの組は、照葉樹の滑り易い落ち葉の急斜面の登りで、大変だったみたいです。

登山口 明日はここからスタート  下りて来る尾根

合流後は、翌日下山する場所等の確認をし、近くの祓川(はらいがわ)温泉にて汗を流し、宿泊地の四万十市へと向かった一行でした。
篠山登山口までの道中には、虹ヶ滝・不老長寿の水・やけ滝等、見どころもいくつかありました。

坂本ダム

翌日(5/12)
本日は快晴!
今日は全員が一緒に歩きます。
登りは短く、殆どが下りなのが寝不足気味の身には嬉しいですが、果たして・・・?

本日は車3台で、1台は下山して来る川沿いの道(4号線)にデポし、2台で篠山登山口に。
”不老長寿の水”を飲んで、スタートしました。

巨大杉にびっくり  きれいに花を付けたシャクナゲ

途中の尾根には、不入山にいるのかと勘違いしてしまいそうな、コウヤマキやヒノキ等の大木がある、独特の雰囲気の場所もありました。
山頂からは、素晴らしい眺めが広がっています。
どこまでも見渡せる最高の青空!
眺めを堪能した後、神社にお参りして小休憩。

篠山山頂 山頂尾根からの展望 

アケボノツツジで有名な篠山ですが、一昨日の大雨で殆どが散ってしまったようです。

アケボノが少し残る

山頂より北東の方向に、尾根を下って行きます。
ハッキリした道が付いています。
こちらにも巨木が沢山ありました。

ヒメシャラの巨木

椿の花もずっと道中咲いていました。
ハイノキのフワフワの白い花も。

422,1mの最後のピークで三角点を探しますが、見つけられませんでした。

椿咲く道  422・1mピーク 三角点を探しますが・・・?

ここで右手の尾根に入り、急斜面をどんどん下ります。
木々の間から、ようやく下に川面が見えて来ました。
やれやれゴールや・・・。

 どんどん下る  松田川水面に下りるメンバー

川を渡渉するのはちょっと難しいので、川沿いを歩いて行きます。
道とも言えないような道をしばらく歩き、やっと古い橋のある場所に到着。

これより私たちは車回収に向かいます。
他のメンバーは徒歩で、橋より左手方向の祓川温泉へと。

 やっと橋に出る 自分たちは右の県道へと 下りて来た尾根 

デポしていた車の場所からは、今しがた下りて来た尾根が見えています。
計画も何もリーダー任せで、参加するだけの自分ですが、県境縦走はひと味違ってて面白いなと思えて来ました。

登山口に車回収に向かう時、用意していた1,5Lのペットボトルに、不老長寿の水をしっかり汲んで帰りました。
無事車回収後は、自分たちも温泉で汗を流し、篠山方面を後にしました。
サンリバー四万十で”いち氷”を食べ、お買い物もして、一路高知市へと・・・。
時間にしてみたら短い県境歩きでしたが、充実感があります。
楽しい二日間、お疲れさまでした。
下見・計画のリーダーさんは、お世話さまでした。