2013年5月22日
稲叢山(1,506.2m)
ダム湖登山口 洞窟 四差路 稲叢山山頂 四差路 岩場展望場所 ダム湖登山口
8:40 9:25 10:20 10:50〜11:40 12:05 12:30 13:05

アケボノツツジも終盤となった頃、シロヤシオの花だよりが聞かれるようになって来ました。
『稲叢山・西門山のシロヤシオが素晴らしい。いっぱい咲いちゅうと!』との事です。
稲叢山なら私の運転でも大丈夫や、行こう!と、すぐに話はまとまりました。
今年は採り足りていないイタドリも、もしかしたらまだあるかも・・・なんて。
(やっぱりイタドリは採るのが一番楽しいです)

お天気は今日も上々。
誰もいないダム湖、新緑を写した水面が美しいです。
道端にはまだあります、ありますイタドリが。
ギャーッ!!大きなヘビさんがいました。ああびっくり。(ヘビさんもびっくりした事でしょう)
これからの季節は、苦手なヘビさんとの遭遇がありますね・・・。

出発は、ダム湖登山口から洞窟コースへと。

稲叢ダム湖  小さめの花を付けた八重桜

本日は、稲叢山が初めての人が1名参加。
変化に富んだ登山道を楽しんでくれています。
センダイソウの若葉も沢山出ていました。秋にはまたステキな花を咲かせてくれる事でしょう。
秋に来たのは初めてだった昨年の稲叢山、花がいっぱいでとても良かったのを思い出します。

伝説の洞窟横の滝 センダイソウ 

洞窟を過ぎて登って行くと・・・早くもシロヤシオが現れました!!
いっぱい花を付けています。
皆大喜びで、シャッターを押すのに忙しい。

シロヤシオ満開

四差路に出るまでに、沢山のシロヤシオがありました。
登山道にも花が沢山落ちています。
このコースに、こんなにシロヤシオがあったとは知りませんでした。
ブナの若葉と、白い花の木と・・・青空をバックに何とも美しい。うっとり眺めます。

あれぇ・・・ヘビさんもまた出て来ました。
2匹目は大きくて思わず叫んでしまいましたが、3匹目は美人のヘビさんでした。(種類は分かりませんが)

登山道にもいっぱい 四差路より明るい尾根道を行く 

四差路まで来ると山頂はもうすぐ。
ミツバツツジも出て来て、高度も上がって来ました。

ブナの若葉 ミツバツツジが鮮やか 

やせ尾根のシャクナゲは、思ったよりも花は少なかったです。ちょっと残念。
まだ蕾のものもありました。

 シャクナゲ 花は少なめ 

辿り着いた山頂には2名の先客さんがおられました。
私たちはもうちょっと南下の岩場へ行き、岩の上で楽しいランチタイム。
ここなら木陰だし、虫も来ないし、眺めは最高!

山頂の岩(本川方面) 眺めを楽しみながらお弁当 

今日も山頂でゆっくり幸せな時間を過ごしましたが、そろそろ下山しなくては。

尾根北側には、アケボノツツジがほんの少しだけ残っていました。また来年も咲いてね。

 アケボノ咲き残り

四差路まで戻り、ダム湖登山口へと下ります。
このルートにもシロヤシオが次から次へと!!

今日のこの稲叢山で、こんなに沢山のシロヤシオに会えるとは!!
登り始めは『物足りなかったら、トンネル口から西門山の方にも行って見ようね』
なんて言っていたのですが、これだけ見る事が出来たら充分です。
たっぷり満喫出来ました。

白くて清楚で、ほんとに優しそうなステキな花です。

もう初夏の陽射し 下山路にもシロヤシオが沢山 



オオヤマレンゲもしっかり蕾を付けていてくれました。
また会いに来ます!

 オオヤマさま ナナカマド

 青空に向かって咲き誇る

皆満足の笑顔で下山。
帰りには、道端のイタドリも採らせてもらって稲叢山を後にした一行でした。

ミズキ(?)よく咲いています   大橋ダム湖

今日は平日の静かな稲叢山で、シロヤシオを堪能出来ました。
風は快く、眺め良し、とても楽しかったです!
お疲れさまでした。