2013年07月05日
カナディアンロッキーへB

7/5 ロッジ 〜 (ヘリ) 〜 バークレイ  〜 エンペラーフォール 〜 ロッジ 

停電も夜半には無事回復したようです。朝はM子さんが何と何と抹茶を点ててくれました。
お椀と羊羹も持参されていたようです。
お隣のロッジの方たちも呼んで、朝の慌ただしくも楽しいひとときを過ごせました。

さて今日は今回の旅のハイライト、ヘリにてマウントロブソンの向こうに降り立ち、標高差855m約22kmを歩きます。(呑気な私は、ただただヘリに乗るのを楽しみにし、855mも登りじゃないからラクだわ・・・なんて簡単に考えていて、22kmという距離は全く頭に入っていませんでした〜〜。)

朝方はひと雨降ったもようですが、出発時は風もなく絶好の気象条件です。

ロッジから望むマウントロブソン  ヘリ乗り場より  お天気もバッチリ!

ヘリは4人乗りと6人乗りの二機。
説明を受けた後、次々と順調に飛び立って行きます。
私は4人乗り、幸い窓際に乗れたので10分の短い飛行時間の間へばりつくように窓から外を見ていました。

 離陸します  今しがたいた場所を俯瞰
 エンペラー フォール ここを歩いて帰る・・・ 

夢のような眺め・・・次々と現れる氷河を超えて行きます。感激!!

湖が見えて来ました

もっともっと乗っていたいですが、あっという間にヘリはバークレイに到着しました。
降りた瞬間何て思ったか・・・”冥途の土産が出来たわ”って思いましたよ・・・。
もうこれだけで、○○円(旅行代金です)の値打ちがあるわ、って感動しました。

氷河を越えて バークレイに到着

さてさて、これからが本日のトレックのスタートです。
起伏の無い平原を歩いて行きます。足元には小さなお花がいっぱい。

ここからスタート  湖の向こうにロッジが見えます

湖に流れ込む氷河も目の前に見えています。

 
Mtロブソンを見ながらの歩き 湖に流れ込む氷河 

広々したバークレイ湖畔にて休憩、ガイドさんが用意してくれたサンドイッチをいただきます。
日本のとは違って味が濃く、塩辛いです・・・(文句を言ってすみません)。

シマリスが現れました。
先発グループのガイドの和田さんが、何やら鳴き声のような真似をしてリスを呼んでいます。
あら〜〜びっくり、ほんとにリスが寄って来ているではありませんか!
『シマリスが呼べるようになると、ガイドとして一人前なんですよ』って。

ここでお弁当 シマリスさん

青空だった空には一面雲が広がり、雨も落ちて来て寒くなりました。
カッパの上着を羽織り再び出発です。

カッパ着用で再び出発  お一人様限定の橋

幸い雨はすぐに止みました。
ヘリから俯瞰した平原を延々と歩いて行きます。
落石注意の場所は、なるべく速やかに通過。

 ひたすら歩く  落石注意の場所

森に入り、しばらく行くと、ヘリから見下ろした大きな滝エンペラーフォールにやって来ました。
大迫力の滝!!

 見上げる瓦礫の斜面  エンペラーフォール すごい飛沫です

かなり離れた場所まで飛沫が飛んで来ます。
カッパを着ていて良かった!

大迫力です

この後ぐっと下って行きます。ここで標高差がかなり下がりそう。
もう一つの滝ホワイトフォールからは、しばらく急な下りです。

ホワイトフォール  滝を見ながら小休憩

要注意の下り  谷を渡り

下り切るとまたなだらかな歩き。
橋をいくつか渡り、小屋の立っている休憩場所までやって来ました。
だいぶ足も疲れて来ましたが、『ここで約半分です』って・・・まだほど遠いようです。
この時にやっと、本日の歩行距離が22kmだったと知った私でした

ここまでは自転車で入って来てもいいそうで(私たちには下山口となる場所から)、木陰にマウンテンバイクが何台か置かれていました。
(私も自転車で帰りたいな・・・)
ひと休みしている私たちに、金髪の女の子が『ジャパニーズ?』って声をかけて来ました。
『yes!』と言うと彼女は笑顔でおもむろに歌い出しました。
♪さくら、さくら・・・おばさんたちは一緒に歌おうとしたのですが、その後に続いたのは
♪今咲き誇る〜刹那に散り行くさだめと知って・・・の方のさくらでした。(一緒に歌えない・・・)
拍手のあと、おばさんたちは♪さくらさくら〜弥生の空は見渡す限り・・・のさくらを合唱しました。
疲れを癒してくれた、うれしい楽しいひとときの交流。
彼女は自転車にまたがり、さっそうと走り去って行きました。

また渡り  ここでまだ半分の行程

私も自転車がいいなぁ・・・  左画像の中央奥辺りの場所です

『これからあの湖の向こう岸まで行って、右手の森に入り・・・』とガイドさんが説明してくれます。
ああ・・・まだまだやわ。

ロッジのレストランは余り広くなくて、一度に全員が入れないため、早足組とゆっくり組とに分かれての再出発。
私たちは早足組に入り、頑張って必死で歩きました〜〜。
イチヤクソウとか、これまでとはまた違った花も咲いていましたが、ノンストップで歩きます。
『この辺り、夕暮れ時にはグリズリーの目撃の多い所で、ガイド仲間から注意を受けています。僕自身はまだ出会った事はありませんけど』なんていう場所には、生々しいグリズリーの糞がありましたよ〜。

やっと終盤  ついに終了!

あと3km、あと2km・・・歩きに歩いてバス待つ登山口に着いたのは19:40.
トレック開始から休憩含め約9時間半の歩きでした。
(登山道後半は写真でも分かるように、なだらかで広く歩きやすい道です)

ロッジへ戻り、遅い夕食となりましたが(いつまでも空が明るいため、そんなに遅い時間には感じません)、後の組の人たちはもっと遅い時間となったようでした。

ともあれ今夜はシャワーも浴びて、疲れた足には樹液シートを2枚ずつ貼って、今回の旅のハイライトとも言える一日を無事終えたのでありました。

登山道で出会った花

ヘリから降り立って、まず出迎えてくれたのがクリーム色のインディアンペイントブラシでした。
足元には、他にも沢山の小さな花。
別名”オダマキ街道”とも言うらしいこの登山道には、ほんとに文字通りオダマキが次々と咲いていました。
もちろん他の花もいっぱい!ウメバチソウも沢山ありましたよ。

休憩時間にガイドさん二人が小声で話していました。
『ちょっと予定より時間が遅れ気味ですね・・・』
『このコースは仕方ないですよ〜花がいっぱいなんだから・・・』って。

見落とした花、写せなかった花、ピンボケだった花もあり、一部ではありますが、本日楽しませてくれた花たちです。

インディアン ペイントブラシ  リバー ビューティー(ヒメヤナギラン)
ホワイトフラワード ロドデンドロン(シャクナゲ)  トゥインフラワー(リンネソウ) 
 トリアシショウマ  イエロー レディース スリッパー(アツモリソウ)
   イエローコロンバイン(オダマキ)
イエローコロンバイン(オダマキ) レッドフラワードコロンバイン(オダマキ) 

 
 オダマキがいっぱいの登山道

 トール パープル フリーベン  イチゴの仲間
 レッドマウンテン ヘザー(ツガザクラ)  ウェスタン メドゥ ルー(咲いた後)
 ウェスタン メドゥ ルー  ウメバチソウ
 ハートリー ファーニカ(ウサギギク)  ヨウラクツツジ
 ワイルド ヘリオトロープ(カノコソウ)  ホワイトカマス
 コモン ピンク ウィンターグリーン  シオガマギク
 スムーズ フリーベン(?)  ブラック トゥインベリー