2013年07月06日
カナディアンロッキーへC

7/6 マウントロブソンロッジ 〜 アサバスカフォール 〜 ウィルコックストレック 〜 クロッシング

ロングコースの後の今日はまた、軽いハイキング。
8:30にロッジを後にし、また来た道を引き返します。(途中でまた1時間の時差を調整)

マウントロブソンを後にする  アサバスカ滝へ あいにくの雨

途中アサバスカフォールに立ち寄りますが、あいにくの雨となりカサさしでの散策です。
落差25mのアサバスカ滝は、ロッキーの滝の中では最も力強い滝として知られているとか。

お食事中のリスさん  ここにもタカネバラ

その通りの大迫力、怖いくらいです。
ブルーベル(ホタルブクロの仲間)というかわいい花も咲いていましたが、雨だし時間も限られてるしで、ここでは駆け足のような散策でした。(マンテマもありました)

大迫力の滝

その後移動するうちにお天気は回復。
一昨日にも寄った、コロンビア大氷原を望むアイスフィールドセンターにて昼食です。

昼食は各自で、という事ですが、食べたい物が無い・・・前回M子さんが買ったホットドッグのようなのも、ただデ〜〜ンと大きなソーセージが入ってるだけ、野菜なんて無く半分こにしても食べあぐねました。
というわけで、今日はロッジ出発前にM子さん持参の”五目とりめし”(ドライフーズ)を分けてもらい、あらかじめお湯で戻して来ました。それとコーンスープ。(これはほんと持って来て良かったです!重宝しました)
ごはんはまだほんのり温かくてgoodです。量が多いので、ガイドさんにもおすそ分け。
『やっぱり日本のインスタント食品は美味しいですよ〜〜』って喜んでくれました。
M子さんのお友達が、買って来た野菜サラダを提供してくれましたが、まぁびっくり!
大きく切られたブロッコリー・カリフラワー・パプリカが、生のままです!!
小さめのブロッコリーを食べましたが・・・生で食べたのは初めてや・・・ウ〜〜ン??

食後移動する内に、また雨になりました。寒いです。
念のために持って来たフリースの、やっと出番が来ました。
今日はジャスパー国立公園内の、ウィルコックスという所への短いトレッキングです。

昼食 コロンビア大氷原 登山口はまた雨に・・・ 

カッパを着て薄暗い森を歩いて行きますが、森を抜けて視界が開けた頃には再び太陽が顔を出しました。
(結構変わりやすい天気です)
登るに連れ、今しがた居たコロンビア大氷原が眼下に見えて来ます。

雨は上がり展望が開ける  コロンビア大氷原上部の山

はるか右手の丘にはマウンテンゴートが群れているのが見えます。
『ああしてのんびり草を食べてるように見えますが、こちらの様子をしっかり窺っているんですよ』
ってガイドさん。ものすごく離れてるのですけどね。

マウンテンゴートをズームで 立派な角です 

岩山の下の草原にマウンテンゴート 今日は前方の丘までのトレック

今日の折り返し点まで登って来ると、周りは一面チョウノスケソウのお花畑!!
こんな光景に出会えてうれしいです!

チョウノスケソウのお花畑

反対側にはコロンビア大氷原、絶景です〜〜。

 コロンビア大氷原を見下ろす

今日は楽ちんのハイキングですが、眺めは抜群!
足取りも軽く、元の道を引き返して行きます。
登る時とはまた違った絶景を堪能しつつ・・・。

 帰りはすっかり青空に  ヤッホー!!

下山後は今夜のお宿クロッシングへと車は向かいます。

バスで移動

周囲を岩山に囲まれた今夜のホテル。
ちょっと肌寒くて厚手のフリースを着てレストランへ。
夕食はバイキングでした。(面倒くさがり屋の私はバイキングは苦手)
今夜もお味は濃いものばかり・・・。

ロッジはステキなお部屋でしたが、お湯を沸かすケトルも無いし、ドライヤーも無かったのはちょっと残念。
いつまでも暗くならない空を見ながら、夜は更けて行きました。

クロッシングのホテルに到着  今夜のお宿

登山道で出会った花

今日もお花がいっぱいでしたが、出だしが雨だったせいもあり、カメラはSXだけしか持って登らず、お花はピンボケ気味です。(見苦しくてすみません)
名前も聞いてもすぐに忘れてしまって・・・間違ってるかもです。

ピーク一面のチョウノスケソウのお花畑は圧巻だったなぁ。
オレンジ色のタンポポもステキでした。

ホワイト ティッスルとオレンジフラワード フォルス ダンディライアン  モス キャンピオン
ゴールデン フリーベン   
 アルパイン アーニカ  チョウノスケソウ(ホワイト ドライアド)
 ウーリー プッシートゥーズ  アルパイン フォーゲットミーノット
デイジー フリーベン  アルパイン ミルクベッチ