2013年11月26日
雪光山(925,9m)
柿ノ又登山口 手水分岐 雪光山山頂 岩場 柿ノ又登山口
9:30 10:50 11:20〜11:55 12:35 13:50

本日は雪光山の下見山行に同行させてもらいます。
前日は嵐のような風雨でしたが、本日は日本晴れ!
高知市内の里山ですが、あんまり来る機会が無く、今回でまだ二度目です。
前に来たのもちょうど今時分で、紅葉がとてもきれいだったのが印象に残っています。
今日もこの青空!紅葉はまだ残ってるかな?

(旧)鏡村から狭い道を北西に入って、柿ノ又登山口までやって来ると、期待通りの鮮やかな紅葉が待っていてくれました。

静かな静かな山里・・・ここも高知市内だとはね〜〜。

登山口周辺の紅葉

かつては人家のあった、今では石垣だけがその名残りを伝える登山道を登って行きます。
しばらくは植林帯。
雑木林に変わった頃に、手水登山口からの道と合流します。
写真では分かり辛いですが、こちらはかなりの急登(しんどい坂っていうようです)・・・
登って来るのは大変そう。

シマカンギク  手水からの道

この先東側に楽しみにしていた展望が。
ちょっともう色褪せてはいますが、まだまだ美しい彩りの木々。
何より青空がバックなので映えます!

 登山道東側の彩り

再び植林の中を忍・忍と登り、案内板のある大岩まで来たら、山頂はもうそこです。
登ってる分にはシャツ一枚で十分ですが、北からの風はとても冷たい!
もう12月が目の前ですものね〜。

楽しい案内図  現在地確認

恵比寿様を祭ってある山頂からはいい眺め!太平洋まで望めます。
ツツジの咲く頃は、とってもきれいでしょうね〜〜。

神様のお使いかどうか(?)大きなカマキリがいました。
風の当たらない所で早めのお弁当。

 遠くに太平洋が

そのあと北側に少し下った岩場から四国山地の山々を望みます。
日曜日には真っ白だった頂も、昨日の雨で流れたのでしょうか、白い部分が少なくなっています。
しかしここはやっぱり風が冷たい!
早々に引き返しました。

北側の展望(岩場から) 

下山時に、登って来る時には気が付かなかった、尾根に続く道がありました。
このまま元来た道を左へ回って下りると手水分岐ですが、粘土質の土が滑りやすいし、違う道を行ってみたくなり、そのまま尾根を進む事にしました。
誘い込むようになだらかで歩き易そうな道・・・人はこうして道に迷うのでしょうね〜〜なんて・・・。
なだらかで歩き易いのは僅かの事で、後はヤブの急降下が待っていました!
(こんな時に息子からの電話!)
下り着いた先は崖、テープはありましたが作業用だったかも。
ここで東向きにヤブをかいくぐって斜面をトラバース、程なく登山道に合流しました。
短い時間でしたが、楽しかった!
(何たってカツオ氏がいるので安心でした)

急降下の先は崖   崖から北西方面 五在所山(?)

そして登山口まで戻って来ると、午後の光を受けた紅葉が輝いて何ともきれい!!
秋の終わりを美しく飾ってくれています。

登山口周辺の紅葉@   登山口周辺の紅葉A

帰りはここに寄らなくてはね!
車で移動して平家の滝公園へ。
以前来た時は、ここの公園でお鍋をして美味しかった事を思い出します。
皆でいただくのは、楽しくて美味しいですよね!

平家の滝  ひときわ赤い!! 
 平家の滝公園の紅葉@ 平家の滝公園の紅葉A 

今日は上天気に恵まれ、今年最後の(多分)紅葉を楽しむ事が出来ました。
平家の滝周辺は遊歩道も登山道もあるので、一度のんびり歩いてみたいものです。
近いのにあんまり来る事も無い雪光山、機会があればまた訪ねてみなくては。