2013年12月01日
土佐矢筈山(1,506.5m) 小桧曽山(1,524.7m)
アリラン峠登山口 矢筈分岐 にせ小桧曽 小桧曽山 土佐矢筈山 アリラン峠登山口
8:50 10:00 11:05 11:25〜12:10 13:10 14:05

2週続けてのアリラン峠、本日は土佐矢筈山〜小桧曽山を歩きます。
健脚組のシカグループ明賀からの登り、私はまだ登った事が無いのですが、笹ヤブがものすごいと聞いて楽なアリラン峠〜小桧曽山のクマグループにしました。
今日は土佐のカッパさんたちも土佐矢筈山の予定だそうで、登山口はアリラン峠か京柱峠か未定のようですが、稜線のどこかでは会えそうで楽しみです。

明賀でシカグループと分かれ、Sさんの車を運転して峠へと向かいます。
上がって行くにつれ、所々凍っていて雪も残っています。ガードレールの無い所ではちょっとビクビク・・・。
あ、黒い車が停まっています。カッパさんたちでした。
どうしたのかな・・・?気になりながら通り過ぎてしまいました。
(当初はこの場所から登る積もりだったのだそうでした)

一週間前とは様子の違った駐車場、他に車はありません。

いつも気になる岩(笹渓谷沿い)  少しばかり凍った駐車場

クマグループは5人、うっすら雪の積もった道をのんびり歩きます。
今期初めての雪道です。

 うっすら積雪

今日も青空。風も無く暖かい。
久しぶりのアリラン峠からの道、前方にこれから歩く稜線も見えて来ました。

見えて来た稜線  山頂下の大岩

短時間で視界抜群の稜線に出られるのが、このコースの魅力のひとつです。
(初めて来た時は、ゼイゼイハァハァ何度も休み、やっと辿り着いた分岐に倒れ込んだ事でしたが・・・)

振り返ると・・・あれ!カッパさんたちが登って来ています。(何て速い!)
あの後登山口を変更して、林道歩きをした後アリラン峠から登って来られたのだそうでした。
今年2度めの出会いです。
仲の良い、ステキなお二人です!(いいなぁ)

私たちは土佐矢筈山には帰路に寄る事にして、そのまま小桧曽山へと向かいます。

 矢筈山分岐  大岩の横を通り小桧曽へと

ささやかな積雪ですが、足に心地良いです。

これから歩く雲上の散歩道 

これから先は”雲上の散歩道”最高の眺め♪
右下の写真のピーク北斜面に、走り去っていく2頭のシカを見ました。

樹林帯の雪   快適な笹原

天狗塚〜西熊、阿波矢筈〜石堂山、烏帽子山、寒峰、中津山、阿波国見山・・・よく見えます。
でもまだ分からない山も沢山。
登りたい山もいっぱい。

今日も大展望   ニセ小桧曽山の積雪

セ小桧曽(何だかかわいそうな名前です)を過ぎ、京柱分岐を過ぎて小桧曽山へと向かいますが、この辺り周りの木は殆ど枯れてしまっています。
間もなく大規模なシカの駆除も始まるようですが・・・。

小桧曽山から望む歩いて来た稜線 

小桧曽山にて眺めを楽しみながらお弁当を食べてる内に、南の稜線からシカグループが到着しました。
笹越えまでは歩き易い道だったそうですが、その後は押し返されそうな笹ヤブが2〜3箇所あったとか。
でもヤブ大好きのKさんは、いつもの半袖姿!
皆さん満足そうな笑顔でした。

シカグループが到着!   展望を楽しみ寛ぐ

合流後は皆で一緒に帰ります。
先を歩いているカッパさんたちが小さく見えています。
(左下写真中央)
この頃には空には雲が広がり、青空はすっかり消えてしまいました・・・。
北の方は雪雲のようです。

再び元来た道を戻る   空は雲に覆われる

土佐矢筈山山頂では、雪もパラパラ舞っていました。
後はもう下るばかり。

土佐矢筈山山頂 

下山後は渓谷沿いの紅葉を楽しみながら、香北の道の駅”韮生の里”でお買い物。(これも楽しみ!)
今日も快適な稜線歩き、雪道も歩けて楽しい1日は終了。
皆さんお疲れさまでした。