2014年01月29日
阿波国見山(1,409m) 
後山峠登山口 上の登山口 1,370m 山頂 1,370m 上の登山口 後山峠登山口
8:15 9:00 9:55 10:17〜11:08 11:25 11:50 12:20

例年この時期には例会山行に組み込まれる阿波国見山、安全に雪山を楽しめる山という事もあり、毎回参加人数も多いです。
今年も楽しみにしていたのですが、不覚にも風邪を引いてしまい今回は不参加に・・・。
雪の多いこの冬、ネット仲間の皆さんのレポを見ても沢山の雪に霧氷に・・・見てるだけでもワクワクします。
風邪も治り、やっぱり国見山に行きたい!
晴れの予報の日には予定があったのですが、直前に予定変更があり”これを逃す手は無い!”と29日(水)に国見山行きを計画したのでした。

迎えた当日、空は晴れ渡っています!
ただ、暖かい・・・先日雨も降った事だし、もう雪も減ってるだろうな・・・そして霧氷は無理だろうなぁ。

あわよくば楽して上の登山口から・・・なんて甘く考えていましたが、道はやはり凍っていました。
分岐から少し進んだ所で、先行の普通車が立ち往生しています。(簡易チェーンを装着中でした)
私たちもあっさり諦めてバックで分岐まで戻り、後山峠登山口から登る事にします。

登山口付近はもう雪は殆どありませんが、吹き付ける風の寒かった事!
本日の道中で、この登り始めの時が一番寒かったです。

雪は殆ど無くなった登山口付近  上の登山口

45分で上の登山口へ到着。
視界スッキリの眺めが広がっています!
梶ヶ森方面、野鹿池山方面・・・遠くに石鎚山系、どこまでも見渡せます〜。
しばしうっとり眺め入ります。

梶ヶ森

ひと息ついてる所へ車が一台やって来ました。
・・・あの凍った道を・・・すごい!しかも運転されてるのは女性。お一人のようです。
メンバー全員ついつい感嘆の面持ちで、彼女が降りて来るのを見守ってしまいましたよ〜。
(先行の普通車は後山峠に引き返したそうでした)
少し言葉を交わして、私たちはひと足お先に出発します。

 野鹿池山 奥白髪山
雲海に浮かぶ山々 

雪はザラザラの雪、緩んでいるのでアイゼンなしでも登って行けます。
病み上がり(?大げさです)の私は、防火帯の登りがちょっとしんどかったな・・・。
三辻山へ足慣らしに登ったけど、だいぶ違うわ.・・・なんて思いながら一歩一歩登ります。
最初の防火帯が一番長いですよね、最後の四つ目から雪質が変わって歩き易かった。
そして、ここからは横道になるうれしい1,370mの場所までやって来ました。
タオルもバリバリに凍っていた、これまでの国見山で一番寒かった5年前を思い出します。
今日は穏やかで暖かい。
用心してカッパのズボンも穿いて来ましたが、暑いくらいです。手袋も暑い。

防火帯を登り   ここからは楽チンです!

尾根道になり、ブナの向こうに雪山が連なっているのが見えて来ました。
”これで霧氷があればねぇ・・・”なんて言ったらバチが当たりますね!
最高の青空です。

 霧氷があればね・・・  風も無く穏やか

程なく到着した山頂からは、360度の絶景が広がります。
皆さんシャッターを押すのに忙しい。

本日の山頂   どこまでもクッキリ

石鎚山系もクッキリ。
『あれが手箱〜筒上、こっちが笹ヶ峰〜沓掛』、そして大森山〜佐々連尾山、赤石山系・・・
ズラリ山・山・山・・・

奥に石鎚山系 

飯野山も見えているし、目の前には先日ラッセルで苦労した中津山、後方に阿波矢筈〜黒笠山・・・

瀬戸内海方面  中津山 後方阿波矢筈山 

剣〜次郎三嶺〜天狗塚・・・見飽きる事がありません。
最高の眺めは最高のごちそう!!
暖かい山頂でのんびりお弁当を食べてる所に、先ほど上の登山口で出会った彼女も到着。
お話している内に、彼女は”つるぎ昔乙女さん”だと分かりました。
楽しいひとときでした。

剣〜次郎  三嶺〜天狗塚 

『あれは大山やないかえ?』と指さす方には、雲の上からひときわ高い白い山が望めます。
今日は12倍のカメラなのでちょっと残念。
(どっちみち鮮明に写す腕前はありません)

分かりにくいですが遥か奥に大山!  見飽きる事の無い眺めにうっとり 

50分ほども山頂でゆっくりしましたが、そろそろ下山。
名残惜しいです。

 名残り惜しく下山 雪も緩む 

尾根を下山中に、登って来られてる数名のグループとすれ違いました。
下ばかり見ていてお顔も見ずに挨拶して通り過ぎたのでしたが、この方たちは2年前に鋸山〜豊受山でお会いしたナッチーさんのグループだったと、後で分かりました。

防火帯を下る(写カツオ氏)   下山は速いです

1,370mまで戻って来たところで気温12℃、雪もかなり緩んで来ました。
足にブレーキをかけつつ、時折滑りつつ、下山は速いものです。

後山峠まで戻り帰る準備をしている所に、つるぎ昔乙女さんが車で下りて来られました。
楽しかったですね〜またどこかでお会いしましょうね!

朝よりもスッキリと   登山口へ戻る

時間も早いしお天気もいいし、帰路ちょっと寄り道をします。

春を告げる花(定福寺) 

山野草がいろいろ植えられている豊永定福寺、もしや気の早いユキワリイチゲとか・・・?
なんて都合のいい事を考えたのでしたが、まだ1月ですものね〜。
葉が出たばかりの状態でした。
でも福寿草が咲き始めていました。
春の訪れを告げる花、何だかうれしくなります。
春はもうそこまで来ていますね。
(でもまだまだ雪山楽しみます!)