2014年02月22日
工石山(1,176.4m) 
青少年の家P 登山口 杖塚 白鷲岩 北の頂上 南の頂上 トド岩 杖塚 登山口 青少年の家P
10:30 10:40 11:00 11:30 12:25〜12:40 12:50 13:15 13:45 14:05 14:15

この冬はほんとに雪が多いですね。
膝の調子を見ながら、一人工石山を歩いて来ようかと考えていた所、kuniさんから”工石山撤退”のお便りが届きました。
えーーっ!?工石山で?
早速ブログを拝見させてもらうと、”ここはどこの山?”みたいな雪の量です。
道も不明瞭になっていて、悪戦苦闘のラッセルをされたものの、白鷲岩までで撤退されたそうです。(2/20)

私には無理やわ・・・と、一旦は断念したのでしたが、土曜日(2/22)目覚めるといいお天気!
工石山からの眺望もさぞかしきれいやろう・・・やっぱり行ってみたくなりました。
あれからちょっとはトレースも付いたかも知れないし、行ける所まででもいいし。
道路は除雪されて大丈夫だったようですが、念のため遅い時間からの出発にします。(単に寝坊しただけ?)

樫山峠登山口が近付く辺りから、道の両側には除雪された雪が積み上げられていて、道幅が狭くなって来ました。
対向車が来ないように願いながら走行。
今日は私も青少年の家駐車場に車を停めます。

準備をしている時は風が冷たくてネックウォーマーも着用しましたが、歩き出すとすぐに暑くなりました。
(だいたいいつもこのパターンですが、出発前にはいろいろ迷います〜)

赤良木トンネル手前の県道  普段はここに駐車するのですが・・・

ほんとにこれまで見た事の無いような雪の量ですが、今日は快晴で風も無い。
足取りも軽く(?)出発します!
何たってトレースがあるからラクチンです。
先日のkuniさんの奮闘に加え、今日は何人かの先行の方たちがいるようです。
まだこの後車も来ていたし。

雪に埋もれた登山口  杖塚

杖塚まで快調にやって来て、さて・・・南回りで行こうかとも考えましたが、こちらは足跡が少ない。
賽の河原の上部も心配だし・・・足跡の多い北回りで行く事にします。
(本日はこれで正解でした)

 ダイセンキャラボク  根曲がり杉

トレースに感謝しながら、白鷲岩までやって来ました。
岩の上にも深い雪が積もっているので、難なく先の方まで登れます。
わぁ〜絶景や!

白鷲岩 

連なる山々、グルリの大展望です。
平家平瓶ケ森はひときわ白い。
やっぱり来て良かったわ!と満足です。

 
 石鎚方面  平家〜チチ山方面

それにしてもここは工石山?ほんとにすごい雪です。
でも有難いトレースのお蔭で、楽しく歩けます。

・・・と楽観していたのですが、ヒノキ風倒木を過ぎてしばらく行った辺りで、先行の方たちに追いつきました〜。
先行の方は4人、内お二人は森林パトロールの方たちで、雪を踏み固めながらの歩きです。
『先へ行って下さい』というので前に行かせてもらい、その内私も先頭を交代します。
・・・工石山でラッセルとはね〜〜!
年明けの阿波中津山でのラッセルを思い出します。
雪の量もあの時と同じ位ですが、所により腰ほどもあったりします。

 
ヒノキ風倒木手前の登り   先行者に追いつく

北の守り神様(大ヒノキ)の所で写真を撮っていたら、もう一人別の後続の方が追い付いて来られました。
(やった〜ラッセル交代や)

しかしまたこの後途中で交代し、後は山頂まで頑張りました。北の頂上一番乗りです。

 
守り神様の大ヒノキ   山頂へと

本日の山頂は値打ちがあります!(大げさやね・・・)
いやぁ〜〜登った甲斐がありますよ〜この眺め!最高です。
感動の眺めを楽しんでる内に、皆さんも登って来られました。

本日の北の頂上 

立ったまま軽い食事を済ませ、とりあえず南の頂上へも行ってみます。
北と南との中間にある休憩舎では、汗びっしょりの3人さんがいました。
南回りで来られ、賽の河原からは鏡岩経由の真ん中の道を登って来たとの事です。
・・・という事は、南の頂上〜シャクナゲ道経由の賽の河原まではトレースが無いのやね・・・。
森林パトのお二人はただいま昼食中、多分この後南回りでトレースを付けながら下りられるのやろうね・・・。
ご苦労様です。

 
西黒森〜伊予富士  南の頂上 

今日は北の道を戻った方が無難です。
他の人たちも元の道を戻る事にするようです。

 
北の頂上に戻る  頂上西下のWCも雪の中 

帰りはトド岩にも登ってみました。
こちらもいい眺め。
一人でゆっくりと眺めを楽しみました。

トド岩より 

杖塚のトサミズキは、まだ固い蕾です。
里には春が訪れかけていますが、工石山の春はまだまだ先のようですね。

 
 ちょっと緊張の場所 お店も閉まっています 

今日は雪のお蔭で膝も痛みませんでした。
自宅から小一時間で来られる工石山で、こんなに沢山の雪(雪山です!)を堪能出来て幸せです。
楽しかった!

今日はここに駐車 

いつ来ても楽しませてもらえる工石山、今年もまた何度も歩きたいものです。

これまで何度か見かけている森林パトロールの車、登山道を整備してくれ安全な登山が出来るように尽力してくれているのを、今日は改めて有難く思った事でした。