2014年05月25日
高丸山(1,438.6m)〜 雲早山(1,495.9m)
高丸山登山口 高丸山 1334mp−ク 1445mピーク 雲早山 林道下山 雲早トンネル
7:25 8:30〜8:45 10:30〜10:50 12:30 13:00〜13:15 14:05 14:35

花の時季に雲早〜高丸の縦走がしたい、そう思い続けながら、なかなか実現出来ぬままだったのですが、今回思いがけないお誘いがあり、喜んで参加させてもらう事になりました。
朝5時に南国市発、眠さ半分車酔い半分で本日の予定もろくに把握していなくて、”車の配車や回収は時間がかかるだろうなぁ”なんて思っていました。
道中、本日合流するという倉敷労山さんのメンバーと連絡を取り合ったりしていたのに、よく呑み込めてなかった私でした。

到着したのは高丸山千年の森の広い駐車場。
『私たちのスタートはここから。途中で倉敷労山の人たちとのクロスです。』との事です。
やっと頭もハッキリして来ました。
そうだったのね・・・それはいい方法だわ、配車や回収の手間が無いものね。
縦走=雲早から出発して高丸、なんて思いこんでいたバカな私です。

千年の森広場から出発  ユキモチソウ

高丸山登山口は今日で3度目、最初はなだらかな歩き易い道、よく整備されています。
ガマズミが真っ白い花を付けている分岐まで登って来た頃には、車酔いも治りました。
この後つづら折りの坂を登れば高丸山頂、早いものでした。
『あれが東尾山』と神領ユリで有名な山を教えてくれるのは本日のリーダー。
三角点に登ろうの管理人さんでもあります。

ミヤマガマズミ  高丸山頂よりこれから行く雲早山

しばし休憩の後いよいよ縦走路へ!!
うれしい瞬間です。念願でしたからね〜。
すぐに感じの良い尾根、そしてシロヤシオが現れました。

 いよいよ縦走路へ!!  すぐにシロヤシオが現れる

沢山の花を付けて、今を盛りと咲き誇っています。

 花数が多いです  俯いて咲く清楚な花

高知を出て登山口までは曇り空でしたが、いつの間にか青空が広がっています。
うれしいなぁ・・・念願の縦走の日に青空に恵まれて・・・言う事無しです。

見上げれば輝く若葉  シャクナゲも満開 

尾根の下方にシャクナゲの群落がありました。
下りて行って撮影タイムです。

目いっぱい花を付けています 

この後行く手には途切れる事無く、シロヤシオとシャクナゲが現れて楽しい尾根歩きです。

 ここにも  倒れてもなおこんなに花を咲かせて・・

雲早山まで8つピークがあるという事ですが、1つ目が一番長かったみたい。
登り切った所で小休止。

1つ目のピークへの登り   色も微妙に違うシャクナゲ

新緑は眩しく花もきれいですが、足元には下草がありません・・・。
胸の痛む光景です。

青空に咲き誇る   大木もあります

本日の行程の約半分と言った所でしょうか、1,334mピークまでやって来ました。
2010年に雲早から歩いて来て、引き返した場所です。
狭い急峻なピーク手前のシャクナゲには見覚えがありました。
”ここでお弁当食べて引き返したのやったわ・・・”と懐かしく思い出します。
あの時は車1台だったので、ピストンするには時間も体力も無く、ここまでとしたのでした。

あら?下の方から話し声が聞こえて来ました。
倉敷労山さんのようです。ピークに直登されて来た人も!(女性)
ちょうどの場所での合流となりました。
ここで車のキーを交換!しばし交流の楽しいひとときを過ごします。

倉敷労山さんたちは昨日も山、昨夜はテント泊でほんとはまだまだ登りたいけど、明日は天気が崩れる予報なのでひとまず今日で四国を後にするそうでした。

歩き始めからずっと見え隠れしていた高城山が、シャクナゲの向こうにクッキリと見えています。

シャクナゲ越しの高城山 

再び行動開始、それぞれの方向へと別れ出発。

 4年前の記憶に残るシャクナゲ ピーク下りにもいっぱい 

ピークからは巻き道を下って行きます。
やせ尾根の急な下りですが、花があるからうれしい。
シロヤシオはこの辺りから先にはもう見られなくなりました。

雲早からのピストンの人、高丸からのピストンの人、縦走の人、日曜日なので行き交う登山者も多いです。
ちょっとお腹が空いて来たなぁ・・・お弁当は雲早山に着いてからかしら?
なんて思いながら歩いていましたが、1,334mピークから下りてなだらかな尾根になった所でリーダーが
『ここでお弁当にしよう』とうれしい提案。
眺めを楽しみながら、のんびりお弁当タイム。お弁当は最近はお素麺にしています。
コーヒーのお供には、先ほど倉敷労山の方からいただいたブラウニー。
口当たり良くとっても美味しかったです!ごちそうさまでした。

食後再び出発。
あ、ヤマガラシが咲いていました。
前回初めて見て、何だか山には似つかわしくないような畑に咲くような花だなと、印象に残っていた花です。
あの時と同じように咲いていました。ここだけに。

 1334mピークを見ながらお弁当  ヤマガラシ咲いていました

途中ヤシャビシャクも見つけました。
シャクナゲの群落もまたあり寄り道しましたが・・・花が無ければ何て荒廃したむき出しの山肌・・・。
シカの糞も沢山落ちていました。

1,445mピークまでやって来ました。
前には一輪咲き残りのカタクリがありましたが、今回はもう葉が残るのみ。

 尾根分岐 4年前はこの下から登って来ました 

尾根分岐を過ぎ、右手に朝出発した高丸山が望めるようになって来ました。
雲早山到着です。
ひと休みしていたら、かわいい男の子(小学2年生位?)が登って来ました。
続いて小さな女の子、お母さんと一緒です。えらいなぁ、こんな高い山に。
うれしがりやのババは、一緒に写真を撮らせてもらいました。

 ミツバ越しの高丸山  雲早山頂

さて・・・後は下るのみ。
山頂すぐ下の道から下って行くと、すぐにシャクナゲロードとなりました。

 下山路のヒメシャラ  すぐにシャクナゲロードとなる

なかなかの急斜面にやせ尾根ですが、尽きる事無く両側にシャクナゲの花・花・花・・・!
圧巻です〜。
約50分の下りず〜〜っとシャクナゲでした!!
いやぁ〜堪能させてもらいました。

 延々と  続くシャクナゲロード

それにしても・・・自分たちは高丸からの出発で良かったわ、ってしみじみ思いましたよ。
シャクナゲは素晴らしいけど、この急登は大変です。

 林道へ下山 フタリシズカ 

下山後の林道歩きは約30分かかりました。(雲早トンネルの所から通行止めになっています)
ゲートの横をくぐってバイクが2台入って行きましたが・・・大丈夫なんでしょうか?

 マルミヤマゴボウ 雲早トンネル(右手に林道) 

トンネル口でひと休みしている内に、朝自分たちが乗って来た車で、倉敷労山の人たちが戻って来ました。
無事にクロス縦走終了です。
効率の良い縦走でした。

この後それぞれの車に乗り、皆さんとお別れして帰路に着きました。(帰路は美馬ICより)
かくして念願の縦走は花の時季・好天に恵まれ、満足の一日となりました。
誘って下さったMさんに感謝!同行の皆さんに感謝です。
倉敷労山さんお世話になりました。楽しかったです。