2014年06月13日
石立山(1,707.7m)
別府峡登山口 竜頭谷 見晴らし岩場 西峰 石立山山頂 尾根分岐 1,181m ピーク 別府峡
7:30 8:20 9:25 11:05〜12:20 12:35〜13:05 13:25 14:20 16:10

石立のサクラソウ(ユキワリソウ)を見に行きましょう』と、今回も嬉しいお誘いがありました。
まだ石立山でのユキワリソウは、画像でしか見た事がありません。
イシダテクサタチバナも、もう咲き始めたようだし・・・。
厳しい道のりですが、花に会える喜びでまぁ登れるでしょう!
お天気である事を祈りながら、当日を楽しみに待っていました。

当日は晴天とまでは行きませんが、お天気は大丈夫のようです。
長い行程なので、水分もたっぷり持って来ました。

赤い橋を渡ったら、すぐに急登の始まりです。
薄暗いジグザグの斜面を登って行きます。

いつもの赤鉄橋から出発  尾根へ出る 竜頭谷を渡渉 

往きはまぁ、勢いがありますからね〜。
汗もいっぱいかきながら、高度を上げて行きます。

スタートの駐車場を俯瞰  這い登りが一段落
ゴジラの木  三段腹の木


延々と続く急な登り、竜頭谷を渡ってしばらくは這い登り、しんどいけど楽しい。
ゴジラの木(岩)や三段腹の木に癒されながら、一歩一歩登ります。

 ヤマボウシ&ヤマツツジ  苛酷な岩場にヒメキリンソウ

見晴らし岩場でひと休みの後には、一番緊張するビャクシンのやせ尾根が待っています。
今回は右を回って、まぁ大丈夫に行けましたが、私はここが一番怖いです。

 岩尾根を登り  ビャクシンのやせ尾根通過

西峰が目の前になった頃、お目当てのクサタチバナの場所に到着。
『道端に咲いていたら、ただの雑草やねぇ。』なんて言う人も。地味な花ですが、かわいいです。

イシダテクサタチバナ  咲き始めた所です 

さて西峰に到着したら、ザックは置いてお花を見に行きます。
ワクワク・・・楽しみです!

西峰到着   シモツケ(?よく分かりません)

”高嶺の花”とはよく言ったものですね。
可憐な花たちは、足元の厳しい場所に咲いていました。

 キバナノコマノツメ  シライトソウとのコラボ ウスユキソウ 

”トンネルを抜けたら雪国だった”ではないですが、厳しい場所を下って角を曲がると・・・
そこにはステキな花園がありました。
こんな厳しい場所で、ひっそりときれいな花を咲かせています。

シロバナユキワリソウ 初めて見ました   こんなに沢山のユキワリソウ

感動して眺めるばかりで、写真はあんまり撮らなかった事に、後から気づきました〜。
いくつか写したのもピンボケが多くて・・・。
でも、脳裏にはしっかり焼き付いています。

視線を転じると、ヤチマタイカリソウが目に入りました。
これも実際に見るのは初めて。繊細な美しい花です。
もう一つ初めて見た花。
花はノバラみたいな感じですが、葉はこれまで見た事がありません。
ギンロバイだそうでした。

ヤチマタイカリソウ   これも初めての花 ギンロバイ

次に捨身ヶ嶽にも行ってみます。
下り始めが一番要注意。
ブログなどでの動画で見たのはとても怖そうだったので、もう途中までにしようかな・・・なんて思い、止まっていましたが、結局皆につられてずっと先まで行く事が出来ました。
気分は最高!行って良かったです。

 
 下り始めが最も緊張  どんどん行ってみよう!

写真を撮り合ったり眺めを楽しんだり・・・満足の気分で引き返しました。

 満足の下山(写Mさん)

1時間以上も西峰周辺で過ごしました。
これまでは通過するだけだったので、今日はたっぷり楽しめて良かったです。

西峰から東へ。
今ではもう笹は無くなってしまった、殺伐とした斜面を登って石立山山頂に。
ここでやっとお弁当。
この後はまたまた厳しい下りが待っています。

 石立山山頂 日和田方面へ下山 

今日の下りは”別府峡尾根コース”。
ピストンよりもずっと安全だという事で、Mさんの案内です。
(今回平吉さんのレポも参考にさせていただきました。とても心強かったです。ありがとうございました。
それにしても・・・西峰まで2時間18分とは!もしかして平吉さんて忍者なのでは・・・?)

 徳島側の眺め  このまま尾根道を進む

これまでは日和田に下山ばかりでした。、
尾根から避難小屋跡地の方へと(右手)下る時、いつも気になっていた通せんぼをしている尾根に、今日は突入です!!
地図で見る限りは、傾斜も緩め。歩き易い尾根道が続きます。
・・・と思いきや、やっぱり石立山。岩尾根もあるし、浮き石もある急な下り・・・。

 こちらも岩尾根あり  ヤマグルマ  ヤブウツギ

歩き甲斐のある、なかなかの長い下山路でした。
登りよりも汗をかいたかも?

 なだらかな箇所も  1,181mピーク

でもかわいいカモシカさんに会えました。
お母さんの方は先に逃げて行ったそうです。
この赤ちゃんカモシカは、足を傷めていてやっと歩いていました。
急峻な斜面ばかりですものね、生きて行くのも大変です。

 赤ちゃんカモシカ

湧き水ばかりという幻想的な滝付近の道は、植林の急な下りの連続です。
膝も痛い、ブレーキを踏み続けて太腿も痛い・・・。

山頂から約3時間後、ようやっと別府峡に下山しました。
朝出発した駐車場が、対岸に見えています。やれやれ・・・お疲れさまでした。

 湧き水の滝  別府峡に下山

簡単に登れる山では無い分、測り知れない魅力がいっぱいの石立山。
今日は初めて出会う花と、初めてのルートからの下山、そして捨身ヶ嶽にも行けました。
満足感でいっぱいです!
案内して下さったMさんありがとうございました。
皆さんお疲れさまでした。
(また行きましょうね!)