2014年06月24日
東赤石(1,706m)
瀬場登山口 一本橋 トラバース道分岐 東赤石 三角点 八巻山 赤石山荘 一本橋 瀬場登山口
7:00 7:55 10:00 10:40 10:45〜11:20 12:00 12:40〜13:00 14:50 15:35

そろそろタカネバラが、咲き始める頃になりました。
6/20に行った天狗高原でも一輪だけ咲いていたし、6/15に東赤石に登られたじいじさんの時のタカネバラやオオヤマレンゲの蕾・・・もう開いてるんじゃぁないかな?
週間天気予報では雨&曇りマークが並び、その中で24・25日だけ晴れマークがあります。
という事で、空いていた24日に東赤石に行く事に決定!

しかし前夜は就寝時頃からものすごい雷雨・・・心配しながら眠りに就きました。
当日はまぁ何とかお天気は大丈夫そう。
梅雨時ですからね、降りさえしなければ良しとしたものでしょう。
お花に会いに行かなくては。

他に車は無い、瀬場登山口から出発します。
今年は全般的に花の時季が遅れてるのかな?
八間滝を過ぎた辺りのヤマツツジも、まだ満開でした。

ヤマツツジが満開

まずは瀬場谷でひと休み。
ここから先の分かれでは、右股の通称タカネバラ街道へと進みます。
登りばかりのしんどい道。
この頃から、徐々に晴れ間が出て来ました。
『良かったねぇ〜!』嬉しいです。

渡渉時に見られるヤマブキショウマやシモツケ等はまだ蕾を付け始めた所です。
最後の渡渉が終わり、大きな石がゴロゴロの歩きにくい道になって来ました。
『タカネバラ咲いてるよ〜』
前から嬉しい声が聞こえて来ました。

まずは瀬場谷 この後右股へ  タカネバラ咲いています!

昨年は所用と重なり、東赤石には来る事が出来ませんでした。
お目当てのタカネバラに会えて、俄然元気が出て来ました。

 二輪仲良く

タカネバラは蕾もとても魅力的ですね。

 白も(モリイバラ?)  蕾もステキです

しかし、トラバース道出合いまでの登りは長かった〜やっと登りました。

この後は視界も開けてワクワクする道です。
お花もいろいろ出て来ました。

やっとトラバース道出合いに  定番の眺めですが・・・ちょっと彩りが寂しい? 

分岐から東赤石へ、最後のひと頑張りです。
かわいいキバナノコマノツメも、あちこちに咲いています。

キバナツクバネウツギ   キバナノコマノツメ

そして到着!
私には2年ぶりの東赤石山頂です。

三角点まで足を延ばし、ここでお弁当にします。
途中シャクナゲの咲き残りが、まだ見られました。

 東赤石山頂より八巻山

ユキワリソウはもう終盤ですが、いくつか咲き残っています。
八巻山の方へ行けば、もっと咲いてるらしい・・・楽しみです。
イワキンバイもまだこれからです。

三角点   お弁当はお素麺(屋久島で買って来たお箸) イワキンバイ 

シライトソウは沢山咲いていました。
ガスが湧いては流れ、二ツ岳方面も見え隠れしています。

シライトソウ   のんびりお弁当タイム

初めて来た6年前、訳も分からずにここから権現越へと岩伝いに下りて行った事を、懐かしく思い出します。
あれっきりこのルートは歩いていません。

 権現越へと続く尾根

東赤石へと戻る途中、本日初めての登山者と出会いました。
あれ〜っ、アカリプタさんです。
貴重な梅雨の晴れ間の今日、もしかして出会うのでは?なんて思っていたのでしたが、予想的中でした。
虫にも植物にも大変詳しいアカリプタさん、今日は私たちと同じルートのようですが、軽やかな足取り・・・。
すぐに追いつかれるかも?と思いながら、私たちは八巻山へと向かいます。

 ベニドウダン  岩稜帯を辿る

シコクギボウシが沢山見受けられます。
この花が咲く時には、来た事がありません。
きれいなきれいな色の花、この目で見たいものですが、私の足ではそうそう続けて来るのは無理です。

 シコクギボウシは間もなく開花 小さい小さいコメツツジ 

八巻山を過ぎてからは、岩場にユキワリソウもあちこちに現れました。
キバナノコマノツメと一緒に咲いていたりで、かわいいです。
イヨノミツバイワガサも至る所で満開。

 今日も会えたユキワリソウ  イヨノミツバイワガサ

キノコ岩まで来たら、山荘へと下って行きます。
ここで本日二度目の登山者、女性3名のグループと出会いました。
彼女たちは、瀬場谷から左股経由で登って来たので、タカネバラに出会えてないようでした。
帰路は右股から下りる、って。岩が濡れて滑り易いので、気を付けてね。

 キノコ岩より下山

上から見下ろす山荘、オオヤマレンゲの白色が垣間見えるようです。楽しみだなぁ!

 眼下に赤石山荘  岩場に一輪

山荘前広場のタカネバラは、まだ蕾。

 山荘前のタカネバラ  山荘裏のオオヤマレンゲ(ズームで)

まずはオオヤマさまに会いに行きます。
沢山花を付けていました!これまで見た中で、一番多いみたいです。
一生懸命写しましたが・・・思うようには撮れないです〜。

 山荘下のオオヤマレンゲ

純白の気品溢れる”深山の貴婦人”・・・ほんとに美しい高貴な花ですね!
はるばる会いに来たい花です。

 下山路のオオヤマレンゲ  鳥さんをズームで

山荘から少し下った登山道に、クリーム色のイワキンバイが咲くのですが・・・
前回も今日も、まだ咲いていません。
登山道右手の小さなオオヤマレンゲの木は、ここもいっぱい花を付けていました。

八巻山を振り返り見ると、アカリプタさんが下りて来られてるのが、ぼんやり見えました。
速い!その内追い付かれるでしょうね。

この後はもうどんどん下って行きます。
東赤石も、水が豊富にあるのは嬉しいですね!
谷の美味しい水で癒されては、長い下山路を歩きます・・・ほんとに長いわ。

 コケイラン  ヒメシャラ

谷沿いの道には、ヒメシャラのかわいい花が落ちていました。
咲いてる所は、なかなか見る事が出来ません。

行程の約半分、大岩の渡渉点でひと休み。セミもカツオ氏のズボンの上でひと休みしていましたよ。
ここから瀬場谷までの下りがしんどいです・・・急なジグザグの下りが延々と・・・
足元に注意しながら前かがみ(亡き母親にそっくり・・!)で必死で下っていましたら、いつの間にかすぐ後ろにアカリプタさんの姿が。
速いなぁ!
軽い足取りの後ろ姿を見送った事でした。

 大岩の渡渉点 まだここで標高1280m位  エゾハルゼミがひと休み

瀬場谷からは膝サポーターも付けて、痛む膝で何とか下山。
東赤石は相変わらずの手強い山です。
まだまだこの後次々と咲く花に会いに来たい、でもこの足ではね・・・。

という訳で、年に一度の東赤石登山は、お天気にも花にも恵まれて、満足の一日でした。
一緒に歩いてくれた皆さんありがとう!お疲れさまでした。