2014年07月12日
高ノ瀬(1,740.8m)〜 丸石(1,684m)
林道登山口 白髪避難小屋 平和丸 石立分岐 高ノ瀬 丸石避難小屋 丸石
7:40 8:30 8:55 10:00 10:40 11:30〜12:00 12:20
 16:00  15:25  15:10 14:15  13:50   13:00      12:30

天候等の理由で、延び延びになっていた高ノ瀬行き。
今回”梅雨の晴れ間”に行く事になりました。
目的は丸石避難小屋付近に咲いていたショウキランなのですが、あれからもう3年・・・
毎年同じ場所には咲かない、って聞きましたが、まだ今なら高ノ瀬のオオヤマさまにも会えるし。
ただ、今回は剣山スーパー林道が通行止めという事で、ふるさと林道からの出発となり、なかなかの長い行程です。
別府からふるさと林道へと向かいますが、先日の台風&雨で道も荒れています。
流れ落ちる谷の水量も多い。

今日は青空の下長い歩行時間なので、水分もたっぷり持って来ました。

サクランボ?  登山口より石立山

時間は短いものの、林道からの登りは結構な急登で、ハァ〜汗びっしょりになりました。

ふるさと林道より出発  稜線に出る

この後は快適な稜線歩き。
雄大な眺めを楽しみながら、快い風に吹かれ、久しぶりの道を歩きます。
5年前の秋に、白髪山から平和丸まで行って以来のこの道です。

北西にそびえる三嶺の雄姿、美しい山容ですが、手前のカヤハゲは何とも痛ましい姿。
斜面の崩壊もあり、何だか造成中の工事現場みたいな印象で、胸が痛みました・・・。

 お馴染みの個性的なブナ  平和丸より三嶺

尾根の北にある個性的なブナは健在でした。

 お初のシコクフウロ  アザミはあちこちに

”絵になる岩”もいろいろ。
緑の笹と青空とに映えます。
ちょっとこの辺りは、北アルプスを歩いている気分です♪

稜線の大岩@   稜線の大岩A

『この辺に白のアザミが咲いちょったねぇ』とMさん。
ありました、ありました、笹の斜面に。
『白というよりもベージュやね』って言う人も。
正式には何ていう名前なのかは、分かりません。

 白いアザミ  快適な尾根

やがて石立分岐へ。
オオヤマさまはもうすぐです。楽しみだなぁ。

間もなく石立分岐に 

分岐から中東〜石立へと続く道、何もない土がむき出しの尾根が見えています。
4年前にスーパー林道から登って辿り着いた場所・・・懐かしく眺めました。
僅かながら、緑が増えているようにも見受けられましたが・・・。

分岐の標識   高ノ瀬のオオヤマさま

ネットで保護されている高ノ瀬のオオヤマさま、ずい分本数が減ったように思います。
シカの好物なんだそうですね・・・。
シカも生きて行かなくてはならないし、人間と共存して行くいい方法はないものでしょうかね。

オオヤマさまはまだ沢山花を付けていて、蕾もあります。
初々しい”17歳?”くらいの花を見つけて写しました。
稲叢山に始まり天狗高原・東赤石・寒風と、今年も楽しませてもらいました。
この花の美しさ・気品は、やはり別格だと思います。

 今回で見納めかな・・・

さてさて・・・まだ丸石までは遠い道のり。
剣&次郎も遥か遠いです〜。

 白いバラも  剣&次郎が近づく

高ノ瀬でひと休み。
この後かなり下ります。(登り返しが大変やわ・・・)

尾根の緑は、以前よりは復活してるように感じられました。

 高ノ瀬山頂 ほんのり紅葉? 

やっと丸石避難小屋に到着。
香川大ワンゲル部の皆さんが休憩中でした。今夜は三嶺で泊まるのだそうです。
私たちもここでお弁当タイムとします。

この避難小屋手前付近で、前にはショウキランを見つけたのでしたが・・・。
立ち枯れの木、伐採もされていて、陽当たりが良くなり以前と様相が変わっています。
帰りにもまた探そうと思いますが、どうも望み薄のようです〜。

 丸石分岐  丸石避難小屋  香川大学ワンゲル部の皆さん

自分はもう疲れたので、皆が丸石まで行ってる間ここで待ってよう、なんて弱気でしたが、やっぱりここまで来たからには行かなくてはね!
お腹は重くなったけど、元気も出ました。
丸石へと向かいます。

 ついに剣&次郎が目の前に! 丸石はすぐそこ 

到着〜!!
本日最終のピーク丸石です。そして・・・ここでやっと本日の行程1/2なのね・・・。

 丸石山頂  まだ歩いていない北方面の尾根

朝白髪避難小屋を過ぎた辺りで会ったトレイルランのお二人が、早くも戻って来られました。
(見ノ越から三嶺まで往復!)
ほんとに軽い足取り!
見送りながら、ああ自分もこの下の丸石登山口に下りたいな、なんて思いましたよ〜。

 こんなに近付いた剣&次郎

今日はカツオ氏たちも、剣山周辺(一ノ森〜剣〜次郎)を周回されています。
今頃どの辺にいるのかな?なんて思いながら、元来た道を引き返します。
避難小屋を過ぎた辺りで、再びショウキランを探しましたが、やはり見つける事は出来ませんでした。

 イワガラミ  根元から新しい葉が・・(オオヤマ)

高ノ瀬への登り返しを頑張れば、またしばらくはなだらかな歩き。

青空は今では雲に覆われてしまいました。
明日はお天気悪そう・・・。

 こちらもお初のタカネオトギリ  三嶺さん 帰って来たよ〜

白髪避難小屋まで戻って来ました。やれやれです。
この先の白髪分かれのトモエソウの状況も気になりましたが、もう登りたくない〜。
皆さん同じ思いなのかどうか、迷わずに林道へと左手に折れて行きました。
縦走路やふるさと林道沿いにもトモエソウがありましたが、いずれもまだ蕾さえ分からない状況だったから、多分白髪分かれのもまだ咲いていなかったでしょうね・・・?

 白髪避難小屋  ヤマボウシ

林道への下りは皆さん速い速い!
”この道は登る方がずっといいわ”なんて思いながら、私は最後尾をやっと下って行きました。
いつもながら、急な下りでは難儀します・・・。
つま先が痛くなり(膝も勿論・・)、私には本日一番しんどい場所でした。
でも、登りの時には気が付かなかったヤマボウシが、ひときわ白く咲いていて嬉しかった!

やっと下山した私に差し出されたのは、冷たいビワのシロップ漬け。
疲れた身体に沁みこむ、美味しさ&冷たさでした。Mさんごちそうさまでした!

自分にとっては長い歩行距離でしたが、何とか歩けるものですね。
車の中で、両膝を手のひらで撫で撫でしましたよ〜。頑張ったね、って。

ショウキランには会えませんでしたが、梅雨の晴れ間に楽しく歩いた高ノ瀬〜丸石の縦走路。
一緒に歩いてくれた仲間に感謝です。
皆さんお疲れさまでした!