2015年02月01日
阿波国見山(1,409m)
後山峠登山口 上の登山口 1370m地点 山頂 1370m 上の登山口 後山峠登山口
9:25 10:20〜10:30 11:20 11:55〜12:40 12:55 13:30 14:15

本日は阿波国見山へ。
この時季恒例の例会山行です。安全に雪山を楽しめる山なので参加者も多く総勢15名です。
お天気も上々の筈だったのですが・・・大豊を過ぎてからはずっと曇り空。
祖谷トンネルを抜けると、冬の今は景色が一変しますよね。
空ももしかしたら?なんて期待しましたが、依然曇り空のままです。

ま、風も余り無いから良しとしたものです。
日曜日なので車も多いかな?と思っていましたが、マイクロバスが1台停まってるのみです。
山と野原の会の皆さん22名でした)
雪も少なく凍ってもいないようなので、アイゼンはザックに入れたままで出発。

後山峠登山口  上の登山口

約1時間かかって上の登山口に到着。ここには車が3台。
下に停まっていたバスも上がって来ています。
ここで何人かはアイゼンを装着して、小休止後再び出発。

 今日は歩き易い階段  霧氷が出て来ました

防火帯に入った頃に、霧氷が出て来ました。
普段は植林の単調な登りですが、霧氷があると楽しい!
雪の量も程良くて、歩き易いです。

 防火帯を登り 1370mへ 

1370mを過ぎて、ブナの尾根道に入った辺りで、気まぐれのようにお日様が顔を出してくれました。

光が差す   青空です

大急ぎでシャッターを押します。
何と言っても、やはり青空!青空に勝るものなし、です!

 ブナ林の霧氷

霧氷がキラキラ輝いてきれいです。
あちこちから歓声が上がっています。

ワーイ!! 

あぁ・・・しかし束の間でした〜。
光の中を歩きたかったなぁ・・・欲を言ってもいけないですが。

束の間の青空   霧氷のトンネル

避難小屋では団体さんがお食事中、そのまま山頂へ向かいます。

青空は消えましたが、そんなに風も無く視界もまぁまぁ。
数名のパーティーが、霧氷の木の下でお食事中でした。

 山頂(天狗塚方面)  到着〜

目の前に昨年の初登りの山、おばさん4人でラッセルに難儀した阿波中津山が見えています。

 光の当たる阿波中津山

気温は−6℃位らしい・・・風が無いとは言え、じっとしていると身体が冷え込んで来ます。
やっぱり食事は避難小屋やね、そろそろ団体さんたちも終わる頃でしょう、と山頂から下ります。
この山頂直下の急登は、凍っていたりドロドロだったりで普段は難儀しますが、今回は程良い積雪のお蔭でスムーズに通過出来ました。

小屋から団体さんが出て来るのを少しの間待ちますが、『あら!○○さん!』『まぁ、こんにちは』の声が飛び交います。
私も知ったお顔の方に2名お会いしました。(同じ高知県ですものね)

その後は避難小屋に入りお弁当タイム。避難小屋は有難いですね!
小屋の前の神様にも、新年のご挨拶とお願い事をしました。

 この木は山頂のシンボル(?)  今日も神様にお願い事を・・

後はもう下るのみ。
防火帯には尻セードの跡が付いていて、滑った人の歓声が聞こえて来るようです〜。
楽しかったでしょうねぇ。
立って歩くだけでも、雪がクッションになって面白いようにどんどん下りられます。

 防火帯を下る  下りは速い速い!

上の登山口に着いた時は、団体さんが帰って行く所でした。他の車はもうありません。

 上の登山口まで下る  後山峠登山口に下山

この後の登山道は、沢山の人が歩いた事もあり土が見えてる箇所も。
(アイゼン装着の人は、途中で外しました)
そして順調に登山口に下山。皆さん満足げなお顔です。

 イイギリの紅い実  祖谷トンネル東の眺め

曇り空ではありましたが、一時は青空も出て穏やかな天気、雪の量もちょうどで楽しい雪山歩きが出来ました。霧氷もたっぷり見られたしね!

距離的にも高知から来やすい阿波国見山、毎年冬には皆で訪れたいものです。
お疲れさまでした!