2015年02月11日
五剣山(683.5m)〜 胴切山(883.9m)
大越登山口 鬼ヶ岩屋 一番谷山 五剣山 胴切山 林道登山口 車デポ
9:25 10:30 10:55 12:50 14:55 15:25 15:45

お隣の徳島県剣山付近くらいまでは馴染みがありますが、東南部となるともう知らない所ばかりです。
例会で行って遠かったのは、鰻轟山〜請ヶ峰川井峠からの東宮山〜天行山阿川梅林経由の焼山寺山などが思い出されます。
今回はそれよりも更に遠い山域、牟岐町・海陽町・美波町の境にあるという五剣山〜胴切山の縦走です。
自宅前を5:40発、運転の人には申し訳ないと思いながら、道中ついウトウト・・それでも車酔いしてしまいました。
195号線から36号線に入り山道をクネクネ、峠から林道に入り下山場所近くに1台をデポした後、大越という所まで約30分下ります。(これだけまた登り返すのやね・・・)

登山口と言っても、特に案内標識のような物はありません。
畑一面に霜の降りた冷たい空気の中、橋を渡って出発です。

日和佐川  ここからスタート

朝はついつい着込んでしまいますが、ザレた斜面を登ったり林道(廃道)を横切ったりとすぐに汗びっしょり。
早々に上着は脱ぎました。半袖になった人も!
そして小一時間ほどで鬼ヶ岩屋(450m)という大岩に到着。

 大きな岩が現れる  アルミの梯子を上ると

岩の上からは大展望が広がり、これから歩く五剣山〜胴切山がきれいに見えています。
(ここまでは短かったけど、この先長いなぁ・・・)

 これから向かう山

地図は持って来たものの、本日は”ついて行くモード”で下調べもろくにしていなくて、ここへ来てやっと位置が分かったというお粗末な私です。(復習はしっかりします〜!)

初めて眺める山ばかり・・(写真提供S氏) 

大岩の上で小休憩の後、10分程東にある一番谷山(467.7m)という三等三角点のある山までピストンします。
そしていよいよ縦走開始。
まずはチョウシノタオという峠まで下ります。
ここはかつては行き交う人で賑わった峠だそうです。温泉や茶店もあったとか。
リーダーは、ここまで登って来てから鬼ヶ岩屋に行く計画だったそうですが、直登みたいになり先に岩屋に着いたようです。岩屋からタオまでは、道はハッキリしているものの、かなりの勾配でした。(登るの大変そう・・)
『却って良かったね』なんて思った事です。
ここまでで何組かの登山者と会いました。

さて・・・十字路のタオから尾根道を進みます。

チョウシノタオ下の小屋跡   尾根道を進む

大木あり、大岩あり・・・尾根道ですが、樹木に隠れて展望はあんまり無いです。
時折展望が開け遠くに海が見え、徳島の海に近い山域を歩いているのを実感します。

 ここにも大岩(画面左手を巻く)  南側の眺め 遠くに海

ピークが近付く度に”やっと山頂?”かと期待しますが、登ればまた続く登り道・・・
途中でお弁当を食べてひと休み。
鬼ヶ岩屋からは、2時間弱で五剣山山頂に到着しました。
山頂は切り開かれていて、展望が良いです。(今日はちょっとぼんやりしていますが)
ハァ〜〜なかなかの登りでした。
しかし・・・まだこの先が待っています。
山頂に居合わせた地元のお二人の話では、ここから胴切山まで3時間だとか・・・。

山頂からは少しの間ですが、ヤブっぽい不明瞭な道。
リーダーは鉈を片手に前を行ってくれます。

 切り開かれた五剣山山頂  この先急登が続く

五剣山から胴切山までは標高差約250m、でもアップダウンもありますからね・・・。
折角登ったのにまた下って、皆から遅れながら何とか歩きます。
途中四差路があり、そこを右手に行けば県道に出るらしい。
”県道を歩いていれば、その内車で拾ってもらえるなぁ”なんて考えが頭をよぎりますが、やっぱりここまで来たからには胴切山のピークを踏まなくてはね!

 朽ちかけた大ヒノキ  急登尾根の大岩

ゼイゼイ・・・何度か立ち止まりながら登り、やっと胴切山到着です。ここまで約2時間で来る事が出来ました。
やれやれ・・・。
本日皆で写した写真、歩き始めの鬼ヶ岩屋では嬉しそうに笑っている私ですが、五剣山、胴切山と順に顔が疲れてこわばっています〜。

 胴切山に到着・・しんどかった〜  後は下るばかりやね

まぁここまで来たら、もう登りは無いでしょうね!やれやれ・・・。
という所で840mのピークが現れましたが、ここは左の巻道を通るのでした。ホッ・・・。
かつてはトロッコ道だったらしく、きれいに石垣が積まれ、平坦な歩き易い道でした。
『あそこを巻いたら林道に出るかな?』・・・期待しながら3〜4度巻いた所でついに林道に出ました!

 ツララ発見  林道に出る

自分の想像では林道に下りる、って思っていましたが、林道に上がって登山道は終了でした。
この後車デポ地点まで20分ほど歩きます。
未舗装のこの林道は工事中なのか、時折道幅いっぱいのトラックが土ぼこりを上げながら通っていました。

 林道登山口(左へ下りる)  デポ車まで戻る

県道と出会う峠までは定員オーバー状態で車に乗りましたが、その先はそうもいかず、大越にデポした車を回収する間、私たちは帰路方向をしばらく歩きました。

再び車中の人となり、高知市内へ戻って来たのは19時半。遠かったです〜。
木頭村まで帰って来た頃、夕闇迫る中雪を被った石立山が、ひときわ大きく聳えていたのが印象的でした。
何とも言えない存在感のある山です。

長い道中、運転して下さった人はほんとにお世話さまでした。お疲れさまでした!
帰宅後しみじみと地図を眺めた事です。
周辺には八郎山・白木山・矢筈山・・・ヤレヤレ峠なんていうのもあるのやね。
また行く機会があればいいですが。