2015年03月26日
寒峰(1,604m)
新林道登山口 作業小屋跡 寒峰山頂 上の群生地 下の群生地 林道登山口
8:50 9:45 11:30〜12:10 12:30 13:15 13:50

晴天に恵まれた本日は、29日に予定されている例会の下見を兼ねて寒峰へ。
朝はいつも着る物に思案します・・・でも、もう厳冬期じゃぁないからね〜。
取り敢えず重ね着です。
竜宮崖トンネル内でー1℃でしたが、風は無いです。

当日は登山口と下山口に配車しますが、今日は1台なので、ほぼ中間地点の広くなった分岐に駐車します。
緩やかな登りの林道歩きから出発、ウォーミングアップどころか本日一番しんどい歩きでした・・・!
ゼイゼイ言いながら延びた林道を歩いて行くと、新しい登り口が出来ていました。
登山口の標識も設置してくれれば、分かり易いかな?
登って行くと間もなく、林道終点が下方に見えました。どこまで延びるのでしょうね?

林道が延びてここに登山口が  登山道より林道(ここで行き止まり)

従来からの登山道の歩きとなり、残雪も出て来ました。
すぐに暑くなり、早々と衣服調節です。

 残雪が出て来る  ちょっと緊張のトラバース

テープのぶら下がった尾根は通り過ぎ、小屋跡の植林帯から登って行きます。(寒峰への案内標識あり)
雪は硬いですが、一定でなくボコボコで歩きにくい。

一旦尾根に出て作業用レールに沿って登った後の、山頂近くの植林帯のトラバースはちょっと苦労しました。
時折ズボッと踏み抜いたり、結構深い所もあり歩きにくかった〜。

 植林帯の残雪 一部深い所も 

やっと抜けたら大展望が待っていました。今までのしんどさはどこへやら、です!

やっと植林帯から抜ける   ワーイ!!絶景です〜

雲一つ無い空に、グルリ連なる山々・・・。
落合分岐も見えて来ました。
本来の登山道より南下方を上がって来たようです。

頂上はもうすぐ  右上に落合分岐

山頂はもうすぐ目の前。

 気持ちいい歩き

展望を楽しみながら、シャッターを押しながら最後の登り。

 連なる剣山系の峰々  腕山と後方は中津山

山頂は今は誰もいなくて静かなものです。風も無く暖かい。
ここでゆっくりお弁当タイムです。

休んでいる内に、他の登山者さんも登って来られました。
私たちと同じコースからは与力さんたち(お久しぶりです!)、西からはユリコさんたちのグループと、倉敷からのグループの方たち。
平日ですが、やはりこの時季の寒峰は人気があります。

 寒峰山頂

下の群生地では、福寿草もかわいらしく咲いているようです。
このお天気だから、きれいに開いてる事でしょうね。
楽しみに下りて行きます。

 残雪の尾根を下る  西寒峰

上の群生地は一面の雪。
花が咲くのは、まだまだ先のようです。

 手を広げる大ブナ  福寿草はまだ雪の下

この下のトラバース道も、まだ沢山の雪。
木の根周りの雪の無い所に、芽が出て来ている所でした。
見上げると、尾根を登っているグループが見えます。
西寒峰に登ってから行くのかな?それとも、ここのトラバース道の雪を避けたのかな?

 この木の下には
 まだ芽が出たばかりの福寿草  斜面は一面の残雪

三角点を過ぎて、急斜面を下ると、いよいよ下の群生地に到着です。

 お目見えです!  まだ咲き始め

咲いています、咲いています!
かわいい小さなお日様が、あっちにもこっちにも!
しばし写真タイム。

 お日様のような福寿草

その後下山して行く途中でも、登山道下方に福寿草で黄色く輝く斜面が見えます。
こんな所にもあったのやね〜と、下りて行ってみました。
考えてみれば、こんなお天気の良い日に来た寒峰は初めてかも。
思いがけない場所でも見られて、何だか得をした気分。
何と言っても、お天気のいいのが一番ですね!
今日は大満足の周回でした。

 
 ここにも群生 林道に下山 

帰路は歩危マートにて祖谷名物の大きなお豆腐(260円)を購入、お蕎麦(400円)も美味しくいただきました。

もう一箇所寄り道して、ユキワリイチゲ等も観賞。
展望を満喫し、お花も堪能しての、楽しい下見山行となりました。

(しかし例会当日は無念の雨で中止・・・これで例会での寒峰は、2年続けての中止です。残念・・・)

 ユキワリイチゲ  シロバナショウジョウバカマ

 本日のログ(カツオ氏GPS)