2015年04月24日
雨ヶ森(1,390m)
岩柄登山口 イチリンソウの谷 岩屋 雨ヶ森山頂 岩屋 イチリンソウの谷 岩柄登山口
8:00 9:10 10:10 10:55〜11:45 12:20 13:00 13:55 14:15

昨年5/2に登った雨ヶ森で出会ったうす紅色のイチリンソウ、緊張のザレ場のトラバースの後に、ホッとひと息ついた谷にひっそりと咲いていたのを見た時の感動は忘れられません。
私の中で”心に残る花”昨年のNO.1の花となりました。
今年も是非とも会いに行きたい・・・願い叶って、何とか24日に行ける運びとなりました。
昨年よりちょっと早いけど、咲いていてくれるかな?
雨ばっかりの4月でしたが、後半も過ぎてやっとお天気も落ち着いたようです。

青空の下、雲の上の集落岩柄から出発します。
登り始めはいつもしんどい・・・ゆっくり・ゆっくり。
徐々に高度も上がり、植林帯も抜けたザレ場で早くもイチリンソウが出迎えてくれました。(白色)
(しかしこれは悲しいかな、ピンボケでした)

岩柄登山口  谷へ到着

気持ちを逸らせながら、谷へと進みます。
『咲いちゅう!』と先を行くカツオ氏の声、うれしいな!

 イチリンソウ  ナベワリソウ

メンバーはここでひと休みして飲み物等を補給していますが、私は飲まず食わず(?大げさ!)で一生懸命撮影・・・。
下手な鉄砲はいくら打っても、なかなか当たらない。
今回もピンボケが多かった〜ガックリです。
でも良かったです!咲いていてくれたのが何と言ってもうれしい。
儚げな、かわいい姿です。
しばしうっとりと楽しませてもらいました。

 今年も会えて良かった!!

さぁ、この後は急な登りとなります。足元注意。
ロープの場所は、今回健脚のメンバーにつられて直登しましたが、ガラガラと石は落ちるし危なかった〜。
下山はとてもじゃない、ロープの方から下りなくては・・・。

ヤマルリソウ  険しい急登の始まり

ひと登りした後は、谷も小さくなりワサビやコンロンソウ等の緑が溢れています。気持ちいいなぁ。

 ワサビ  ハシリドコロ

やがて谷から離れ、岩屋へ到着。
足元にはカタバミがかわいらしく咲いていました。

 岩屋  コミヤマカタバミ

ここを過ぎたら、やせ尾根や急登がまたまた続きます。
昨年は沢山の花を付けたアケボノが出迎えてくれたのでしたが、今年は”まだ早いかな”の予想を裏切って、
もう散りかけています。
それに花自体が少ないようです。

尾根でシイタケ発見!
お日様を浴びて”干しシイタケ”状態になっていたのを、”水で戻したらいいから”とメンバーが手際よく採取してくれました。

 まばらな花付きのアケボノ  ちょっと緊張の岩場

アケボノのトンネルみたいで歓声を上げたやせ尾根の場所も、今年は花はありませんでした。
北側に見える斜面には、崩落の跡が見えます。かなり大きく崩れています。

 もうひと登り  北側に崩落跡

今年は工石山でも殆ど見られなかったタムシバが、少し咲いていました。
年によって花の状況もほんとに違いますね。

 タムシバ  山頂直下のアケボノ

いよいよ最後の登り。
今日はこのコースが初めてのメンバーが3人。
『お先にどうぞ』とカツオ氏が脇に寄っています。

 最後の登り

そして到着。
3/5樫山林道から来て以来の雨ヶ森。
今日も他には誰もいない山頂、ゆっくり過ごす事にします。

 本日の山頂(中津明神方面)

北にそびえる石鎚山、さすがにもうここからは雪は見えません。

 石鎚山  筒上・手箱

雨ヶ森山頂周辺も、春の花に包まれています。
ブナも芽吹いて来ています。

 ダンコウバイ?アブラチャン?(私にはよく分かりません)  クロモジ

あら〜こんな山頂に蝶がいました。やっぱり春やね。(蛾?)

 こんな所に・・・  約1ヶ月半ぶりの山頂

しばらくのんびり過ごしましたが、いつまでもいる訳にもいきません。
名残惜しいですが、そろそろ下山開始です。

 アケボノさんまたね〜  名残惜しく下山

下りは速いですが、急なので神経を遣います。私は登りの方がまだいいです。

 咲き始めのミツバツツジ  下りも緊張

やせ尾根を下り、ガレ場ザレ場も何とか通過して、再びイチリンソウ咲く谷まで戻って来ました。
蕾だったヤマシャクにちょっと期待していましたが、帰りにもまだ開いてはいませんでした。

 ロープのあるザレ場(往きはこの右下から直登)  明日は花開くかな?

植林帯まで下りて来た所で、昨年と同じ場所にシュンランを見つけました。
登る時も探しながら歩いたのでしたが、気が付かなかった・・・。

 イチリンソウ見納めです  シュンラン

帰りには滝に寄りました。登山道分岐から10分程の距離です。
なかなか見応えのある滝です。

 足山(たりやま)の滝

出発時は薄暗かった杉林にも日が当たり、ユキモチソウも気持ち良さそう。

集落が見えて来た所で、登山道の真ん中にとぐろを巻いたヘビが!!ギャー!!
トカゲをくわえて鎌首をもたげています〜!うわぁ・・・飛びました〜草叢へ行った・・・怖かったです。

 ユキモチソウ  天然の干しシイタケをゲット

ともあれ無事下山。

登り甲斐のある雨ヶ森ですが、お花の多い谷沿いの道は楽しい。
念願だったイチリンソウにも会えました。
一緒に歩いてくれたメンバーに感謝です。
楽しかったですね!お疲れさまでした。(来年もまた行きましょう)