2015年05月17日
手箱山(1,806.2m)〜 筒上山(1,859.3m)
大滝の滝登山口 尾根の三叉路 京組山 氷室番所跡 笹原の尾根 手箱山
7:50 9:15 9:30 10:15 11:15 11:47〜12:18
手箱越 筒上山 尾根分岐 名野川分岐 名野川登山口
12:50 13:20 14:20 14:40 15:45

今日は手箱山へ。
前々から、一度は歩いてみたいと思っていた大滝(おおたび)の滝からのルートです。
下山は筒上山経由で名野川へ。
頑張って歩かなくては・・・。

予定ではこの週末は一泊での大山方面だったのですが、お天気が思わしくなくて中止になりました。
未だに山頂を踏んでいない大山、野地峰〜黒岩山と同じく、私にはどうもご縁が無いようです。

名野川登山口に車を1台デポした後、出発です。

展望所より大滝(おおたび)の滝

初めての道はワクワクしますね!
眼下に見える、美しいエメラルドグリーンの谷へと下りて行くのが嬉しいです。

 県道沿いの登山口  まずは谷へ下りる

キシツツジも沢山咲いています。
うっとりするようなきれいな流れ・・・こんな所で、日がな一日のんびりするのもいいなぁ。

 エメラルドグリーンの水とキシツツジ

などと思いながら、橋を渡り植林の中の整備された道を登って行きます。
ナベワリソウが沢山咲いています。イチヨウランもありました。(ピンボケ・・・)

しかし左の膝が痛い・・・上げるたびに痛みます。
普段は何もせずダラダラ過ごしてる報い・・・不安を抱えながら、まぁ大丈夫だろうと歩きます。
出発して80分後、木々の向こうに瓶ヶ森方面が望める所まで登って来ました。ちょっとひと休み。

植林の中の登り  何度か橋を渡る  瓶〜西黒森が見えて来る

その後尾根に出て、ここでぐっと方向が変わります。
右手が手箱方面ですが、左手には三角点のある京組山(1321,8m)というのがあり行ってみる事に。
結構な急登のやせ尾根を行き、15分ほどで山頂に。
展望はありませんが、きれいに切り開かれていて、そのまま東へと続く道もありました。

 尾根の分岐 ちょっと寄り道   三角点のある京組山(1321,8m)

再び元の道を進みます。
足元にはあちこちにギンリョウソウが見られました。

 ギンリョウソウがあちこちに  よく手入れされた広い道

尾根途中に氷室番所跡への分岐があります。分岐からすぐです。
話には聞いても実際に見るのは初めて。
傍まで行くとひんやり冷気を感じます。
”フムフム・・・これが夏場に献上される氷を貯蔵してる場所なんやね〜”
遠い遠い昔、これを真夏にお城下まで人力のみで運ぶのは、並大抵の苦労では無かったでしょうね。

 氷室番所跡への分岐  この下に氷が貯蔵されています

さて、氷室番所跡を過ぎてからは道幅も狭くなり、俄然登山道らしくなって来ました。
まだ先は長いですが、ブナやヒメシャラの素晴らしい森が広がっています。
下手な写真では、目で見た程の輝きも今一つで伝わらないですが・・・本当に眩しい緑の輝きでした。

しかし、虫が多いです。
立ち止まると、すぐに周りに寄って来ます。

 緑に映えるヒメシャラの赤い幹 見上げる緑 

高度計を見ながら、後○○m・・・と重い身体を一歩一歩持ち上げて歩きます。
やがて樹林帯から抜けて、瓶ヶ森や西黒森が見えて来ました。

 稜線に出ました  コミヤマカタバミ

西へ回り込むと、手箱の山頂も見えて来ました。
笹原の道、見えていてなかなか遠いですが、雄大な眺めに感動します。
大きな岩の上から、先を行くメンバーが手を振っています。

 手箱山頂が見えて来る
 これがシンボルの”岩の門”

ハァハァゼイゼイ・・・何とか大岩までやって来ました。
ここは登らないとね!
岩の上からの絶景をたっぷり楽しみましたよ。(そうそう来られる場所じゃ無いもんね)

 迫力ある大岩  登って来た尾根を俯瞰

大岩を過ぎたら広大な笹原が広がっています。
手箱へは右手に行きますが、左手にも笹原をずっと行く道誘うようながあります。
この道も歩いてみたいものです。

そして見覚えのある手箱山頂の鉄棒(?)が見えて来ましたよ〜!
うれしいなぁ。
これまで手箱山に来る度に、”こっちの道から来てみたい”って思っていましたが、本日実現しました。

 笹原の向こうに瓶ヶ森方面  念願だった山頂への道です

到着した山頂では、先行のメンバー4名がお弁当を広げている所でした。
遅れて到着した私たち5名と入れ替わるように、2名の登山者さんが下山されて行きました。
後で分かったのですが、彼らは土佐のカッパさんたちだったのでした。
ほんの数秒の差。お互いに視界の隅には入っていたのにね〜。お話出来ずに残念。

 手箱山山頂  石鎚山を見ながら筒上へと

石鎚をバックに記念撮影をして、筒上山へと向かいます。
膝が心配なので、ここでサポーターを巻きました。

歩き始めて間もなく、手箱へと向かうクムトマトさんとバッタリ。
聞く所によると、先ほどまでアカリプタさんやreikoさんピオーネさん・ストーンリバーさん・剣昔乙女さんたちとご一緒だったとか。
今日の手箱〜筒上界隈は大賑わいのようです。
ちょっとの差でお会い出来ず、残念でした。

 シロバナエンレイソウ  ホソバノアマナ

快適な尾根を進みます。
左後方には雨ヶ森椿山

 快適な尾根道

手箱越までやって来ました。
最後の登りが待っています。(これがキツイ!!)

 手箱越に  ワチガイソウ

階段の急登をゼイゼイ登って息を整えてる内に、皆さんスイスイとクサリを登って行きます。
クサリ場には2番目に着いた私でしたが、モタモタしてる間に最後の方になってしまいました。
『待って、待って・・・最後は怖いです』と相変わらず自立出来ない、依頼心の強い自分。
今回も、上から下からアドバイスしてもらって、どうにか登りました。

 クサリを登って  後もう少し

この後はまた気持ちのいい笹原、ひと登り頑張れば山頂です。
筒上山頂でも石鎚を入れて記念撮影、後はもう下るのみです。
・・・と思いきや、まだ丸滝山に行くって・・・。
あの丸滝小屋までの登りを思うと、ちょっともう私には無理です。
という事で、丸滝山まで行く組(4名)、そのまま名野川にゆっくり下りる組(5名)とにここで分かれました。

 筒上山頂へと  見納めのアケボノ

筒上から下って行くと、いつもの場所にバイケイソウやエンレイソウ、そしてヒカゲも咲いていました。
ここのヒカゲは、葉も傷んでなくてきれいです。
やさしいクリーム色(ヒカゲ色!?)大好きな花です。
今年もここで会えて良かった。

 ヒカゲツツジ  今年もここで会えました

シロヤシオは昨年の事を思うと寂しいです。
まだ咲き始め、という事もありますが、やはり花付きが少ない。
それでも咲いていてくれただけでも嬉しいです。

尾根道から下山し、名野川登山口への分岐へと歩く時にはyuuminさんとお会いしました。
彼女は笹倉湿原から登って来られたとの事です。
ウナズキツクバネソウやイチヨウランの名は、彼女の画像で知りました。
お花に詳しいyuuminさん、これからもよろしくお願いしますね。

 シロヤシオ  昨年より寂しい花付き

ゆっくり、と言いながらも結構早く下山路を歩きました。
やせ尾根のシャクナゲも殆ど終わっていたし。

下山した名野川登山口には、ギンランがいくつか咲いていました。
健脚組は丸滝山まで往復して(かなりのヤブだったようです)、約1時間後に下山。
『今日もよく遊んだね〜楽しかったね』と名野川を後にしました。

 お一人様限定(?)の朽ちかけた橋  下山口にギンラン

今日は念願だったコースを歩けて良かったです。
季節を変えて、また歩いてみたいものです。
(土佐のカッパさんが雪の時に歩かれていますが、それはそれは素晴らしい絶景の連続です!)

今日は手箱までの登り、名野川からの下り、どなたにも会いませんでしたが、もっともっと皆さんに歩いてもらいたい道だと思った事でした。