2015年06月07日
金峰山(2,599m)
金峰山荘 八丁平分岐 中間地点 金峰山小屋 金峰山山頂 五丈岩
5:30 6:50 7:50 9:00 9:40 9:50〜10:20
13:25 12:30 11:45 10:45

今日は金峰山へ登り、下山後は帰路へと向かいます。
曇りの予報のようですが・・・何とか下山までは、晴れててもらいたいな。

瑞牆山とは相反して、金峰山には特に思い入れというものは無く、瑞牆山とセットになっていたので登る、みたいな淡々とした気持ちが実の所でした。
(下調べも特にしていない・・・地図も違うルートをコピーするというお粗末さ・・・)
やはり岩の山で、山頂からは奥秩父一の展望を誇るという事です。勿論富士山も望める。
楽しみになって来ました。
歩行時間は昨日よりも長いですが、危険箇所も難所も無いようです。

廻り目平コースという今日のコース、標準タイムは登り3時間半、下り2時間半だとか。

ともあれ早朝に山荘の広い駐車場に集合。
見上げる周囲の山は岩だらけ・・・!
東洋のヨセミテ”なんだそうですね〜この辺りは。
険しそうですが、周回するハイキングコースもあるようです。

広い駐車場  あれは五丈岩? ズームで  お宿の上に”ヨセミテ”

まずは林道歩き、西股沢沿いの緩やかな登りをテクテク歩きます。

 輝く若葉  ベニイチヤクソウ

林道終点の八丁平にてひと休み。
ここにはベニイチヤクソウが沢山あり、咲き始めた所でした。ロープや標識が立てられて保護されています。
(余談になりますが、工石山南の登山道某所にイチヤクソウのひと塊になった株があり、通る度に楽しみに見ていたのですが、この3月ごろから消えてしまいました・・・。”やはり野に置けレンゲソウ”・・・山の厳しい場所に咲いてこその花の美しさなのに、心無い人の行為には胸が痛みます。)

休憩後西股沢を渡り、いよいよ登山道へ入ります。

 分岐にて休憩タイム  この辺りが中間点

しばらくは樹林帯のジグザグの登りが続きます。
途中一箇所だけ、僅かに展望のある曲がり角では瑞牆山が見えるらしいですが、今日はガスの中。

高度が上がると、今日もシャクナゲが咲いていて楽しませてくれました。

樹林帯の登りが続く  ここにもシャクナゲ

やがてやっと登りが一段落して、前方に金峰山のシンボル五丈岩(ごじょういわ)が見えて来ました。
まだまだ遠いなぁ・・・。
工石山の”天空の窓”とよく似た場所もありましたよ!何だか親しみを感じます。

 五丈岩が見えて来ました  工石山の”あの木”を連想します!

そして存外速く(?)樹林帯を抜け、金峰山小屋に到着しました。
ここにはWCが3箇所に設置されてて有難いです。手洗い用の水も備えてくれています。

 金峰山小屋に到着  この後は展望のある登り

この後は岩ゴロゴロの急登。
でも展望はいいし、高度がどんどん上がるし、楽しいです。
常念岳への登りを思い出したりしました。もっと厳しかったですが。

 ガスが湧いて来ました・・・  小屋もガスの中

あら〜っ!大好きなキバナシャクナゲです!かわいいなぁ・・・。
ちょっとヒカゲツツジにも似ている、やさしいクリーム色の花。うれしいな!
あらっ、こちらにはイワカガミ、まだ咲き始めたばかりです。

 キバナシャクナゲ  イワカガミ

足元にお花が出て来て、登りもワクワク楽しくなって来ました。
下って来る人との行き違いで待ってる間に、シャッターを大急ぎで押します。

 コケモモ
 ミネズオウ

眼下に見える小屋の屋根が、小さくなって来ました。
山頂はもうすぐ!

 山頂はもうすぐ

でもねぇ・・・辿り着いた山頂は狭く、足場も危なくて、留まってはいられませんでした。沢山の人やし。
そのまま通過したという感じ。それにガスで展望無いし・・・。
(思えば昨年の苦労して登った北岳も、そうだったなぁ。
やっと辿り着いた山頂は人がいっぱい、ガスで何も見えないし、通り過ぎてから振り返って山頂を写したのでした。)

 混雑する山頂を下りて・・ 五丈岩へ 

五丈岩まで下りて、ここで早いお弁当タイムです。
五丈岩周辺は、まるでこの岩のための広場みたい。
人も多いですが、広いからどこにでも腰を下ろせます。
残念ながらガスで富士山も遠くの山々も望めませんでしたが、五丈岩をたっぷり眺めつつお宿で出してくれたおにぎりを食べ、コーヒーを飲みました。

 西に富士見小屋からの縦走路

西に昨日通った、富士見小屋からの縦走路が見えています。
田中陽希くんは、この道を通って(殆ど走って?)金峰山に来たのやね〜。
普通の人なら富士見小屋から4時間ほどらしい。気持ち良さそうな稜線です。

下山して行く目の前に、きれいな三角の形の小川山が見えています。
一見なだらかそうな山容ですが、右下の方は荒々しい岩峰がひしめきあっています。
これが朝お宿の上に見えていたのやね。

 小川山  名残り惜しく下山

こちらも面白いオブジェの大岩のある、金峰山小屋広場まで下りて来ました。

 小屋広場の大岩

小屋に泊まれば、落日もご来光も見る事が出来るなぁ・・・。
内部は見ずじまいでしたが、小ぎれいなイメージの小屋でした。

さぁ、私たちは再び下山。

 きれいな小屋です  再び樹林帯を歩く

やはり下りは速い。
キバナノコマノツメやゴゼンタチバナが出て来たら、もう間もなく林道です。

 キバナノコマノツメ群生  咲き始めたばかり ゴゼンタチバナ

『下山後のお風呂は、大勢が一度には入れないので、疲れていない人は早足で歩いて到着順に入って下さい』ってガイド氏が言い終わらぬ内に、健脚の人たちはダッシュ!
標準タイムの1,2倍どころか、田中陽希くんばりの早足で、すぐに見えなくなってしまいました。
私たちは後の方のゆっくりの組、それなりに速く歩いたつもりではありますが。

 林道を歩いて  金峰山荘周辺の廻り目平キャンプ場

ともあれサッパリと入浴も済ませ、甲武信ヶ岳のメンバーとも合流して、金峰山荘を後にします。

地元川上村のスーパーにてお買い物をし、長坂ICに入ったのは16時。
帰宅は日付も変わった深夜1時40分ごろになりましたが、楽しい山旅でした。

来年も1回くらいは、利用させてもらいたいです。
どこのお山にしようかな?

 ガイドの林さんと お世話になりました