2015年06月24日
東赤石(1,706m)
瀬場登山口 瀬場谷一本橋 トラバース道分岐 東赤石 東赤石三角点 八巻山
6:50 7:55 10:08 10:50 10:55〜11:25 12:10
キノコ岩 赤石山荘 二本橋 瀬場谷一本橋 瀬場登山口
12:23 12:40〜12:55 13:50 14:35 15:30

今年は花の開花時期が早いですね。
梅雨特有の、どんよりしたうっとうしいお天気が続き、”梅雨の晴れ間”なんて日は無いような毎日。
雨&曇りマークの並んだ中で、何とかお日さまマークが見られる本日は東赤石
何と言ってもタカネバラに会いたい。
そしてオオヤマさまにも。ユキワリソウもまだ残ってるかな?

瀬場登山口  八間滝手前カーブのヤマツツジ  一本橋でひと休み

まずは一本橋にてひと休み。
この辺のヤマアジサイは、ほんのり色付き始めてるといった所でした。

 大木の根元にこんなキノコ  橋を渡って右股へ

右股に進み谷を渡渉し、薄暗い樹林帯の中を登って行きます。
蒸し暑くて汗が落ちますが、時折流れて来る風がひんやりと快い。
今日は折角余分に持って来た水分(500cc)を、車内に忘れて来てしまいましたが、このルートは水場も多いし、まだ真夏ではないですからね・・・手持ちの水分で間に合いそうです。

 谷沿いを行き  谷を渡り・・

最後の渡渉を過ぎて登りも本格的になって来た頃、ワーイ!!早くもタカネバラがお目見えです。

ナルコユリ(アマドコロ?)  今日初めてのタカネバラ登場!

この先次々と現れて、足取りも幾分軽くなります〜♪

 こんにちは〜

 ヤマアジサイ  咲いてます!

花びらが地面に散っていますが、まだまだ蕾もあります。

 開きかけ  葉っぱに隠れてちょっと恥かしげ

うれしい眺め!
辺りには香しい匂いが漂って、疲れも忘れるひとときです。
はるばる登って会いに来たい花ですよね!

 満開〜!

タカネバラに負けじと、ヤマアジサイやヤマツツジ・フジイバラ・・・競演しています。

 芳香が漂う
 ”私も見て”とフジイバラ

花のお蔭で、いつの間にかトラバース道出会いまで来ていました。
シライトソウも出て来ました。

 定番の眺め

そして定番の眺め、昨年はここにバラが無くてちょっと寂しかったですが、今年はちょうどで良かったです!

  コウスユキソウ 

後もう少し・・・東赤石への急登を登りますが、この道は次々にお花が出て来て楽しいです。
高度もどんどん上がるし。

 ウスノキ(?)  キバナツクバネウツギ

八巻山の岩稜が左手に見えて来たら、山頂はもうすぐ。

 西に八巻山

山頂の岩陰では、イワキンバイが咲き始めています。

 東赤石山頂  イワキンバイ

三角点まで行きお弁当タイム。
思い思いの場所に座り、爽やかな風を受けながら楽しい時間を過ごします。
今日のメンバーには、このルートが初めての人・この時季の東赤石が初めての人がいて、喜んでくれています。
良かった、良かった。

 イヨノミツバイワガサ  三角点

この後の八巻山へは、楽しい岩稜歩き。
シコクギボウシも、あちこちで花咲く準備中です。

 ヒロハヘビノボラズ  シコクギボウシ

タカネマツムシソウも一つだけ見つけました。楽しみですね!

 タカネマツムシソウ  キバナノコマノツメ

空が暗くなって来て不安になりましたが、やがてまた明るくなってホッとします。
先日(5/10)の縦走時には気が付かなかったモアイ像も、今日は見る事が出来ました。

 モアイ像の岩

八巻山から振り返る東赤石は、ガスに隠れてしまいました。
緊張はしますが、この岩尾根の歩きは楽しいですよね〜下りなくていいならねぇ・・・。

 八巻山へ  東赤石はガスに隠れる

しかしこの後はひたすら下山です。
山荘までの岩場の下りは、お花があって楽しい。

 八巻山を下る  岩場の花を撮影

ユキワリソウも、まだ咲き残っていました。

後で分かった事ですが、この時すぐ後方にはエントツ山さんが歩かれていたのでした。
私たちは全く気付かず、エントツ山さんの方も私たちだとは分からずで、超ニアミスで残念な事でした。

 ユキワリソウ  ロックガーデンのタカネバラ

山荘が近付くと、初めて来た時雨で小川状態になっていた登山道に咲いていた”クリーム色のイワキンバイ”が思い出されますが、今日も見る事は出来ませんでした。
もう一度あのイワキンバイに会いたいものです。

 山荘へと  ベニドウダン

山荘手前には満開のベニドウダン。
今年はこの花も少ないようで、こんなに沢山花を付けてるのを見られて良かったです。

そしてオオヤマさま。
山荘下の木は、昨年はこれまで見た内で一番沢山花を付けていましたが、今回は花は見つかりません。
蕾が2個ありましたが・・・。
でも、山荘裏手に回ると咲いていました!良かった〜!!
気品ある純白のオオヤマさま、一生懸命写しました。

山荘からの下山路にあるオオヤマレンゲの小振りの木は、もう花は終わっていました。
来年また来るからね〜待っててね!

 純白のオオヤマレンゲ

さあ・・・長い下山の始まりです。

 キノコ赤ちゃん  成長したキノコ

いつもながら二本橋から一本橋までの間がイヤです・・・。
ザレた斜面をジグザグジグザグ・・・果てしなく続くジグザグの下降の長い事!
一本橋が見えて来たら、心底ホッとします。まだここからも長いけどね。

でもWさんは『これまでで一番短く感じた』って言ってくれました。
そうやね・・・回数を重ねる毎、そして仲間と歩けばこそ、長く苦しい道も歩けます。

 二本橋  一本橋  無事下山

長い行程ではありますが、魅力いっぱいの東赤石。
今年も沢山のお花に会えて、皆で楽しく歩く事が出来ました。
出来ればシコクギボウシやタカネマツムシソウの咲く頃にも、また行ければいいのですけどね。

”梅雨の晴れ間”とまでは行かなかったけれど、雨にも遭わず良い時に登る事が出来て良かったです。
お疲れさまでした!