2015年06月29日
手箱山(1,806.2m)
大滝の滝登山口 尾根の三叉路 氷室番所跡 大岩の門 手箱山 手箱越
7:25 8:55 9:30 11:00 11:10〜11:50 12:35
名野川分岐 名野川登山口 大滝の滝登山口
13:05 14:20 15:15

今日こそはまさに”梅雨の晴れ間”です。
『大滝の滝からの手箱には、まだ登った事が無い』というメンバーの提案で、先週末に決まった手箱山行き。
天気予報は当日が近付くにつれ良くなりました。
日の出と同時に、自宅を出発。
今日の好天気を象徴するような、久しぶりに見る眩しい太陽です。うれしいな。

大滝の滝からの登りはしんどかったけれど、今日のこの好天気に家にいたらギリギリ歯ぎしりしてそうです。
ま、ゆっくり歩けば何とかなるでしょう・・・。

大滝(おおたび)の滝  ユキザサ(?)

先月は、キシツツジがきれいだった名野川を渡って、いざ出発します。

今日は三角点のある京組山はパス。
氷室番所跡に寄り道して、長い登りを忍・忍・・・登って行きます。

 橋を渡って出発(写カツオ氏)  西黒森が見えて来る

出発から約3時間、やっと展望が開ける稜線まで登って来ました。
快適な笹原が広がります。

 やっと稜線に出る 瓶ヶ森〜伊予富士遠望  西に中津明神・雨ヶ森

白いアザミが咲いていました。
虫もいるけれど、閉口するほど多くはないです。何より風が気持ちいい。

あつ!白いアザミです  山頂は見えてるけど・・・しんどい登り(写わかめさん)

やがて大岩の門が見えて来ました。
もう山頂は近いです。

 大岩の門が近付く

この辺りの眺めは最高です。
登って来たしんどさも忘れる眺め・・・。

 雨ヶ森  うれしい青空

大岩にも登ります。
ここは素通りしたら勿体ないですよ〜。
岩の上にはイワキンバイ等のお花もありました。

 イワキンバイ チャボツメレンゲ(?) 

広がる視界・・・今しがた登って来た道を見下ろします。
高い所は気持ちいいですね!
(と言う割には、登るにも下りるにも介助のいる自分ですが)

 いい眺めです!  歩いて来た尾根

大岩から下りて、もうひと登りすると、また違う眺めが広がるのが嬉しいです。
右手には瓶ヶ森〜伊予富士〜平家平・・・四国の尾根が望めます。

ここまでもしや?とオオヤマレンゲを探しながら歩いて来ましたが、見つけられなかったです。

 この笹原の道もいつか歩きたい
 山頂へ

そして到着。今日は他には誰もいない手箱山頂、のんびりとお弁当を広げます。
手箱山頂は、きれいに草が刈られていました。三角点方面も。
石鎚山のお山開きも、もう目の前ですね。

本日は手箱山ピストンの計画でしたが、ここでちょっと変更。
名野川登山口に下りて、林道歩きで帰る事になりました。

 石鎚山 手前岩黒山

休憩後手箱越へと下りて行きます。
尾根道には、オオヤマレンゲの木はいくつも見られますが、小さい木が多くて花はないです。
手箱山にもオオヤマレンゲが咲く、って聞いたのですが、どの辺りなんでしょうね?
私たちには見つけられませんでした。

 ナナカマド  見事なヒメレンゲ

でも、こんなステキな”自然の贈り物”に出会えましたよ。
苔むした古木や石に、かわいいヒメレンゲが着生しています。
自然の織りなす造形には癒されます!

 自然の成せる芸術

きれいに刈られて歩き易い道を進みます。
ちょっと雲が広がって来ましたが・・・?(一時的なものでした)

 きれいに刈られた道  筒上山は今日はパス

筒上山は今日は眺めるだけ。
道場横を通りトラバース道を歩きます。
キレンゲショウマは蕾を付けていました。楽しみですね。

 手箱越  キレンゲショウマ

トラバース道分岐から名野川へ。
ゴヨウツツジは今年は未練が残ります・・・もっとじっくり見たかったな〜。
でも若葉がとてもきれいでした。来年また咲いて楽しませてね。

シャクナゲ尾根を下り、川を渡り、最後の朽ちかけた橋を渡れば、もう下山口は近いです。

 若葉が美しいゴヨウツツジ  最後の橋を渡る

しかし今日はここに車は待っていない。
これから約40分の林道歩きです。
まぁねぇ・・・車だったら目にも留まらない滝とか、迫り来る切り立った岩とか、歩いてこその眺めが見られました。

 落石防止のネット張りの作業中 ご苦労様です  見納めのヤマツツジ

ヤマアジサイもいろいろ咲いていたし、マムシさまにも遭いました〜。
前方に見える形のいい山は、何て言う山かな?
土佐のマイナー山A(春野公麿呂著)に出ている越裏門鷹ノ巣山でしょうか?
(『弥生人と天狗が住まわった岩山』というタイトルが付いています。登ってみたいですね)

高知県の山、まだまだ知らない山がいっぱいです。山ばっかりだもんね。

 ヤマアジサイ  越裏門鷹ノ巣山?

白猪谷からの流れ(吉野川)と合流する場所では、橋の架け替え工事中(時間制限の通行止め)でした。
その先でも落石防止のネット張りの作業中、お世話さまです。

林道歩きもあったから、今日は結構歩きました。
林道歩きは苦手ですが、お天気良かったからね〜〜
車が来たら便乗させてもらおうと思っていたけど、1台も来ませんでした・・・。
何とか大滝の滝登山口まで戻り、美味しいお水もたっぷり汲んで帰路に着きました。

高知県最高峰の手箱山、高知県側から登るこのルートは長いですが、味わい深い道です。
季節を変えて、また登りたいものです。
梅雨の晴れ間の、楽しい山歩きの一日でした。