2015年07月03日
一ノ森(1,879m)〜 槍戸山(1,801m)
龍光寺登山口 剣神社 追分分岐 にくぶち峠分岐 一ノ森 槍戸山
8:50 8:55 9:50 10:40 11:00 11:40〜12:05
一ノ森 行場分岐 刀掛の松 西島駅 見ノ越
12:55 13:05 14:10 14:20 15:00

手箱山に行って帰宅した日、一ノ森へのお誘いをもらいました。
7/3にショウキランが目的で、コリトリから行くとの事です。
コリトリからは、前々から歩きたいと思っていた道で、グランマー啓子さんの過去レポで見たりして憧れていました。
でも・・・翌日の7/4には梅ヶ市〜二ノ森の計画が入っている・・・二日続けてはしんどいなぁ・・・。
迷いましたが、この梅雨時で両日ともに曇り&雨の予報です。
”どっちかが中止になるかも?それに遠征したら2・3日は連続で歩かないかんものね”
と、参加させてもらう事にしました。こんな機会逃したくないです。

さて当日朝は曇り空、でも美馬地方は晴れ間もありそうな予報です。
6時に南国ICに入り、一路祖谷方面へと。
本日は車2台参加者8名、1名はコリトリから見ノ越へ戻って別行動、後に一ノ森で落ち合う予定です。
見ノ越のこのトンネルも長い間通行止めになっていましたが、やっと通れるようになったのやね。
トンネルから抜けたら高度感満点の眺め・・・崩落の爪痕も生々しく残っています。
トンネルからコリトリまで10km、ずい分下降したカーブの橋の所に標識がありました。
ここがコリトリなんやね〜〜やっと本日来る事が出来ました。

ここから再びクネクネ道を上がって行きます。
やがてカーブになった広い場所に到着。
更に上までも車で行けるようですが、工事中なので本日はここに駐車。

駐車地点からの眺め  カーブの広くなった所に駐車  門をくぐって

以前にくぶち橋から登った時に、にくぶち峠から対面に見えていた龍光寺
ここから登って行きます。

 厳かな佇まいの龍光寺  上に剣神社 この左手奥から出発

いきなりの登りが続きますが、歩き始めて約40分後にお目当てのショウキラン登場。
登山道脇に咲いていました。これだったら見落とす心配もないです。
皆大喜びで撮影。

 ショウキラン  ヒメシャラ

その後広くて深い森の中を登って行きます。
追分までやって来た所でコーヒータイム。
右手に行くと行場に出るようです。お花畑もあるらしい。(現在は通行止め)
木々の向こうに剣山の山頂小屋が、遠く望めます。

ひたすら登る・・  追分でひと休み

追分から右手に進んで行くと、広々したなだらかな場所に出ました。
青空も出て来て、陽射しが暑い。
でもまたすぐに樹林帯へ。
かつての表参道とは言え、なかなかの登りが延々と続きます。
苔むした倒木の森は、とても雰囲気がいい。

 なだらかな場所に出る  再び深い森の中の登り

やっと、にくぶち峠からの道との合流点まで登って来ました。
前はここで、一ノ森北面にびっしり着いた初霧氷に、歓声が上がったなぁ・・・。(2012・11)
あの時は剣山で遭難騒ぎがあって、ひっきりなしにヘリが飛んでいましたが、今日もヘリの音が聞こえます。
これは建て替え中の、剣山山頂小屋の荷揚げ(荷下ろし?)のようです。

ともあれ、ここまで来たらもう着いたようなものです!

 にくぶちからの道と合流  視界が開ける

待望の青空!
ああ、来て良かったです〜!
今日もこんな青空に出会えました。

 待望の眺め!

笹原を一歩一歩踏みしめて歩きます。
最高の気分!
これがあるから、しんどい登りも何とか登れるのよね。

 うれしい青空  ヒュッテ前のシコクフウロ

一ノ森ヒュッテ付近では、夏のお花が花開く準備をしていましたよ。楽しみですね!

 一ノ森山頂

一ノ森山頂からは、360度どこまでも続く山並みを楽しみます。

 剣山  一ノ森ヒュッテ

先へ進み三角点を経て、槍戸山へと。

 山頂を後にして槍戸山へと  端麗な姿の次郎笈

いつ見ても美しい姿の次郎笈を右手に、尾根を下って行きます。
(登り返しがしんどいなぁ・・・)

槍戸山にはこれで6回目かな?この山には、いろんな思い出が詰まっています。
剣山の賑わいをよそに、静かな佇まいの山頂。
私にとっては、思い入れのある山です。

ここで思い思いの方向を眺めながら、お弁当タイムを過ごします。

 五葉松の大木 槍戸山山頂 

見ノ越からスタートした1名は、一ノ森に到着したようです。
槍戸山からゼイゼイと登り返した大きな岩の上で、8名が合流。
青空はこの頃には無くなってしまいました。

 槍戸山への尾根を俯瞰

その後再び二手に分かれ、私たち(4名)は行場経由で見ノ越へと下りて行きます。
後の4名はコリトリへ下山。

 行場のオオヤマレンゲ  ヒメフウロ

行場ではオオヤマさまもまだ咲き残っていました。
キレンゲショウマの蕾も膨らんで来ていましたよ。

 コナスビ(?)  キレンゲショウマ

行場から刀掛の松までの登りは、しんどかった〜。
登山道上にクサタチバナが見えていましたが、傍まで行く気力が無くてズームでズボラをしました・・・。
やっぱり傍まで行けば良かったと反省です。

草むらの中にキノコみたいなショウキランも見つけました。

 クサタチバナ  ショウキランの赤ちゃん

その後は、もうこそ下るばかり。
無事見ノ越の剣神社へ下山しました。

 キンロバイ  ギンロバイ

帰路には旧道に入り、龍宮崖公園に寄り道しました。
懐かしいなぁ・・・家族で吊り橋を渡ったのは、もう30年程も前の事になります。
吊り橋はあの時よりも、新しく頑丈になっているみたい。
周囲の景色は変わらないけれど、人間は歳を取りました。

 合歓の花(龍宮崖公園)

今日は念願だったコリトリからの道を歩き、ショウキランにも会えました。
静かな一ノ森や槍戸山・・・眺めもいいし、何度でも行きたい山です。
青空にも恵まれて、楽しい山歩きの一日でした。