2015年07月22日
白馬岳A
白馬岳
(2,932m)〜小蓮華山(2,769m)〜白馬乗鞍岳(2,436m)〜栂池ヒュッテ
白馬山荘 白馬岳 三国境 小蓮華山 船越ノ頭 白馬大池 白馬乗鞍岳 天狗原 栂池ヒュッテ
6:00 6:25 7:35 8:40 9:40 10:35〜11:10 11:50 13:20 14:45

昨夜は外は強風が音を立てて唸り、稲光も光ったりして、どうなる事かと心配しながらウトウトと細切れの浅い眠りの夜を過ごしました。
4:20 朝食前にご来光を見るため外に出ます。
折角用意したのだからと、フリースのジャケット(薄手)&手袋を着けニット帽も被りましたが、寒くない。
ヘッドランプも装着して万全の出で立ち(?)にしたけど、外はもう明るくて不要でした・・・。
明けつつある空は晴れ渡り、風もそう強くはないです。なんて幸運!
但し本日は午後にはお天気は崩れる、という予報のようです。

空荷とは言え起き抜けの身に急登はしんどくて、白馬岳山頂までは行かず、少し手前にある松沢貞逸翁レリーフのある場所から日の出を待つ事にします。

4:25 日の出前  白馬山荘を見下ろす 右後方剱岳

雲海たなびく山並みからの、素晴らしい日の出。
メンバー一同、感動の面持ちで眺めます。
私以外のメンバーは皆白馬岳は初めて(かく言う私もまだ2度目ですが)、こんな素晴らしいご来光を見る事が出来て嬉しいです。

 4:41 ご来光です!  朝日に染まる斜面

遥か遠くに富士山、その右手には北岳等が雲の上に浮かんでいます。
山荘へと戻る目の前には影白馬の大きなシルエット。
贅沢な眺めです。
ただ、西の方の山の上には笠雲が出ていて、この後お天気が崩れて行くのを予告してるよう。

白馬山荘から白馬鑓までは往復約3時間だそうですが、その後の今日の行程を考えるとちょっと心配・・・。
今回はもう見送る事にし、朝食後は下山にかかります。

 
 雲海の彼方に富士山  毛勝三山の上に影白馬

下山とは言え、登っては下りての繰り返し。
まずは今回の主役白馬岳へ!
日本海まで見えるし、昨日歩いた大雪渓も見下ろせます。

白馬岳からの下りでは、雷鳥さん親子にも会えました。

白馬山頂より大雪渓を見下ろす  雷鳥さん親子

足元には、昨日とはまた違ったお花も見られます。
フワフワの綿毛を風になびかせているツクモグサは、何とかまだ咲いているのにも会えました。
コマクサも現れました。

振り返る白馬岳 

360度どこを見ても展望はいいし、お花は次から次へと現れて、何度も足が止まります〜。

 
 北側に日本海  三国境

南からはガスがどんどん上がって来ています・・・でもね〜この眺め!
足を止めずにはいられないですよね。

 お花畑と白馬三山

厳しい条件の中で咲く可憐な(でも強い)お花に会える喜び。
どのお花も見飽きる事がありません。

 ミヤマダイコンソウと北に連なる山々

感動の連続の稜線歩きです。

 ハクサンフウロと白馬三山

青空だった空は、徐々に雲に覆われて行っています。(下山まで持ってくれたらいいけど・・・)
こんな日の稜線歩きは最高ですが、ここでひとたび天候が急変し悪化したら・・・逃げ場が無いですよね。
山旅は、特に私たちのような軟弱中高年登山隊には、何と言ってもお天気の良い事が一番です。
展望とお花を満喫しながら、しみじみ思った事でした。

 
 分厚い雪渓が残る  ピークを登っては下る

白馬大池まで何とか下りて来ました。
ここでお弁当タイムにしますが、今日も¥1,100のお弁当は1/3程しか食べられません。
(次回からお宿のお弁当は止めようと思います)
でも、猿倉荘でも白馬山荘でも、熱いお湯がもらえたので美味しいコーヒーを味わう事が出来ました。
有難い事です。沢山の登山者なのにね。

  白馬大池

 チシマギキョウと山並み(山名が分かりません)

お花畑を見ながら至福のコーヒータイムでした。

 
 白馬大池付近の残雪  お花畑を眺めながらお弁当

再び出発し、最後のピーク白馬乗鞍岳に到着した頃には一面ガスの中となりました。
この後の雪渓下りも残雪の量が多くアイゼン装着、緊張の下りとなりました。
雪渓が終わった辺りで、とうとう雨となり雨具着用。
もう写真どころではなくなりました・・・。

やっと天狗原まで下りて来て、”ああ、後もう少しや・・・”なんて思ったのでしたが、ここから栂池ヒュッテまでの下りの長かった事!
(前回は栂池ヒュッテからのスタートだったので、歩き始めだし気合いも入ってるから短く感じたのでしょうね)

やっと栂池ヒュッテに着いた時は嬉しかったです。
まだこの後ロープウェイ経由で下りて行く人が『今夜はここにお泊りですか?いいですね〜』って。
ほんと、ここに宿泊にしていて良かったです。
16時のお風呂開放を待ちかねて、何はともあれ汗を流し人心地着いたのでありました。

  白馬乗鞍岳  残雪の多い斜面を下る  今夜のお宿 栂池ヒュッテ

無理して白馬鑓往復を加えていたら、もっと大変な下山になっていた事でしょう。
天候と、自分たちの体力とも見合わせて、的確な判断だったと思います。
(予定では栂池自然園散策の時間も取っていましたが、雨で取り止めました)

かくして短い山旅は無事終了。
計画してくれたメンバー、車を提供し運転してくれたメンバー、一緒に歩いてくれたメンバーに感謝!です。

初めての白馬大雪渓は楽しかった!また歩きたいし、稜線ももっといろいろ歩きたいです。
歳は増えて行くばかりですが、来年もまたアルプス(北?南?)を歩けたらいいな!!

今日のお花

咲き残りではありますが、会いたかったツクモグサがまだ咲いていたのが嬉しかったです。
コマクサ始め、次から次へと現れる色とりどりのお花に、歓声が上がりっぱなしでした。
天候が悪化し始めた時に出会ったタカネバラ、緊張の雪渓の下りで出会ったキバナシャクナゲ、とても元気をもらいました。

 
 チシマギキョウとイワツメクサ  イワウメ
   
 ツクモグサ  ミヤマアズマギク
   
 イワベンケイ コマクサ 
   
 シナノキンバイ  ミヤマダイモンジソウ
   
 ミヤマアキノキリンソウ  タカネヤハズハハコ
   
エゾシオガマ  タカネナデシコ 
   
 シナノオトギリ  ハクサンコザクラ
   
 ハクサンシャジン  イワイチョウ
   
 チングルマ  ゴゼンタチバナ
   
クモマスミレ タカネバラ 
   
キバナシャクナゲ  イワカガミ