2015年12月27日
 工石山(1,176.4m)
妙体岩登山口 南の頂上 北の頂上 赤良木園地 賽の河原 妙体岩登山口
11:10 11:50〜12:20 12:50 13:15 13:40 14:05

今年もいよいよ押し迫って来ましたね。
クリスマスも終わった暮れの慌ただしい時に生まれた私も、ついに前期高齢者となりました〜。
歳は取りたくないですが、こればっかりは仕方ない。
具合の悪い所も増えるばかりですが、とりあえず元気で誕生日を迎えられるのは幸せな事です。

今年も度々登らせてもらった工石山。
65歳になった報告(?)に、誕生日の翌日工石山へ行く事にしました。(今年15回め)
山友さんたちも付き合ってくれて、有難い事です。
お天気も上々。
ところがところが・・・待ち合わせ場所から出発後間もなく、上り坂走行中に車がエンスト・・・!!
もう18万km近く走ってる愛車、今年は故障が多い(出費も多い?(´ρ`)・・・)です。
JAFのお世話になり、自動車修理屋さんに移動したりで、約2時間のロスになってしまいました。
行き先が工石山で、故障場所も高知市内で良かったですが、メンバーには多大な迷惑をかけてしまいました。
ごめんね。

というハプニングがあって、予定より大幅に遅れた出発。
今日は妙体岩からの周回の予定です。

ふるさと林道沿いの登山口 見上げる妙体岩 

ふるさと林道から見上げる妙体岩。
登ってみたい気もしますが、また次回に・・・。

 遥か浦戸湾からも見えるそうです・・・

まずは神社へと続く石段をヨイショ・ヨイショ・・・しんどい登りです。
最初の出発から時間も経過したので、お腹も空きました。

 まずは石段を登る  アカガシの巨木

このコースは山頂までの最短コースなので、今日は有難いです。
本来なら赤良木園地辺りでお弁当の予定だったけど、もう南の頂上に着いたら即お弁当にしなくては。

大ヒノキ 

いつもの大ヒノキ(とは言っても久しぶりですが)を過ぎたら、山頂はもうすぐ。
楽しそうな話し声が聞こえて来ました。
本日の南の頂上、賑わっています。
若い人たちで活気が溢れてる〜。
挨拶を交わし、おばさんたちは隅っこのベンチで脇目もふらずお弁当タイムに突入したのでした。
(という訳で、この時じいじさんたちがいた事には、全く気が付きませんでした・・・)

 賑わう南の頂上 人の姿も無くなった山頂 

お弁当の後は、迂回路から北の頂上へ。
こちらも趣きのあるステキな道なのですが、あんまり歩く人はいないみたい。
私も単独の時には歩きません。
初めてのメンバーもいて、『いい道やね!』って気に入ってくれたようです。
アケボノやシャクナゲの頃に、また歩いてみたいものです。

 北の迂回路の大ヒノキ 

30分程で北の頂上へ。
今日はお天気はいいのですが、視界はぼやけています。(いまいましいPM2.5のせい?)

 北の頂上  北の登山道の守り神さま

勝手に命名している北の登山道の守り神さまに挨拶&お願い事をして、その後はトド岩から展望を楽しみ、ヒノキ風倒木から本日は赤良木園地への道を行きます。
こちらも普段はあまり歩かないけど、なかなか奥の深い(?)道ですよ。

 赤良木園地への道のヒメシャラ

赤良木園地が近付いて来たら、話し声が聞こえて来ます。
さっき南の頂上ですれ違った人たちみたい・・・あらぁ!!何とじいじさんではありませんか!
ここでまた出会わなかったら、すれ違いのまま終わる所でした。
赤良木園地でお弁当の予定、そして下山後は忘年会だとか。
紅一点のステキな美人の(しかも若い!)女性が、新メンバーの方のようです。
皆さんの楽しそうな笑顔も頷けるというものです。

次にお会いするのは、さてどこのお山でしょう?楽しみにしています。

 赤良木園地展望台より シャクナゲの凱旋門 

私たちはヒノキ屏風岩に下り、賽の河原へと。
この冬は暖か過ぎる気温が続いているので、アケボノツツジの蕾も例年より膨らんでるように思います。

 ヒノキ屏風岩 西に妙体岩 東にはアケボノの蕾 

賽の河原から下山。
ヒメシャラの明るい色が森を引き立てています。
春にはツツジも沢山咲くこの道、連れがいる時には、また歩いてみたいものです。


 賽の河原 サンショウウオはいないかな? 鳥居と石段が見えて来て一周終了 

程なく出発場所の妙体岩まで戻って来ました。
遅い時間からでも、充分楽しめる工石山。
今日は久しぶりの妙体岩コースを、楽しく歩けました。

いつも”ギッチャンの山歩き”をご訪問下さり、ありがとうございます。
来年もマイペースのゆっくり歩きで、いろんな山に登りたいものです。
皆さま良いお年をお迎え下さいね。