2016年01月10日
 雪光山(925.9m)
柿ノ又登山口 敷ノ山分岐 手水分岐 雪光山頂上 手水分岐 柿ノ又登山口
9:00 9:45 10:05 10:35〜10:55 11:10 12:00

本日は初例会。
恒例の七草粥山行です。行き先は先月下見をした(旧)鏡村の雪光山
年明けにも登られたカツオ氏の情報によると、下山後移動する平家の滝公園では、紅梅が八分咲きだそうで楽しみです。

柿ノ又登山口には七草粥スタッフの車だけ置いて、他のメンバーは手前の滝と登山口との分岐から歩きます。
歩いても、ウォーミングアップにちょうど(?)位の距離です。
参加者が多いので、本日も2班に分かれての行動。
私たちの班が先に出発します。

 
 柿ノ又登山口へ  登山口より

朝はいつも寒さを心配しますが、今日も暖かいみたい。
登り始めたら、すぐに暑くなりました。

 敷ノ山分岐のアオキ

敷ノ山分岐でひと休みの後、雑木林の中の急登をひたすら登って行きます。
結構しんどい登りですが、年明け初めての例会でメンバーの会話も弾んでいるようです。
皆で歩けば、しんどい登りもエンヤコラですね!

登りが続く  急登です 

手水分岐までやって来たら、後はもう少し。
さすがに木々の紅葉はなくなり、葉を落としてしまっています。1月だものね。

相撲場もありかつての交流の場であった大岩のある尾根に出たら、やれやれという所。
本日雪光山が初めてというメンバー3名に、前を行ってもらいます。

 手水分岐 ここまで来たらやれやれ 

ほどなく山頂に到着。
ひとまず山頂北側の岩場まで下りて見ます。
雪を被った四国山地の山並みは見られなかったですが、まずまずの展望。

 雪光山山頂  北側の展望岩

その内もうひと組も到着して、狭い山頂は人でいっぱい。
恵比寿大黒さまにまとわりついて総勢27名、記念写真に納まりました。
大黒さまもびっくりされた事でしょうね。

 白くない四国山地の山並み  山頂南より

下山も快調。
足元に注意しながら下って行きます。

 足元注意 両側に石垣や廃屋の残る斜面 

里山にはまだまだお花もあります。
アオキは”アオキ林”みたいに至る所で、赤いきれいな実を沢山付けていました。

 ヤブミョウガ  アオキがいっぱい  シマカンギク

そして予定よりも1時間早く下山。

この後平家の滝公園に移動して、お楽しみの始まりです。
私たちは徒歩で移動、歩いても20分程でした。

カツオ氏の情報通り、八分咲きの紅梅が出迎えてくれました!

 下山後はお楽しみの平家の滝へ移動 滝周辺の散策へ向かうメンバー 

七草スタッフが手際よく準備に取り掛かります。
その間に滝周辺を散策したり、梅の花を観賞したりする他のメンバー。

 七草粥を作るメンバー 紅梅が見頃

大きなお鍋二つに美味しい七草粥が出来上がった頃、後の班も到着。

 二つのお鍋に(写とんこ氏) 出来上がり! 

広げたシートの上には、メンバー持ち寄りの品が並びます。
手作りの焼き菓子やいちご大福に栗羊羹!果物にお漬物etc・・・私の好物の数の子もあります。
私の一品はイタドリの炒め物。

 持ち寄りの数々のお料理 風も無くお天気良し! 

傍らではコーヒーショップも開店。
マグカップが6個程並んで、順番を待っています。

 こちらはコーヒーショップ開店 梅を愛でながら

心配した風も無く、暖かい陽だまりの中で、美味しい楽しい幸せなひとときを過ごせました。
お代わりもしてくれて、七草粥は完食。

 皆で美味しくいただく  本日のメンバー 今年も楽しく歩きましょう!(写U氏)

楽しかったですね!
集合写真のメンバーの笑顔が、何よりそれを物語っています。

今年もまた皆で仲良く協力し合って、楽しい(そして安全な)山行を重ねて行きたいものです。
お疲れさまでした!