2016年02月27日
 蟠蛇ヶ森(769.3m)
JR吾桑駅 登山口 桑田山神社 鉄塔見晴らし台 蟠蛇ヶ森 鉄塔 神社 JR吾桑駅
8:50 9:05 9:20 10:20 11:40〜12:15 13:10 14:10 14:35

ユキワリザクラ咲く季節となりました。
例会でもこの時季には、ユキワリザクラ観賞を兼ねて、毎年蟠蛇ヶ森(ばんだがもり)の山行計画が立てられます。
檜生(ひそ)から登ったり、朽木峠(くちきとうげ)経由だったり、経路もいろいろですが、今回はJRを利用しての山行。
無人駅の吾桑(あそう)駅に集合というものです。
(強制では無いので、マイカー利用も可。私は車でした。)
JR利用のメンバーは、和気あいあいの車内でのひとときを楽しまれたようです。
まさに”大人の遠足”です。

 吾桑駅に集合  県道を歩き  登山道へ

総勢27名駅から出発、程なく県道沿いの登山口から登山道へ入ると、最初のユキワリザクラが出迎えてくれました。
今回は桑田山神社内にも入ってみました。
入り口に鎮座するのは、狛犬ではなくて鷲。

桑総勢27名の参加   桑田山神社 狛犬ではなく鷲の姿が

この後出店等のある、ユキワリザクラ会場の斜面を登って行きます。
農家の人たちの新鮮な野菜・柑橘類他も売られていて、お取り置きをするメンバーも。
私もいくつかお願いして、まずは登山。

ひと登りして鉄塔見晴らし広場まで来た所で、ここまでの組・山頂まで行く組とに分かれます。
出発時は曇っていた空も、徐々に青空となって来ました。

 鉄塔広場を過ぎて  何度か車道を横切っての登り

しんどい登りの道ですが、畑の中を通ったり車道に出たりと、変化があるし、お花を見るのも楽しみ。
今年もここでコショウノキに会えました。

コショウノキ   見頃です

三角点まで行った後、山頂広場でお弁当タイム。
今日は晴れては来たけど、ぼんやりと霞んでいて展望は今ひとつなのがちょっと残念です。
いつもなら展望台に上がると、雪を被った中津明神などが望めるのですが。

1等三角点   山頂広場

そして再び元来た道を下山。

元来た道を下山   足元注意

下りは速いものです。
菜の花咲く鉄塔広場まで戻って来ました。
ここでまた、車道を歩く組・来た道を戻る組とに分かれます。

フジツツジ   鉄塔広場まで下山

この下りは結構急で、足元にも要注意の道ではありますが、周囲のお花・眼下の眺めが楽しい道でもあります。

ユキワリザクラの横を歩く 

今年はユキワリザクラも菜の花も、何となく例年よりも少ない気もしますが・・・。

車道を横切る   オオイヌノフグリ

日当たりの良い斜面には、小夏・文旦・ポンカン等の柑橘類が多いですが、手入れや収穫は大変な作業でしょうね。

ここは梅が見頃   ポンカンがたわわ

ユキワリザクラの会場まで戻って来ました。
お取り置きしてもらっていた、ほうれん草・里芋・菜の花にデコポン他の柑橘類も買って、一気に荷物が増えました〜。

ユキワリザクラの中で、全員の集合写真を撮り、ここで現地解散です。
桑田山温泉に入る人、夜までいてキャンドルでライトアップされた桜を楽しむ予定の人、いろいろに分かれました。

ユキワリザクラ 

私はそのまま車で帰路に着きます。
国道56号線、かつては四万十市往復に何度も通った道も、高速道が出来た今はこんな時位しか通る事も無くなりました。
月日の流れ、歳を取った自分をしみじみ思います。

来年も変わらずユキワリザクラ観賞を兼ねて、蟠蛇ヶ森登山をしたいものです。
大勢の参加者をまとめたリーダーさんお世話さまでした。
楽しかったですね!

農家庭先の出店でお買い物   ユキワリザクラに見送られて下山