2016年03月13日
 後入山(726.1m)
甫喜ヶ峰風車広場 林道終点 後入山 鉄塔69 林道分岐 観音堂 大法寺
9:15 10:50 11:45 12:05〜12:40 13:00 14:50 15::45

今日は例会で里山歩き。
通い慣れた甫喜ヶ峰から公園外に出て、土佐山田大法寺までを歩きます。
雨で中止?かと危ぶまれましたが、何とか日中のお天気は持ちそうです。
植林帯も多く、展望もあまり無いコースですが、侮るなかれ里山、入り組んだいくつもの道があり、地図読みにはいい実習になります。

本日はまだ入会して間もない会員さん二人が、地図を確認しながら先頭を歩き、その後ろに頼りない私が付きます。
下の画像の出発場所からクルクルの木までに、間違い易い箇所が二つあります。

 風車広場から出発  クルクルの木 本日一番の急登 

まず分かりづらいのが入り口。(下の画像は別の日に撮影したものです)
公園外に出て(@)、30mほど進んだ曲がり角(A)に野鳥観察小屋の案内矢印があり、誰もが道なりにここを右へと進んでしまいますが・・・左手のヤブ(B)に入ります。
今回は少しばかり草木が刈られていて、これまでよりも分かり易かったかな?
とは言え、ここはたいていの人が見過ごしてしまうと思われます。
コンパスの矢印は右手前方を指していますからね・・・前のお二人も納得の行かないお顔ですが。

その後の歩きでは、尾根の下り始めにも要注意。
ここもついついそのまま尾根を進んで(下って)しまいますが、右手に折れます。
1年ぶりの私はもう記憶が薄れていて早く曲がってしまい、ここでちょっとモタモタしてしまいました。

 @風車広場を出て  A30m進んだ曲がり角 B左手ヤブに入る 

その後はまぁ何とか記憶を辿りながら、進んで行きます。
左下の林道に出る所も要注意です。
『これが林道!?』って、前のお二人は驚かれています。車も通れない林道(廃道?)。

尾根より右手林道に出る   要注意のポイントです 

そしてしばらくは林道歩き。
唯一(?)展望がある所まで来たら、再び山道へ。

砲台跡のある場所までやって来ました。
初めてここへ来た2008年には、南に土佐山田の町並み等が望める場所がありましたが、今はもう草木が茂って展望は得られません。

 唯一の北側の展望 砲台跡

この後鉄塔69広場に出て、その先を登れば後入山ですが、今回は左に巻いて赤塚山へと続く林道が見える所まで行き、そこから右手後方を登ります。

狭くて展望も無い後入山山頂。
2年前に来た時にメンバーが書いた山名板も、もう消えてしまっています。
周囲にはクロモジが沢山ありました。(まだ固い蕾)

 林道手前を右手に登れば 後入山4等三角点

山頂から鉄塔69まで戻り、ここでお弁当にします。
下の鉄塔の画像左奥が往路、食後は鉄塔右下を下って行きます。

20分ほど下った所で山と野原の会のプレートのある広場に出ます。(ここにも鉄塔あり)
林道終点になっていて、ここまでは車でも来る事が出来ます。

 鉄塔69で昼食  南斜面を下って林道終点の広場 ここを手前左手に進む

私たちは南へ尾根を下って行きます。

 ミツマタ

ヤブツバキの甘い香りが漂っています。
お山にも春を告げるお花が咲き始めたようですね!

ここから先も分かれ道が何度もあり、、昨年の記憶も消えています〜。(もともと覚えていない・・・)
同じ方向に分かれた道、これが難しい。
この辺りはリーダーや、GPSを持ってる人に頼りっぱなし・・・。

 アセビ  ヤブツバキ

ようやく一軒家のある道まで下りて来ました。
今回はここまでが、以前歩いた時よりも長く感じたなぁ。
この先に武田勝頼のお墓と観音堂があるのやったわ・・・。

 コショウノキ  最奥の一軒家に出る

武田勝頼のお墓には、その縁の方なのでしょうか?武田さんという人が来られていて、お掃除や手入れをされている所でした。

 武田勝頼のお墓 観音堂  

さてさてこの後観音堂から再び山道へ。
歩きも終盤ですが、ここへ来て道を間違えてしまいました。
進む方向に二手に分かれた道、下る方に行くべきなのに、ついついきれいな歩き易そうな道へと行ってしまいました。
(すぐに引き返したのですが、本日の反省です)
この後の下山道は、とても荒れていました。

・・・と、いろいろありましたが、何とか無事に下山。
アスファルトの道まで下りて、ホッとした事でした。

 荒れて浸食の進んだ道  アスファルトの道に下山

下山場所の大法寺に着いた途端、雨粒が落ちて来ました。
まるで私たちが下山するのを待っていたかのよう。

 大法寺休憩所  春を告げるレンゲソウ

デポしておいた車で甫喜ヶ峰まで車回収に行き、全員が帰路に着く頃には、雨は本降りとなりました。

今回のコースはアップダウンも無く大半が下りなので、足の疲れは無かったですが、地図読みの難しさ・里山の難しさを痛感した事です。
後入山周辺は、未だに”あの時歩いたのはどこだったのだろう?”と靄にかかったような記憶の場所があります。
今度は機会があれば違うルートから(平山・東川・・・)行って、とぎれとぎれの記憶をつなげたいものです。

 本日のログ(S氏GPS)