2016年03月20日
 鶏足山(955m)
キャンプ場登山口 岩テラス 鶏足山山頂 重末南三角点 福寿草観賞 キャンプ場登山口
9:25 10:35 10:50 11:40〜12:15 12:55〜13:10 13:20

先日の霧氷に感動した伊吹山は、週末(3/19・3/20)に予定していた大山行きの鍛練も兼ねていたのでしたが・・・
天候の関係で今回は(今回も?)見送りとなってしまいました。
よくよく大山にはご縁の無い私です。
(日を変えて再計画という事ですが・・・この先皆さんいろいろと予定もあるようだし、行けるかどうか?)
そんな訳で、ぽっかり空いた20日は四国は晴れ、春のかわいいお日さまのような福寿草に会いに行く事にしました。
寒峰は多分混み合ってるでしょうし、前から気になっていた三角点に行ってみたいので、鶏足山へ。
この山に初めて連れて来てもらったのは2010年4月
短時間で登れる山ではありますが、変化に富んだ個性的な山だと思った事でした。

今日は途中の五所神社にも寄ってみます。
圧倒的な大きさの大杉、主幹周12,2m樹高30m枝張り東西19m南北21mだそうです。

 五所神社の大杉(写わかめ氏)

神殿の欄間の彫り物も個性的でユーモラスです。

 神殿の彫り物が  何だかユーモラス

なかなか覚えられない鶏足山キャンプ場への道、自分の運転では行き着けないみたい・・道も狭いし。
運転してくれるカツオ氏には感謝です。

今日は鶏足山が初めてのメンバーもいて、『危ない道は避けよう』と言いつつも、前回はユキワリイチゲも一輪咲いてたなぁ・・・なんて思う私。
カツオ氏も『巻き道はどうって事ない。行こう』と、結局今回も行場の巻き道から行く事になりました。

前日は汗ばむ程の暖かさだったものだから、ついつい薄着で来てしまいましたが、今日は寒いうえに風が強い。
福寿草が出迎えてくれましたが、相変わらずの足場の悪さ。
昨日までの雨のせいもあり、ズルズル滑ります。
前回出会えたユキワリイチゲは、今日はまだ早かったようで葉が確認出来たのみでした。

独特な雰囲気の行場への入り口   福寿草第一号発見 

さて・・・記憶はアテにならず、前回はどこから登ったのか・・・?よく覚えていません。
それらしき所は雨の後で岩が滑って危ない、という事で、かなり南下から回る事になりました。

 岩テラスを見上げる

こちらもズルズル滑って要注意、枯木をつかまぬよう注意しながらの這い登り。
私がそっと(?)手を置いたスイカ大の岩がグラッと動き、そのまま落ちて行ったのには肝が冷えました・・・。
それぞれが適当に尾根を目指しての這い登り・・・いきなりの緊張場面でしたが、何とか無事に岩テラス手前のやせ尾根まで出る事が出来ました。やれやれ・・・喉が渇きましたよ〜。

 巻き道より南下から登る ロープで安全確保 

岩テラスへの登りはカツオ氏がロープを垂らしてくれたので、安心して通過出来ました。
そして本日のハイライト、足がすくみますが絶景が待っていてくれました。
霞んでいて、ぼんやりしか見えないのが少し残念ですが。

 岩テラスよりの眺め(南) 岩テラスより北の眺め 

ロープのお蔭で安心して岩テラスを下山。
風が強くてゴーゴー音を立てて唸っていて、岩場ではより臨場感を煽りましたが、ひとまず危険箇所はここでお終い。

 下りも慎重に

やせ尾根をひと登りすれば、鶏足山山頂です。
今日はここから尾根を辿り、三角点まで行きます。
念のため地図の他に、ピオーネさんのレポのコピーと、先日歩かれたばかりのアカリプタさんから提供してもらったログも持って来ています。

コンパスを合わせ先頭を歩いていた私は、かわいいリスさんに会う事が出来ました。
フワフワの尻尾に輝く毛並み、一瞬でしたが嬉しい出会いでした。(先頭の特権??)

 こじんまりした鶏足山山頂 植林帯を抜け  

まだかまだかと思いながら登っていたので、植林帯の歩きを長く感じましたが、ついに抜けました。
『抜けたぞ−!』って言う、むらくもさんのお声が聞こえたような気がしましたよ。

 展望が開ける  ピークまでひと登り

三角点のピークはすぐそこの右手上に見えています。
一週間前には霧氷もあったようですが・・・。
今日はひたすら風が強いだけ。

 重末南4等三角点  中央奥に阿波中津山

眺めを楽しんだ後は、風を避けてピーク南側の斜面でお弁当タイム。
こちらにも道が続いていますが・・・どこにつながってるのかなぁ?
シャクナゲやツツジの木があるので、花の頃はステキでしょうね。

 山頂南西に続く道はどこへ・・・?  元来た道を下山

食後は元来た道を下山。先頭はNさん、続いて私。
一箇所で尾根道を間違えて、カツオ氏に呼び戻されます。
同じ方向に分かれた道は要注意ですね〜というか、進行方向についつい行ってしまい、登って来た道が目に入っていなかった・・・下山は目線が違うので気を付けなくてはね・・・今日も反省です。

 往きには気が付かなかった尾根のヌタ場  福寿草群生地へ

そして本日のお楽しみ、福寿草観賞です。
雪があればねーー欲張ってもいけませんが。

 雪はもうありません

何か前に見た時よりも少なくなってるように感じましたが・・・?
福寿草そのものも、幾分見頃を過ぎているのが多かったみたいでした。

 しめ縄?ねじり鉢巻き? すごいねじれよう 以前よりも減ったみたい・・・ 

キャンプ場まで戻って来て、東屋にてコーヒータイム。
枯葉の中で蠢く何か・・・まぁ!!大きなガマガエルが○○活動をしています。
朝、風の音に混じって犬の遠吠えみたいな声がするなぁと思っていたのですが、何とガマガエルの声だったのでした。
池の方に回ると、あっちにもこっちにも合体ガマガエル・・・複数体もありびっくり。
あまりにもグロテスクで(ガマガエルさんすみません〜〜)写真にも写しませんでした。

・・・と、そんな光景を後に、帰路に向かいます。

 鶏足山キャンプ場  車窓より望む鶏足山(中央右)

車窓から、国道から、今しがた登った鶏足山を改めて眺めた事でした。

 国道32号より望む鶏足山

豊永まで帰って来てちょっと定福寺に寄り道します。
この時季いろんな山野草が見られるので、楽しみな場所です。
今日はお祭りと重なったようで、狭い道に沢山の車・人・・・。
お寺より離れた上の方に車を停めて、境内に入りました。

山里にも春到来ですが、風の強い事!

 山里の春  ミスミソウ

 シロバナショウジョウバカマ  クロモジ

   1パック¥100のおはぎとちらし寿司(写カツオ氏)

お目当ての花は少なめでしたが、地元の人の手作りのおはぎやちらし寿司・団子等が売られていました。
無人販売でどれも¥100.。
昨年もこのちらし寿司を買って美味しかったので、今回も3パック+おはぎ1パックと買いました。
置いてあった場所は風の通り道で、寒かったの何の!
(この日寒風山笹ヶ峰に登った人は霧氷に出会えたようです。)

かくして盛り沢山の本日の山行は終了。楽しかったですね!
運転ありがとうございました。お疲れさまでした。

(大山行きはこの後月末に実施の運びとなりましたが、私は諸事情でパス。どうにもご縁の無い大山ではあります。)

 本日のログ(カツオ氏GPS)