2016年04月15日
 大タヲ山(展望所874m
貝ノ川登山口 林道 大タヲ山展望所 花散策 展望所 林道 貝ノ川登山口
8:50 9:50 11:00〜11:30 11:40〜13:10 13:30 14:10 14:50

いよいよアケボノツツジ咲く季節となりました。
例年工石山から始まるアケボノ詣で。
今年もそろそろ行ってみようと思っていた所、大タヲ山が見頃らしいとのお誘いがあり、喜んで参加させてもらう事に。
葉山村越知町の境にある大タオ山は、越知側からは車で展望所まで行く事が出来ます。
が、今回は葉山側から登るとの事。
どんな道なのかな?楽しみです。

貝ノ川という集落の車道行き詰めに登山口があり、そこから出発です。
しかし朝は登山口の標識を見落としてしまい、行き詰めの畑の横を通らせてもらい、尾根へと出たのでした。

車道行き止まりに駐車 登山口(下山時に確認) 

尾根に出てからは、整備された快適な道。
登って来た反対側(東)にも登山口があり、この周辺にはミニ八十八ヶ所もあるようです。
整備されてはいますが、なかなかにキツイ登り。
雪光山鷹羽ヶ森の登りを連想します。

 明るい尾根道  一旦林道に出る

1時間ほど登って、一旦林道に出ます。
まだ新しい林道のようで、今日も作業をされてる人たちがいました。
いきなりおじさんおばさんたちが現れたので、びっくりされたでしょうね。

ひと休みの後、再び登山道へ。
ガレ場があったり植林の急登が続いたり・・・
膝がイマイチの私は、後ろの端からやっとこさ付いて行きます。
しんどかった〜〜。

目に眩しいヤマブキの黄色   展望所のツツジ 

辿り着いた旧展望所からの眺めは、ちょっと霞んではいますが、最高の眺め!
これまでのしんどさが報われる瞬間です。
大タヲ山山頂は、この展望所より西なのですが、今日はここがピーク。
次は山頂まで行ってみたいです。

お楽しみの花散策の前に、まずはお弁当。
ここより東には新しい展望所(石鎚山が望めます)が設けられ、車道も伸びています。
先日の高知新聞に載っていた事もあり、お天気の良い今日は次々と車がやって来ています。

さぁ!!お弁当も終わり、いよいよアケボノさんにご対面!
いつの間にかトップを歩いてる私。

 南側の眺めが素晴らしい旧展望所  太平洋まで望めます

まずは道沿いにアケボノの大木。
今年初めてのアケボノの前で集合写真をパチリ。

 今年初のアケボノツツジ第一号!

そして岩場の方へ進むと・・・咲いてます咲いてます!満開!
今年は花付きも申し分ないです。

 北側岩場の群落 花付きが素晴らしい 

青空もうれしい。
こんなきれいなアケボノが見られて幸せ。

 きれい〜!

大好きなヒカゲッツジも咲いています。ちょうどの見頃。

 ヒカゲも咲いています! 日向のヒカゲ 

そして青空に輝く若葉の清々しい事!
心も洗われるようです。

 若葉も輝く

岩場を回り、急斜面に作ってくれてる遊歩道を進みますが・・・
いつの間にか遊歩道も無くなり、結局ヤブの中を下って林道を歩き、越知方面からの車道に出ました。
どこでどうなったのか・・・?

 青空がうれしいです

車道からもう一度別の岩場方面に入って、再びアケボノやヒカゲを観賞。

 まだ開き始め  競演

光り輝くアケボノ・ヒカゲ・・・ほんとにきれいでした。
2年前はここまで車で簡単に来ましたからね・・・あまり感動がなかったのですが、下から登って来て出会った今日のアケボノは美しさもひとしおでした。

という事で、お初のアケボノ観賞は大満足!
足取りも軽く(?)下山します。

 光り輝く 満足気分で下山 

往きは登り一辺倒だった分、帰りは下るのみ。
順調に往路を戻ります。

 林道まで下山 尾根道を下り 

里まで戻って来たらコンニャクの花が咲いていました。何とも不思議な花。
(たまたまこれも過日の高知新聞で見たばかりだったので、それと分かったのですが)

車を停めていた横の畑では、地元の方が畑仕事の最中。
少しお話をして、貝ノ川を後にしました。

大タヲ山から始まった今年のアケボノツツジ。
次回はどこのお山で眺める事になるのかな?
工石山にも行かなくては・・・。

 下山終了 コンニャクの花 

 本日のログ(N氏GPS)