2016年07月18日
 皿ヶ嶺(1,271m) 
森林公園駐車場 竜神平 皿ヶ嶺山頂 十字峠 竜神平 竜神平分岐 森林公園駐車場
9:00 10:15 11:00〜11:40 12:00 12:10 12:45 13:45

先日の面河⇔石鎚で疲労困憊した私は、今日はのんびりゆっくり歩きでお山を楽しみたくて、久しぶりの皿ヶ嶺へ行ってみる事にしました。
ササユリはもう終わってるでしょうけど、風穴のブルーポピーがまだ咲いてるようです。

いの町の集合場所から、自分の運転で約1時間45分。
上林トンネルを抜けて森林公園駐車場に到着しました。
広〜い駐車場には、すでに10数台の車が停まっています。

広々した上林森林公園駐車場 美しい木立 

まずは風穴へ。
周辺からは冷気が漂っています。
まだきれいに咲いているブルーポピーをズームで撮影していると、隣り合わせた人が『あんたらぁ高知やろう?』って話しかけて来られ、お話している内に(彼らも高知からでした)、何とまあメンバー全員とどこかでつながっている人だという事が判明。
世間は狭いですね。何と言っても田舎ですからね・・・。

 フシグロセンノウヒマラヤの青いケシ 

さてさてブルーポピーを見た後は、のんびり出発。
竜神平へ向かいます。

クロイチゴ クサアジサイ 

登山道にはギンバイソウの大群生。
ギンバイソウってこんなにきれいな花だったのね・・・と感動した一同です。
花に見とれて、なかなか前に進めないメンバー。
『もうちょっとだけ早く歩こうや〜』なんてついつい言ってしまいましたが。
皿ヶ嶺のギンバイソウ、ほんとにきれいでした。

 ギンバイソウの大群生に感動 ヨグソミネバリの案内板 

この登山道で印象に残ってるのがこの木の名前。(右上画像)
夜糞なんてねぇ・・・かわいそうなネーミングです。

 タマガワホトトギス  イワタバコ

タマガワホトトギスは終盤でしたが、イワタバコがもうすぐ咲きそう。
楽しみですね。

 ギンバイソウ蕾
コエゾゼミ 

そして広い広い竜神平に到着。
ハンカイソウやコバギボウシが咲き誇っています。

 竜神平  広い広い湿原

もうすっかり夏空となりました。

 ハンカイソウ

ササユリは探してはみましたが、やはりもう見当たらなかったです。

 コバギボウシ 涼しげな色 

ツリガネニンジンがかわいらしく咲き始めていました。

 ササユリさ〜ん・・・もう終わりやね  ツリガネニンジン

竜神平から山頂へと向かう道では、また風穴で出会った人たちと一緒になりました。
彼らは”キノコ研究会”のメンバーでもあるようで、キノコの名前も教えてもらいました。
(なかなか覚えられませんが・・・)

 クロノボリリュウタケ テングダケの仲間 

そして山頂到着。
ヤマナシが実を付けています。
涼しい木陰にてお弁当タイム。
平地は今日も炎天下だと思われますが、ここは別天地。幸せなひとときです。

 ヤマナシ 皿ヶ嶺山頂 

オカトラノオには羽がギザギザになった蝶(ベニシシジミだそうです)が止まっています。
余りにもギザギザなので、初めからこんなギザギザ?と思った程ですが、長旅で傷めたようです。
小さな命・・・健気に頑張っています。

 オカトラノオとギザギザの羽が痛々しい蝶 ここにもハンカイソウ 

まだまだきれいなヤマツツジを見ながら下山。
十字峠まで下りて、引地山方面に行ってから下山すれば良かったのに、またまた竜神平へと下りてしまいました。
(未だにルートが把握出来ていない・・・)

という訳で、竜神平から上林峠への分岐まで周回してから下山する事にしました。

 ヤマツツジ  竜神平を周回

休日とあって、この時間からでもまだまだ登って来られてる人たちとすれ違います。

 きれいな色のギンバイソウ ハガクレツリフネ 

再び立ち寄った風穴も、家族連れの方たちで賑わっていました。
山頂まで行かずとも、この周辺だけで充分楽しめますよね。安全だし。

 再びブルーポピーを見て下山

広い駐車場も沢山の車で埋め尽くされています。そしてまだまだやって来る車。
さすが森林公園です。
皆さんから愛されている皿ヶ嶺なんだなぁと、しみじみ思いました。いい山ですね!
高知からもう少し近ければね・・・。

帰路は道の駅天空の郷にてソフトクリーム。
この後メンバーの1名は”おこう饅頭”を是非買いたいというので立ち寄ったのですが、ただいま配達中との札がかかり、鍵のかかった店内には留守番のワンちゃんがいるのみでした。(残念)

そして〆は引地橋のおでん・・・寄り道大好きのおばさんたちは、今日もよく食べました。
お天気良く、花も山も楽しめたハイキングの一日でありました。