2016年08月30日
   寒風山1,763m)〜笹ヶ峰1,859.5m) 
寒風山登山口 桑瀬峠 ロープの鞍部 寒風山山頂 見晴らし岩 笹ヶ峰山頂
8:10 9:00 9:40 10:05〜10:20 11:35 12:00〜12:35
 15:30    15:00   14:25    14:10    13:00                 

猛暑に喘いだこの夏も、やっと終盤。
8月も終わりになり、朝晩の気温はぐっと涼しくなって来ました。日暮れも早くなった。
今日は約1年ぶりの寒風山〜笹ヶ峰へ。
夏の終わりのお花、秋のお花を楽しみながら歩きたい。
この所お天気が不安定でしたが、昨日の夕焼けは翌日の好天気を知らせてくれるような、きれいな空でした。
今朝の夜明けの空もスッキリと最高!
カサは置いて行こう、と晴天を信じて出かけたのでした。

平日の寒風山駐車場、他に車は1台のみ。
登り始めた頃、下で車の音がして間もなく、お若い男性2人が足取りも軽く私たちを追い付き追い越して行かれました。
彼らも笹ヶ峰まで行くとの事。
そして雲ひとつ無かった空には、いつの間にか一面の雲・・・。

登山口のミズヒキソウ  桑瀬峠より冠山

桑瀬峠に着いた頃はまだ陽射しがありましたが、北西からガスが押し寄せて来ています。
いやいや・・・ガスじゃなくて、あれは雨! あっという間に雨になりました。
こんな筈では・・・と嘆きながら、仕方なく雨具の上着だけ着て歩きます。
風が強いから、どっちみちカサさしは無理です。

 まだ陽射しのある桑瀬峠伊予富士方面から雨が! 

いつものロープ&階段のある鞍部には、お楽しみのお花。
ミヤマトウヒレンやシオガマギクが咲いています。
風で揺れてピントが合いません〜。
アルミの階段には、新しく手すりが付けられていました。有難いです。

シオガマギク  不思議な形

 フクオウソウ シコクフウロもう終盤 

雨は止みました。
雲はものすごい速さで南に流れて行き、空の状況も目まぐるしく変わります。
山友のAさんに教えて貰ったチャボツメレンゲも、この強風・ガスの中を傍まで行くのはためらわれ、ズームで写したのみとなりました。

 岩場のチャボツメレンゲ  ホツツジ

ひとまず寒風山山頂に到着。
神様にお願い事をした後コーヒーでひと息つき、再び出発。

 ガス立ち込める寒風山山頂付近

下ったり登ったり・・・笹は寒風まではきれいに刈られていましたが、縦走路は深い笹。
面倒くさくて、カッパのズボンは履かなかったからね・・・ビショビショです。

 ミツバベンケイが着生する枯れ木
前方の展望が開ける 

昨年も見た場所のチャボツメレンゲ、もう終盤でしたが今回も間近で見る事が出来ました。
見た所はどの岩も同じように見えますが、どういう条件の下限られた場所で咲くのでしょうね?

 ここにもチャボツメレンゲ  もうこれも終盤

笹ヶ峰もだいぶ近付いて来ました。
しかし、相変わらずのガス・・・そして真っ黒い雲が空を覆って来ています〜。

 もうひと頑張り  黒雲に覆われる・・・

沓掛山の姿も全く見えない北斜面で、深い笹に隠れた石や段差に難儀しながら登っている時に、朝方出会ったお二人が下山されて来ました。その後もう一人単独の男性も。
『お天気が残念ですね〜』って言いつつ、すれ違った事です。
折角登ったのにね。

 丸山荘との分岐  ガスの山頂へ

そして辿り着いた、何も見えない笹ヶ峰山頂。
足元は濡れてジュクジュク・ドロドロ・・・(Sさんはおニューの靴なのにね〜)
このままだと風邪引いてしまいそう・・・今更ですが雨具のズボンに履きかえます。
持って来たお素麺も寒いよね〜〜そそくさと流し込みました・・・。
とにかく強風で寒い山頂でした。指先がかじかむ寒さ。
『体脂肪のある人はいいけど、無い者は寒い〜早く下りよう』って、体脂肪6.2〜7.0の韋駄天氏。
(体脂肪たっぷりでも寒いですよ〜)

 一面ガスの笹ヶ峰山頂 下山時に晴れて来る(沓掛山) 

でもね、もう早く下山しようとした頃に、ガスが晴れて来たのです!
今まで見えなかった沓掛山やチチ山もクッキリ見えて来ました。ワーイ!!

 アサマリンドウ お顔は閉じたまま  チチ山

一気に視界が開けて来た中を下山して行きます。
足取りも、心もち軽い(?)。やっぱり青空に勝るものなし!よね。

 周囲の山も見えて来る

 縦走路より振り返る笹ヶ峰

遠ざかる美しい山容の笹ヶ峰を、振り返り眺めます。
笹原が美しい。歩く時は苦労したけんどね。

 深い笹&ススキ越しの冠山

稜線にはススキがたなびいています。
冠山も美しい姿です。

 リョウブ・ノリウツギの花も終盤

寒風が近付き、また登り返しが始まります〜。
ダイモンジソウもまだ咲き残っていましたよ。

 ロープをつかんで 要注意のやせ尾根の岩場 

途中また雨になったり、また晴れたり・・・。
雨具を脱いだり着たり・・・水分は今日はこんなに要らなかったな〜。
(体重×歩行時間×5gが必要水分だという事で、しっかり○○ml持って来ていました)

 寒風がやっと近付く(写わかめさん) ちょっとだけお顔を見せてます 

寒風山頂を過ぎてからはまた青空が戻り、フクオウソウもリンドウも幾分お顔が開いていましたよ。
朝は雨に煙っていた伊予富士方面もクッキリ。

 陽射しが戻る 伊予富士方面 アルミ梯子より西黒森 

気持ち良く桑瀬峠まで戻って来ました。
が、また伊予富士方面には雲が広がって来ている・・・ほんと目まぐるしいお天気の本日でした。

 桑瀬峠より 青空の下の冠山 伊予富士〜西黒森は曇り空 

8月は南八ヶ岳以来あんまり山を歩いていなかったので、今日は久しぶりに”歩いた”という感です。
お花も沢山あったし、変化に富んだ(?)お天気を楽しめたかな?
軟弱な私には、一緒に歩いてくれる仲間あってこその縦走です。ありがとう。

 ヤマジノホトトギス

帰路にはむささび温泉にて汗を流し(木の香温泉は定休日でした)、温泉名物(?)のいちごソフト(吾北産のいちご使用)を美味しくいただいて、サッパリした気分で家路に着きました。
かくして日の出から日没まで、よく遊んだ一日。
次は紅葉の頃にまた歩きたいものですね。
お疲れさまでした。