2016年10月27日
玉山(3952m)へB

10/27 今日は終日フリー。
M恵さんやK子さんが計画を立ててくれて、付いて行くだけの安易な私。(すみません)
ホテルでの朝食を楽しんだ後(またまたビーフンを・・・)、10時前ごろから行動開始。
まずは、台北101展望台へ向かいます。

台北101  高すぎて画面に入り切らない シンボルのダンパーベイビー 

高さ508m、地上101階。
382m、89階に設けられた室内展望台へは、5階入り口からの高速エレベーターで僅か37秒で到着。
一気に高度が上がったので、耳がキーンとなり、ちょっと胸がモヤモヤ・・・となりました。
東西南北、台北の街並みを俯瞰出来ます。
が、遠くはスモッグで霞んでいます。
今回台北は”スモッグの街”という印象でした。

車は右側走行で、とにかくバイクが多い。
絶えずクラクションが鳴って、割り込み運転もあり、自分にはとてもここでの運転は出来そうにない・・。
タクシーは黄色、というのは分かり易くていいと思いました。

 展望台より西側 北側 

暑くてのども乾き、101名物のマンゴーフロートを注文。
たっぷり果肉が入り量も多くて食べ切れず、飲み物だけを注文したメンバーに手伝ってもらいました。
マンゴーというよりも黄桃みたいな感じ、ではありましたが、のど越しは良かったです。

 マンゴーフロート  国家戯劇院

次は中正紀念堂へ移動。
蒋介石前総統の業績を称える台湾最大の公共建築物、メモリアルホールだそうです。

 こんな所にリスさん  中正紀念堂入口

約25万uの広大な公園、まぁリスさんまで植え込みにいました。

 中正紀念堂 正面階段

ここでK子さんが楽しみにしていたのが、衛兵の交代式。
待つ事しばし、出て来たのは若い3人の衛兵。(もっと人数が多いかと思っていました)
この3人が出て来るまでの間(1時間?)蒋介石の巨大な像の両側に、銃を下げた衛兵が身じろぎもせず立っているのです。大変やねぇ・・・。
『人形かと思ったら人やった』ってメンバー。
衆目の中で、1時間(もっとかも?)微動だにせず立ってるなんて・・・拷問に等しい。
3人の衛兵よりも、この不動の2人の衛兵の方が印象に残りました。

 衛兵の行進 広大な敷地 

この後地下鉄で士林へ移動。
乗り方は、昨夜ガイドの施さんから教えてもらっていたので良かったです。
切符はプラスチックのコイン、おもちゃみたいです。
昼食後、故宮博物館へ向かいます。
とりあえず全部を駆け足状態で見て回りますが・・・まぁ大変な人出です。団体客も多い。
ひときわ混雑していたのが、この”白菜”の展示されてる部屋。
立ち止まれないので、写真もじっくりとは写せなかったです。

故宮博物館  これがかの有名な翠玉白菜

よく歩き疲れました〜。まだまだ人波は続いています。
併設されてる庭園を散策して、故宮博物館を後にしました。

 併設されている至善園  いい眺め?

この後は士林夜市にて、お楽しみの夕食。
高知で言えば、ひろめ市場といった所でしょうかね?

 士林夜市へ  ひろめ市場風

夕食を済ませ、ここでM恵さんとお別れ。
彼女は何と何と、この後ヒマラヤトレッキングに向かうので、ひと足先にホテルに帰って今夜の内に出発するのです。
私なんか、こんな異国の雑踏の中で一人ぼっちになったら・・・途方に暮れるばかりで何も出来ない。
M恵さんの行動力には、ほんとに脱帽です。
『もし私が意識不明になっていたら、お見舞いには来なくていいです。意識があったら、励ましに来て下さい。その時には好物のぶどうをお見舞いに持って来て下さい。』って言い残し、雑踏の中に消えて行きました。
意志が強く、いつも明るくて前向きなM恵さん。
今頃どの辺を歩いてるのかな?お土産話が楽しみです。

残った私たち4人は、この後お買い物等してホテルに戻り、あくる日の7時発の飛行機にて高松へ無事帰り着きました。(満席の飛行機の中、日本人は5人だけでした!)

そんなこんなで楽しかった山旅は終了。
いろんな出会いもあり、オバサン5人の珍道中、お天気にも恵まれて何よりでした。
今回もメンバーにおんぶに抱っこ・・・足も不安な私でしたが、何とか無事に歩けて良かったです。
一緒に行ってくれたメンバーのお蔭!ありがとうございました。
楽しい道中でしたね、お疲れさまでした。

PCには、自分の帰宅より早く施さんからの画像が届いていました。(時代は変わりましたね〜!)
その後もお便りがあり、台湾第二の高峰雪山のブログが添付されていましたので、下記に貼っておきます。
お構い無ければ、覗いて見て下さい。

【百岳】雪山主東下翠池(上)
http://blog.xuite.net/modaeric/myblog/353666357

後日、施さんから旅行会社を通して、登頂証明書が送られて来ました。
これもババの大事な”冥途の土産”です。

 登頂証明書