2016年11月06日
   中津明神山(1,540.6m)
吾川スカイパーク 大山祇神社 中間点の車道 中津明神山 中間点の車道 神社 吾川スカイパーク
9:20 9:30 10:30 11:30〜12:15 12:50 13:40 13:45

今日は久しぶりに例会に参加します。
県連の行事で、中津明神山集中登山。
山の会3団体が、それぞれのルートで登り、山頂に集合というものです。
過去には予土県境(十和村)の地蔵山笹ヶ峰(いの)で行われ、同じ会の中でもいくつかのルートに分かれたりしての山頂集合、楽しかった事が記憶に残っています。
今回は、高知県側と愛媛県側の2ルートだけ。
私たちは、中津渓谷沿いの道を入った、吾川スカイパークからの出発です。

 吾川スカイパーク

実は中津明神山には、これまで車でしか行った事がありません。
歩いて登るのは、今回が初めてです。
山座同定の時に、いち早く目印になる中津明神山、登山道からの展望が楽しみです。
でも・・・何だかお天気が・・・?

大山祇神社 神社左手に登山口 

スカイパークを横切り、大山祇神社の横にある登山口よりスタート。
『登りばっかりの道です』と、先頭を行くサブリーダー。
植林の中のつづら折りの道が延々と続きます。
暑い〜しんどい〜休憩はまだかしら?

 植林の中の急登  やっと上が空いて来たけど・・・?

約1時間後、やっと車道に出て水分休憩。
『ここでほぼ半分(行程の)』だそうです。
朝の青空は消えてしまって周囲はぼんやり・・・。

 車道に出る
ここで小休止 

この後車道を横切りながらの登りが続きます。

 林道を横切りながら 登りが続く

紅葉は殆ど無くブナの葉も茶色ですが、リンドウがかわいらしく咲いていてくれました。
お花を見たら、ちょっと元気が出ます。
ヤマラッキョウは、もう咲き終わってドライフラワー状態・・・。

 リンドウ  元気を与えてくれます

歩き始めて約2時間、かなり登って来ました。
眼下にスカイパークの広場が見えています。
紅葉も控えめではありますが、ちょっと彩りが見られます。

 控えめな彩り・・・

山頂もだいぶ近付いて来て、何人かがこちらに向かって手を振ってくれているのが見えます。

 山頂が近付く

やれやれ、やっと山頂に到着。
先着の2組は、もうお弁当を食べています。

 もうひと頑張り!  やっと山頂到着

これまで猿越山から眺めた中津明神山を、今日は逆から眺めますが・・・
期待していた眺めとはかなり違うなぁ・・・残念。
山座同定用に、広域の地図を持って来ていたメンバーもいたようでしたが、今日はちょっとね・・・。
昨日だったら、どこまでもスッキリクッキリの眺望だったみたい。
降水確率10%でも、分からないものですね。

 猿越山方面 霞んでいて残念

お弁当を済ませた頃には、周囲にはガスが立ち込めて来ました。
身体も冷えて来たよ・・・。

食後は参加者全員が山頂に集合し、この9月に急逝した山仲間に黙とうを捧げます。
その後、それぞれの登山ルートから本日の状況を報告し、解散。
どんどん寒くなって来る山頂を後にします。

 ガスの山頂にてセレモニー  早々に下山

下って行く前方東方向に、うっすらと雨ヶ森が見えています。(写真では殆ど分からなくてすみません・・)
ピラミダルな山の両側には羽を広げたような山容、ひときわ目を引き風格があります。
今日は視界がぼんやりしていて残念。

 雨ヶ森が遠くにぼんやり・・ (画面では殆ど分かりませんが、中央右上)

 別の日の水の峠付近からの雨ヶ森です(ほぼ同じ方向から)

下るのは早く、ひと汗かいた所で中間点の車道まで下りて来ました。
紅葉はやっぱり物足りない彩り・・・。
目の覚めるような紅葉には、もう今年は出会えそうもないかも。

 林道から見る彩り オニザンショウ 

『結構な勾配やったんやね〜しんどかった筈や・・・』なんて言い合いながら、下りは順調。
秋の名残りの花を横目で見ながら、神社まで戻って来ました。

 ハガクレツリフネ ジンジソウ   コウゾリナ

 大山祇神社へ下山  吾川スカイパークまで戻る

下山後は時間も早いので、日高芋屋金次郎にて皆さんソフトクリームを。
その間に私は直販所の方でお買い物をしました。
やっぱり寄り道は楽しいですね。
お天気はちょっと残念でしたが久しぶりの例会、皆で楽しく歩く事が出来て良かったです。
お疲れさまでした。