2017年05月14日
赤星山(1,453m)
野田登山口 機滝 小屋跡分岐 尾根分岐 三度ヶ崖 赤星山 千丈滝分岐 機滝 野田登山口 
8:00 8:30 8:45 10:40 11:10 13:00 14:05 15:15 15:45 

6年前に初めて歩いた野田からの赤星山
美しい渓谷沿いの道には沢山のお花、変化に富んだ登山道、歩き甲斐のある道ではありますが、すっかり心を奪われ春には是非とも歩きたい山となりました。
今回はちょっと遅めの時季、美しいヤマザクラはもう終わっていますが、シコクカッコソウに出会うのを楽しみにやって来ました。
昨年・一昨年とは中尾の方から登ったので、野田に来るのは3年ぶり。

やって来た野田登山口、車は1台のみ。
黄色のオドリコソウやミツバツツジは、もう終わっていました。

今日はオバサン5人のパーティー、橋を渡っていざ出発です!

 3年ぶりの野田登山口 渓谷沿いの道を行く 

30分程で機滝に。
滝に彩りを添えるヤマザクラも、今はもう花は終わり若葉ばかり。

新緑に包まれる機滝

まだ濡れている橋をいくつか渡り、造林小屋跡までやって来ました。
計画では先に赤星だったんだけど(その方が下りが多いもんね)、早くカッコソウに会いたくて討議の結果先に豊受の方から行く事にします。

 ユキモチソウ 造林小屋跡  今日はここから左手へ 

全員この道は初めて。
のっけからの急登です。延々と急登!
ユーモラスな道標が励ましてくれます。

ひとしきり登った所で休み場”に到着。
水分休憩をしていると、単独の女性が追い付いて来られました。
こんな急登続きの道をお一人で・・・すごいなぁ・・・!

 なかなかの急登  更に急登  やっとここでひと息

彼女は地元の伊予三島の方で、この先の登山道&お花等を教えて下さいました。

 コンロンソウ フタバアオイ 

水場まで登って来ました。苔むした雰囲気の良い場所です。
この辺りのヤマシャクはもう咲き終わったものばかり。
でもイチリンソウが咲いていました!これも大好きな花です。

 イチリンソウ 水場 

そして・・・いきなりのように目の前に現れたカッコソウ。
『あったよ〜〜!!』って思わず叫んだ私でした。
下手な鉄砲のシャッターををバシャバシャと乱射・・・
そしてカッコソウを眺めながらのコーヒータイムを過ごしましたよ!
こんなかわいいお花が自生するなんてね〜。

単独の彼女は、本日はこの花を見るのが目的でここまで登って来られたとの事。
午後は用事があるからと、撮影後は下山されて行きました。
はるばる登って会いに来るだけの、価値ある貴重なお花ではあります。

 ワーイ!カッコソウ現れる〜  かわいいなあ!

さて、まだまだ登りは続きます。

 あともうひと息  植林帯を抜けると・・  見慣れた尾根の分岐に到着

ようやく縦走路の尾根分岐まで登って来ました。
沢山のお花が迎えてくれます。

 クロフネサイシン(?)  ヤマシャクヤク

そしてヤマシャク。
ここはまだ咲き始めた所で、初々しくてきれいです。
『見て!ここのは18歳よ』とK子さん。
『こっちはまだ13歳よ〜』と私。
自分たちの年齢は忘れて、フレッシュなヤマシャクにうっとりのひとときでした。



さあ、ひと頑張りして豊受山へと向かいます。
豊受山への分岐では、鋸山からだという男性2人がお食事中でした。

 チゴユリ ミツバツツジの向こうに土居の街並み 

この先まだ行程は長いからね〜〜
K子さん以外は豊受山山頂はパスする事にして、三度ガ崖へと向かいます。

 ヒカゲツツジ きれいな色! 

見晴らしいいもんね、三度ガ崖は。
やせ尾根のミツバツツジもきれいです。
咲き残りのアケボノ、明るい色のアセビの新芽、そしてこれから向かう赤星山が遠くから手招きしています。
(う〜〜まだあそこまで・・・長いなぁ)

鋸山方面   これから向かう赤星山

 新緑に映える鮮やかなピンク

すぐに追い付いて来たK子さんと合流後、豊受分岐を過ぎたやせ尾根手前にて木陰に入りお弁当タイム。
今日はお素麺を持って来ました。
暑くなって来たからね〜〜のど越しのいいものが嬉しいです。

この後はアップダウンを繰り返しつつの、赤星山への登り。
しんどいですが、お花が元気をくれます。

 ユキザサ ワチガイソウ 

ミツバツツジも、アカイシミツバツツジとトサノミツバツツジ?ツルギミツバツツジ?
私には種類はよく分かりませんが、どちらもとてもきれい!
アケボノもまだまばらではありますが、咲き残っていてくれました。
K子さんは、これが今年初めて出会うアケボノだそうで良かったです。

 目の前いっぱいにミツバツツジ アケボノツツジ 

赤星山手前ですれ違った人が『山頂は賑やかですよ』との事。
あらほんとだ〜これまでの静かな登山道がウソのように、山頂は賑わっています。
若い人の姿や県外からの団体さんも。
カタクリは終盤ながらも、まだまだきれいに咲いていました。

 賑わう赤星山山頂(左手奥には団体さん)  カタクリもまだきれい

赤星山を後にし下山です。もう下るばかり。
途中で、岡山からだという団体さんが上がって来られているのとすれ違いました。
(下山は17時回るのでは・・・?気を付けてね)

 岩場を下り  ロープ箇所を下り

どんどん下り、お楽しみの谷までやって来ました。
ヤマシャクにハシリドコロ・イチリンソウ・ニリンソウ・・・お花がいっぱい。
あらっ!この黄色のきれいな花は? 初めて実物を見るヤマブキソウです。
なんてきれいな黄色。
小さな背丈なのに、艶やかな大きな花を付けています。
遅い時季に来たから出会えたお花、今日一番の感動だったかも。

 ヤマブキソウ 4人姉妹 

目で見たようにはなかなか写せないですが、嬉しいひとときでした。

 ニリンソウ
こちらも咲き揃い 

分岐からは、千丈滝沿いの方に下ります。
急斜面にはヤマシャクも沢山咲いていました。

 千丈の滝上部 イワタバコがびっしり

滝を眺めながら小休止。
ラショウモンカズラやホウチャクソウも咲いています。

 ラショウモンカズラ
ホウチャクソウ 

この谷沿いの道にもヤマザクラの大木があり、うっとりと眺めた事を思い出します。
トサコバイモもあったなぁ・・・。
なんて歩いている内に、植林帯からの登山道と合流。
千丈滝分岐から合流点のここまで、約40分程でした。
足元には要注意ですが、谷沿いの道の方が楽しいですね。

 タニギキョウ
この橋を渡るのは無理・・ 

この後はずっと滝沿いの道。
小屋まで下り一周終了、朝来た道を戻ります。

 午後の光を浴びる機滝
野田登山口 

登山口には朝よりも車が増えていました。
(カタクリが見頃だった一週間前は、満杯だったとか)

今日もお天気に恵まれ、お花いっぱいの新緑みなぎる中での歩き。
初めての道、初めて出会ったお花、と盛り沢山の山歩きでした。
一緒に歩いてくれたメンバーに感謝です。
運転のM恵さんありがとうございました。お疲れさまでした。
楽しかったですね!