2017年07月01日
工石山(1,176.4m)
登山口 杖塚 北の頂上 南の頂上 賽の河原 ヒノキ屏風岩 杖塚   登山口 
10:33 10:50 11:35 11:40 12:10 12:20 12:55〜13:15  13:30

どんよりした梅雨空が続いています。
本日予定していた山は中止になりました。
お天気は午後からは回復しそう・・・それなら一人また工石山を歩いて来ようかな。
市内から眺める北の山は、うんざりするようなガスに隠れていて、雨も降っていますが・・・。
天気予報を信じて家を出ます。

沿道には、マタタビが目に付く季節となりました。合歓の木も咲いています。
雨の工石山登山口、それでも先客の車が1台停まっていました。
いつもの一番上の駐車場所に車を停めて、私もカサ差しで出発。

 ガスの中の登山道 ヤマナシ 

杖塚では、ヤマナシが小さな実を付けていました。
トサミズキも何もかも生い茂り、緑一色です。

一人の時はだいたい北回り。
今日は白鷲岩もトド岩も、横目で見るだけで通り過ぎます。
いつもの守り神様には念入りに(?)お願い事を・・・。

北の登山道の守り神様

北の頂上ではマムシ様と遭遇!あのまだら模様とニョロニョロ具合が何ともおぞましい・・・。
向こうだって会いたくなかったでしょう、逃げてくれて良かったです。

前回(6/4)来た時にも咲いていて、どうしてこんな所に?と思ったパンジー(ビオラ?)が、今日も咲いていました。
どなたかの靴裏に種が付いていたのか?それとも種を蒔いたのか?よく分かりませんが。

 なんでこんな所に?  人影も無い南の頂上

雨は依然止まず、南の頂上の湿ったベンチに腰掛ける気にもなれません。
お弁当は車の中で食べる事にしよう、とそのまま下山します。

ところが下り始めたら、いきなり陽射しが出て青空ものぞき始めました。
やっぱり予報通りや〜。

どなたかの忘れ物?手作りの杖 あら?いきなりの青空

とは言え、また雲に覆われたり。
ポタポタと水滴も落ちて来るので、カサは差したまま歩きます。

賽の河原では、今日は音を立てて水が流れてる・・・この間までずい分水量が減っていたからね。
サンショウウオさんも喜んでるかも。

 苔も生き生き 賽の河原 

濡れた屏風岩に慎重に上がってみるけど、当然展望は無し。
ヤマツツジがまだ咲いていました。

屏風岩のヤマツツジ イチヤクソウはまだ蕾

本日のお目当てのイチヤクソウは、まだ蕾。
1年前のこの時季は満開だったのにね・・・ツルアリドオシも全く見つけられなかったです。

 ヤマツツジが鮮やか  シソバタツナミソウ

でもシソバタツナミソウは咲いていました。
きれいな紫色の小さな花。

雨も上がったので、杖塚でお弁当を食べる事にします。
足元に注意しながらベンチに腰掛けます。(この辺りもマムシ様の出現多し)
他には誰もいない静かな杖塚で、しばしのんびり・・・。

アオテンナンショウ マタタビ

杖塚からは、今日はまた元来た道を下ります。(草の茂った林道経由はヘビさんが怖い・・・)
ウリノキもまだ蕾ばかり。

下って行く足元に、大きなカンタロウが棒のようにまっすぐ伸びきっていました。
思わず浮かんだ替え歌・・・(”男と女のラブゲーム”のメロディーで)
   伸び過ぎたのは自分のせいよ
    そんなに伸びたらしんどいでしょう
    見ている方もびっくりするわ
    普通にクネクネ動いたら?   (お粗末でした・・・)

 こちらもまだ蕾 ウリノキ イチゴ鈴なり 

登山口を後にして車で下りてると、いつもの場所にキキョウとノコギリソウが咲いていました。
その上のコンクリート法面の水抜きの穴からは、ヘビさんが這い出していました〜〜!!ヒエー!

いつもの場所にキキョウ ノコギリソウ

今日は、下山時には2組のグループとすれ違いました。
こんなお天気でも、やっぱり県民の森工石山。
ヘビさんには会いたくないですが、安心して歩く事が出来ます。(カサ差しでも大丈夫!)
次は晴れた日に、また出かけようと思います。

北回りの本日のログ

終了ボタンを押したつもりだったのですが・・・延々と自宅までログが続いておりました〜。
四苦八苦しながらのスマホ操作です。