2017年07月11日
瓶ヶ森(1,897m)
瓶ヶ森登山口 男山 女山 ヒュッテ跡 東ノ川登山道 瓶壺 瓶ヶ森駐車場
9:35 10:08 10:25〜10:40 11:00 11:40 12:00〜12:35 13:00

うっとうしいお天気が続いていますが、瓶ヶ森ではオオヤマさまやオダマキが咲き出したようです。
行きたいなあ・・・でも運転もお天気も心配。
などと悶々している所に、雨の中出かけられたアカリプタさんから、フガクスズムシソウの画像が届きました。
行きたい!
雨予報が続く中、唯一曇りマークの本日出かける事にしました。
一人でも・・・なんて考えたりもしましたが、何としても一人は心もとない・・・。
悩みながら、ダメ元で声をかけさせてもらったわかめさんからは、快いお返事をいただけました。感謝です!

長沢ダム沿いのクネクネの県道40号線を、トロトロ進んで行きます。
ひと頃よりは道が広がりましたよね・・・でも相変わらずのクネクネ。
自分で運転しながら酔いそう・・・。
幸い(というかこれが普通?)対向車も少なくて、大瀧の滝までやって来ました。やれやれ。

 大瀧(おおたび)の滝

滝を眺め、岩黒山を仰ぎ見て、久しぶりの予佐越峠に到着。
旧本川村役場のある194号線分岐からここまで、1時間かかりました。

緑一色 そそり立つ岩黒山 

まずはフガクスズムシソウに会いに行きます。
以前石鎚東稜基部付近で出会いながら、自分は見ずに終わってしまい(後方のメンバーが”ここに見た事の無い花がある〜何?”って呼び止めていたのに、戻るのが面倒でそのまま行ってしまったのです)後悔しきりのお花、会いたくて思いが募っていました。
小さい小さいお花、また違う場所で会いたいものです。

 フガクスズムシソウ  ホザキノイチヨウラン

さて、瓶ヶ森駐車場へと移動。
他に車は無し、平日ですものね。
でもお天気は予報以上に良くて、青空も出て来ました!

仰ぎ見る瓶ヶ森男山 瓶ヶ森駐車場より出発

きれいに笹が刈られた登山道を出発。

 町道からの登山口 石鎚が後方に 

初めて瓶ヶ森を見たのは、かれこれ20年以上も前の事。
軽四のミラで当時中学生だった娘を乗せ、194号線も知らず、大豊・土佐町周りで長い長い道のりを・・・。
当時は舗装もしてなかったガタガタの道、走行してるのは四駆ばかりでした。
車道脇の展望所から見た瓶ヶ森の美しさ。
ここが四国の山?と感動したものです。
四国が誇る、美しい山域だと思います。

 子持権現(中央)  まずは男山へ

町道瓶ヶ森線のお蔭で気軽に登れる瓶ヶ森は、登山入門には最高の山ではないでしょうか。
まずは男山へと向かいますが、振り返れば西日本最高峰の石鎚山の風格ある姿。

イブキトラノオ 定番の眺め

登るに連れ、眼下に広がる氷見二千石原の雄大な眺め。
今日はガスで展望は無いだろうと覚悟していたのに、嬉しい予想外れです。

 広大な氷見二千石原と石鎚の雄姿

咲き始めた夏のお花を楽しみながら、男山へ到着。

イシヅチボウフウ タカネオトギリ 

女山へと続く尾根も楽しい道。

男山山頂より女山  イシヅチザクラ

バイケイソウも咲き始めたばかり。
オオヤマさまは、まだ蕾だったりもう終わっていたり・・・1輪だけ咲いてるのを見つけました。

バイケイソウ ひっそりとオオヤマさま 

その後は、ヒュッテ跡へと下ります。
左手には、どこまでも広がる笹原。
ここで本日初めての登山者(単独)とすれ違い。
ヒュッテが見えて来た所で、東ノ川方面へと足早に下山されて行く単独の男性もお見かけしました。

ドウダン2色 笹原と手箱・筒上 

クサタチバナ、今年もきれいに咲いていました。

ここにもタカネオトギリ クサタチバナ

ミヤマオダマキも、ナンゴククガイソウと仲良く並んでいます。

ミヤマオダマキ 今年も会えました

そして今を盛りのオオヤマさま。変わらずの美しい姿です。
でも、かつては賑わったであろうヒュッテ跡、時が止まってしまったような廃屋となった今、そこここで人の息遣いが聞こえて来そう・・・一人でここに来るのは、ちょっと気おくれがします〜。

ヒュッテ跡のオオヤマさま 

ナンゴククガイソウ ここにもオダマキ

昨年はこの後瓶壺へ行き、西ノ川へと続く道をほんの少し歩いたのでしたが、今日は瓶壺に行く前に東ノ川への道を行ってみる事にします。
下る道は前日までの雨で、まるで小川のよう。
健脚だったら台ヶ森まで行ってみたいものですが、何たって軟弱オバサン2人、本日も早々に引き返します。
登り返しはしんどいもんね〜。
でも、アサギマダラに会えました。

東ノ川への道 中央は台ヶ森 アサギマダラ

という訳でヒュッテ跡まで戻り、瓶壺へ向かいます。

瓶壺へ いつものタコ足の松

昨年と比べると水量は増えたかな?殆ど変わってないかも?
ひと口飲ませてもらいました。冷たくて美味しい。
しかし日が照り付けて暑い!曇りの予報はどこへやらです。
タコ足松の木陰でお弁当を食べていると、先程女山からの下りですれ違った男性がやって来ました。
聞くと、東ノ川から登って来られたのだそうです。(6時半登山口発)
『誰も付き合ってくれん〜』って言っておられましたが、長くしんどい道中ですものね・・・。
私たちも、一度は歩いてみたい気もしますが・・・。
気を付けて下山されて下さいね。

瓶壺 アザミも咲き誇る

すっかり夏空となり、アザミもモミも青空に映えます。
今日は来て良かった!!

四国のアルプス

分岐にナルコユリ

楽しく歩く内に、駐車場へと戻って来ました。
車も少し増えています。

駐車場に下山 町道より眺める瓶ヶ森


下山後は土小屋まで移動し、笹百合子さんに会いに行きます。
咲いてます、咲いてます!
可憐な姿をたっぷり楽しませてもらいました。

美しく咲いています 石鎚を背に

夏空と笹百合子さん

町道瓶ヶ森線沿いのヤマアジサイもきれいです。
ブルー系にピンク系、どれも美しい色。沢山咲いていました。

ヤマアジサイ 涼しげな色
 ヤマツツジ  ヤマボウシ

咲き終わりのヤマツツジ・ヤマボウシを見て、そろそろ帰路に着きます。
青空の下、眺め・お花を堪能出来た一日。
今年も稲叢山で始まり、瓶ヶ森で見納めとなったオオヤマさま、また来年も楽しませてね。
お付き合い下さったわかめさん、ありがとうございました。(またよろしくね〜)