2017年08月19日
天狗塚(1,812m)
光石登山口 綱附新道分岐 八丁小屋 お亀避難小屋 お亀岩 天狗峠 天狗塚  
7:55 8:20 8:40〜8:50 11:00 11:15 11:55〜12:10 12:30
天狗峠    地蔵の頭    綱附分岐   綱附新道分岐  堂床休憩所  光石登山口
 12:50〜13:00 13:10   14:30 15:45  16:00  16:10

今日はロングコースを歩きます。
2008年11月に歩いた光石〜天狗塚周回、不安を抱えながらの参加です。
メンバーは中高年登山隊オバサン5人でしたが、クムトマトさんも加わって下さる事になり勇気100倍!
やはり男性が参加してくれるのは、心強く安心感があり有難いです。

心配した光石からの登山道は、工事も終わりきれいに補修されていました。

 補修された登山道

金網の中から、イワタバコがかわいらしく顔をのぞかせています。
堂床休憩所では、タケニグサが生い茂り、沢山のアケボノソウが咲く準備をしていましたよ。

イワタバコ  堂床休憩所

橋を2つ渡り、ミツマタやマルミヤマゴボウ・タケニグサ生い茂る、標高930mの標識がある場所までやって来ました。
この先に、本日下山して来る綱附新道分岐があります。

 この後橋を2つ渡る  マルミヤマゴボウ

分岐からはすぐだと思った八丁小屋までは、結構長くしんどい登り・・・。
花を咲かせていたミヤマウズラがあったのに、ピンボケ・・・残念です。

ミヤマウズラ 八丁小屋

八丁小屋でひと休み。
でもまだまだ先は長いですからね・・・色鮮やかなキノコに元気をもらって出発!

 キノコ集合

右側は深い谷・・・足を滑らせたら大変!というカンカケ谷の要注意箇所を何とか通過。
谷に下りて渡渉しながら進みます。

カンカケ谷へ ヤマシャク 

今日も不思議な形のキノコがありました。

広い谷をテープを頼りに進みます。
カツラの大木の所で、またまたひと休み。この先登りがキツくなるもんね。

 今日もこのキノコ カツラ(?)の大木 

つづら折りの急登となり、一気にしんどくなる自分・・・。
ザックは重く肩に食い込み、やっとみんなの後を付いて行きます・・・。
暑い!!トレッキングタイツとトレッキングパンツの2重になった足がたまらなく暑い!
もう恥も外聞もなく、トレッキングパンツを膝上までめくり上げます。あ〜涼しい・・・。
途中の水場で飲んだお水の美味しかった事!
・・・?あれ?ここまで前は確かガラガラの石の道だったよね?
歩きにくかった事を覚えていますが、今回大きな石はなかったです。
再三の大雨で道も変わったのかな。
大岩を巻く道も、以前とは違う道だったみたいです。

ヨーコラショッ!!と段差の高い箇所で短い足を持ち上げてる内に・・・アイタタ・・・
とうとう足が攣って来ました。ヨレヨレや・・・。

皆から遅れてやっと歩く私の後ろを、励ましながら歩いて下さったクムトマトさん、ありがとうございました。
心強かったです。

苦しい登り 皆から遅れてやっと登る 

やっと樹林帯を抜け、避難小屋直下までやって来ました。
お水お水!ここでお水を補給します。やれやれ・・・。

嬉しい水場  やっと開ける

避難小屋で芍薬甘草を飲み、河内晩柑を食べ、ひと息つきます。
今日は何たって冷たい物が一番!水分もどんどん減って行きます。

お亀避難小屋が見えて来る

小屋からひと登りでお亀岩のある稜線分岐に出ました。

避難小屋から西方面  お亀岩のある分岐

2009年にここから西熊山に行ったなあ・・・あの時よりも、今日はずい分遠くに感じる西熊山です。
ウメバチソウの蕾も探したけど、見当たらなかったです。

避難小屋の向こうに西熊山

さあ!あとひと登りです。
先頭をヨロヨロ行く私。
トモエソウの咲き残りが見られますが、写す元気がない。
登りが急になると、またも足が攣って来ました〜。

頑張って進む(写クムトマトさん)  まだまだ続く登り・・・

イタタタ・・・今回も皆から遅れ、何とか天狗峠に到着です。や〜れやれ・・・疲れたぁ!

地蔵の頭への分岐  ついに天狗塚が姿を現す

お顔を出した天狗塚を眺めながら、ここでお弁当にします。
が、持って来たお素麺も食べる気がしない・・・干し柿・ミニトマトと水分を摂ります。

牛ノ背も見える  下山路の尾根

ここまで来たからにはね、やっぱり天狗塚まで行かないと!
それに、この峠から山頂までは、歩き始めたら見た目よりも近い。
ザックの中身のとりあえずは不要な物を出して、軽い荷で天狗塚へ向かいます。

天狗塚が近付く

背中が軽くなり何てラクなんだ〜と、ひと足早めに歩き始めた私ですが、まあすぐに皆に追い付かれました。
この登りでは足も攣らず、無事登頂!

ツリガネニンジン(ピンボケですみません)  天狗塚山頂

大好きな牛ノ背は、今日は眺めるだけ。
”牛ノ背で昼寝をする”という夢は、未だ実現しておりません。いつかきっと・・・。

大好きな牛ノ背

天狗塚からの下りでは、またまた足が攣りました〜。
イタイ、イタイ・・・!今度は塩を舐めます。ウーー辛い〜。
峠まで戻りもう一度芍薬甘草を飲み、本日初めてのコーヒーもここで飲みます。残ったお湯は捨てました。
(幸いこの後は足は攣らなかったです)

さあ、下山開始です。

分岐より右手地蔵の頭へ  地蔵の頭より天狗塚

笹が深い地蔵の頭ピーク、付近にある祠は分からなかったです。
そしていよいよ急降下の始まり。
テンニンソウの群生で、足元が見えません〜。所々に石や木の根が隠れてる。

急降下の始まり  テンニンソウが生い茂る

ロープがあるのは有難いですが、緩んでるしループになってる箇所もあり危ない。
ガスも立ち込めて来て、緊張の下りです。
ここで3名の方が、下から上がって来られました。

趣きある枝ぶり  まだまだ下る

ささやかなお花畑もありましたが、眺める余裕がない・・・。
立ち止まると、大きなアザミのトゲが刺さって痛いし。

シオガマギク  シモツケソウ

こんな急斜面にもシカ除けネットが張り巡らされ、ネットの中の植物は一目瞭然、勢いが良く繁っています。
下り切った一角には、ネット類の道具一式が置かれていました。(お世話さまです)

ようやく下りも一段落  ネット内のソバナ

はぁ・・・急やったね〜!と、 今しがた下って来た地蔵の頭を見上げます。

これで見納め天狗塚  下って来た地蔵の頭を見上げる

目の前のリョウブ・ヤマグルマの姿に癒されます。
今日の尾根道では、咲き始めのリョウブが香しい匂いを漂わせていました。

この後やせ尾根を進み、途中県外からのグループと行き合います。(もう14時前)
光石からの出発で、これから天狗塚という事でしたが・・・周回なら時間は遅くなるよね?
それとも西山林道の方に下りるのかな? と、ちょっと心配した事でした。

尾根が広くなって分岐が近いかな?と期待しますが、なかなか遠い。
でも、以前に歩いた時よりも、笹がずい分増えたように感じました。

リョウブ・ヤマグルマに癒される  尾根を下る

そしてやっと分岐に到着。ホッとします。
オオカメノキの赤い実が、ひときわ鮮やかでした。
さあ!まだまだ下りが続きます。

自然の盆栽  やっと綱附分岐に

途中の谷でひと休み。靴を脱いで冷たい水に足を浸けてるメンバーも。
私は顔を洗い、谷の水も飲みました。
今日のコースは長いですが、水に事欠かないのが嬉しい。(お腹の弱い人はお勧めしません)

鮮やかなオオカメノキ実  谷でひと休み

帽子もザックも首のタオルも、汗でぐっしょり・・・(体重1kgは減った?)
渡渉しながら、ひたすら下って行きます。
谷のイワタバコはまだ蕾。今年は開花が遅いようですね?

ザレ場通過  イワタバコびっしりの谷

歩いて歩いて・・・ようやく朝横目で見て通過した新道分岐に到着。
やれ嬉しや、後はもう僅かです。

伐採されたままの森  やっと綱附新道分岐へ

イワタバコに迎えられて、無事下山。 
今日は久しぶりによく歩きました。
オバサンたちにお付き合い下さったクムトマトさん、お世話になりました。
苦しかったけど満足!
皆さんお疲れさまでした。

橋を渡り光石へ

本日のルート(反時計回り)