2017年09月20日
梶ヶ森(1,399.6m)
龍王ノ滝登山口 龍王ノ滝 奥ノ院 真名井ノ滝 天狗ノ鼻 梶ヶ森山頂 避難小屋
8:35 8:45
9:10 9:25 10:10 10:25〜10:35 11:00〜11:30

今日は大所帯の10名、車3台で梶ヶ森へと向かいます。
何で3台かというと・・・まず龍王ノ滝駐車場でメンバーは車から降り、山頂付近に2台をデポした後に再び1台で戻り、滝駐車場から出発。
山頂からは2台に分乗して行ける所まで林道を走り、杖立山に登った後は車で出発場所まで戻る、という楽しそうな計画なのです。
配車の待ち時間、花は無いかな?と辺りを探すと、嬉しい事にタカネハンショウヅルが咲いていました。
かわいらしいお花ですね。

1台が戻り、全員揃った所で出発。
久しぶりにお会いしたお顔もあったりで、楽しくお話も弾みます。
ただ・・・空模様が心配。降水確率10%というのに、今にも雨粒が落ちて来そうな暗い空です〜。

 閑散とした滝駐車場  タカネハンショウヅル

ひと歩きで、龍王ノ滝に到着。
滝の水量は多め、周囲にはイワタバコの葉がびっしり。
花が咲いてる所を見たかったです。

龍王ノ滝

上がって行く足元にはキバナアキギリ。
9月ももう後半ですものね。

 キバナアキギリ  キノコがいっぱい

シメジみたいなこのキノコは、かわいらしいですが”ミルダケ”でしょうね〜。
トチの実の殻(中身は動物さんが食べたのでしょうね)が沢山落ちています。
ナシ(ヤマナシ?)も落ちていました。自生のナシなのでしょうか?
梶ヶ森が本日初めての人もいて、『ステキな道やね〜』と喜んでおられます。

サンヨウブシが早くも現れた所で、奥ノ院に到着。
そのまま進もうとする前を行くメンバーに、『ここは休憩ポイントよ〜休もう』と叫ぶ(?)私。(休憩大好き)
やっぱりここでは足を止めて、奥ノ院の静かで厳かな雰囲気を味わいたい。

こっちにも 奥ノ院でひと休み

この先の分岐からは、進行方向右手に折れて真名井ノ滝方面へと進みます。
すぐにサンヨウブシが現れました。
この花に出会うのが初めての人もいて、見頃の時に来られて良かったです。

 サンヨウブシ

ここを過ぎて橋を渡り、左手へ進むと今度は真名井ノ滝。
こちらもイワタバコがびっしり。

シコクブシとコラボ 真名井ノ滝 

滝の上部は急登で階段もあり、皆さん楽しそうに登っています。
登り切ったらまたまた休憩ポイントの東屋。
さっき休んだばかりだけどね〜ここでコーヒータイムです。

 急な階段を行く 東屋横のブナ 

さあ、再び出発!と何気なく見上げたブナには、キノコがびっしり。
ヌメリツバタケという食べられるキノコのようですが、高い所にあってとても手が届きません〜。
コリコリした食感で美味しいらしい。

ヌメリツバタケ発見

樹林帯から笹の中の歩きになった頃、ポツポツと雨が落ちて来ました〜〜。
あ〜あ・・・天狗ノ鼻でザックカバーを付け、ジャケットを羽織ります。
早々と雨具を着込むメンバーも。
今日はザックにカサが入っていない、後悔先に立たずです。

天狗ノ鼻  キャンプ場

この後先頭を歩いた私、トレッキングパンツも結構濡れてしまって、山頂にてカッパのズボンを穿きました。
雨は止みそうにない・・・。

雨の中の登りとなる

雨の山頂で、これから向かう杖立山方向を眺めたり、山座同定したりしますが、この雨ではね・・。

梶ヶ森山頂 杖立山を目指したかったけど・・

とりあえずデポした車の所まで下りて行きますが、討議の結果本日はここで終了という事になりました。

車道歩き この道を行く予定だった・・

歩き足りないですが、このお天気ではね。
せめて、と運転者以外は山荘までを歩いて下山。(短い距離ですが)
そして山荘横の避難小屋にて、お弁当タイムとなりました。
電気も灯り広くて快適な避難小屋、有難く使用させていただきました。
これにて本日の山行は終了です。

ウメバチソウ  モリイバラ(?)快適な避難小屋 

予想外の雨で、短い歩きとなってしまった今日の梶ヶ森山行ですが、さりげない会話を楽しみながら、和気あいあいと居心地よい半日を過ごす事が出来ました。
”人は人中(ひとなか)”って、亡き母がよく言っていましたが、人との触れ合いは山歩きの楽しさも倍増させてくれます。
リーダーは、また近い内に杖立山や茂ノ森と組み合わせて計画してくれるようで楽しみです。
晴れた日にまたリベンジ!

本日のログ