2017年10月30日
工石山(1,176.4m)
上の登山口 杖塚 ヒノキ屏風岩 南の頂上 トド岩 杖塚 上の登山口
9:40 9:55 10:30〜10:40 11:20〜11:40 12:05 12:40 12:50

10月は雨が多かったですね。
台風も立て続けに2度もやって来ました。
雨予報のの合い間を縫って、何とか行って来た稲叢山以来、山を歩けていません。
家では限りなくダラダラと過ごしてしまい、血流もますます悪くなっているのが分かります。
こんな時は、いつもの甫喜ヶ峰工石山を歩くに限ります。
が、甫喜ヶ峰は台風21号の爪痕で倒木等が多く、しばらく入園禁止のもよう。
工石山はどうかな?と、台風22号が去った翌日、約1ヶ月ぶりの県道16号線を走ります。
夏にはタキユリを楽しんだ沿道には、今はジンジソウが揺れています。
季節はどんどん移ろって行きますね〜。

  県道沿いのジンジソウ

晴れの予報ではありますが、お山の天気の回復は遅く、まだ曇っています。
そして強風!
県道から仰ぎ見る、黒滝峰の岩峰が錦秋に彩られていてきれいです。

岩峰の紅葉@ 岩峰の紅葉A 

到着した工石山登山口、こんなお天気だけど下には先客の車が2台。
いつもの上の登山口には、森林管理局の車が1台停まってるのみ。

風がゴーゴーと音を立てて唸っていて、結構寒いです。
今日は南回りで行く事にします。
この方が少しでも風を避けられるかなと思ったのですが、それでも所により強風に煽られました。

アサマリンドウ@ アサマリンドウA 

ヤッホーポイント周辺の紅葉がきれいです。
春にはアケボノツツジでピンクに彩られる斜面も、赤・黄・橙・緑と華やかな装い。
アサマリンドウも、終盤ながらまだ楽しませてくれます。

 ヤッホーポイント 華やかな彩り 

時折陽射しが出て、紅葉もより輝きます。
『きれい〜!』 相変わらず独りブツブツ喋りながら、マイペースで歩きます。

輝く紅葉  ヒノキ屏風岩より

ヒノキ屏風岩からの眺めも、今日はクッキリ。
でも風が強いからね〜岩にしっかり手を置いて、足元も注意して!

ウメモドキ  紅葉越しの妙体岩

この後割れた大木や、倒木があちこちで見受けられるようになって来ました。
登山道そのものはきれいに補修されていて、通行に支障はありません。有難いです。

 台風の爪痕 ここも 

賽の河原の水量も多め。
この周辺の紅葉は、とてもきれいです。

賽の河原付近の紅葉

シャクナゲの森を登って行くと、根っこがむき出しになって傾いた木や枝の折れた木、とかが目に付きます。
お蔭で(と言っていいかどうか)北にある鏡岩が、これまでよりも見えるようになっていました。

燃える赤  鏡岩

”したたかに生きる”なんて名付けていた、画面左下のこの二つの木。
何年か前にブナの方が切られましたが(危険という事で)、今度はヒメシャラの方が今にも倒れそうになっています。次来た時にはどうなってるかなあ・・・。

名物の木も危うげな状態に  南の頂上

今日は風が強いから、お弁当は南の頂上で食べる事にします。だ〜れもいません。
ぼんやりと周囲を眺めながらお弁当を食べていたら、視界の端っこで何か黒い物がサーッと走りました!
??真っ黒クロスケ?
どうもネズミさんみたい。ものすごい速さであっちこっち走り回って、展望台の方に消えて行きました。
一応大急ぎでムービーで撮ったけど、何が何やら分からない・・・かろうじてネズミという事は確認出来ました。
小さな黒い塊みたいな山ネズミさん、一瞬でしたが嬉しい出会いでした。

 桜岩園地の紅葉

北の頂上は、今日は素通り。
北の登山道沿いの木は、もう殆ど葉を落としています。もろに北風が当たるものね。
トド岩もドウダンが色付いて、岩を引き立てています。
(これで光があったらなお良かったのだけど)

 トド岩  ドウダンの向こうに三辻山

杖塚からは、いつもの林道回りで歩きます。もうヘビさんも出て来ないよね?
こちらは台風の爪痕は思った程ではない・・・南側の道だから風当たりもマシだったのやね。

 秋グミ  黒滝峰南斜面

9月に沢山咲いていたタカネハンショウヅルは、今は花からは想像もつかない形になっています。
これが果実で、この後フワフワの綿毛になるのやね?

 タカネハンショウヅル  シロヨメナ

紅葉を楽しみ、花を楽しみ歩いてる内に、一周終了。
登山口まで戻って来たら、若者2人がやって来ました。
他にはどなたにも会わなかったなあ・・・出発時にあった車はまだ停まっています。
三辻山の方に行ってるのかな?

ともあれ、今日も楽しく歩かせてもらった工石山でありました。

 本日のログ

☆ 甫喜ヶ峰森林公園は、11/2より全面開園となったそうです。