2017年11月21日
瓶ヶ森(1,897m)〜西黒森(1,861m)〜自念子ノ頭(1,701m)
瓶ヶ森登山口 男山 女山 吉野川源流碑 西黒森 車道沿い鞍部 自念子ノ頭  下山口
9:10 9:45 10:05〜10:20 10:50 11:40〜12:00 12:40  13:25 13:40

今回は町道瓶ヶ森線沿いの山へ。
瓶ヶ森〜自念子ノ頭を歩く予定です。
もし体調不調となっても、途中で車道に下りられるのは軟弱な自分には安心感があります。

土佐のカッパさんの掲示板で”工石山にも初雪”という情報を得ていたので、四国山地は多分積雪があるだろうな、そして霧氷も!と、期待しながら石鎚公園線を走ります。
大瀧の滝を過ぎてから、行く手に見えて来たのは岩黒山の真っ白い山頂!
どんどん近付きます。
朝日を浴びてきれい! たまらず車道脇に車を停めて、皆さん撮影に余念がありません。
何度か停まって撮影、を繰り返しまずは予佐越峠に到着です。

 真っ白な岩黒山(車道より) 違う方向からの岩黒山 

峠北側の展望所に初めて登って見ますが、周囲の木が繁っていて展望は今いちでした。
石鎚にもまだ雲がかかっています。
伊吹山の霧氷と、瓶ヶ森をズームでパチリ。

伊吹山山頂付近の霧氷をズームで 同じく瓶ヶ森 

峠からの岩黒山、素晴らしい山容です。

予佐越峠よりの岩黒山

予佐越峠から車は瓶ヶ森登山口へと向かいますが、次々と現れる霧氷の絶景に何度も停車・・・。

 子持権現山  その反対側のピーク

分厚い霧氷越しの子持権現山、今日のメンバー内3名(女性)は先日ここを登っています。雨上がりに!
すごいなあ・・・。私には到底無理な山です。

霧氷に囲まれた子持権現山

子持権現の右手後方には石鎚の雄姿!
絶景かな・絶景かな!
『登山口まで行き着かんのやない?』『今日は登る事にならんで〜』なんて言い合いながら、何度も停まってはシャッターを押した一同でした。車道には大きなカメラを構えた人たちも沢山おられました。
それでも何とか瓶ヶ森登山口に到着。

子持権現と霊峰石鎚

そそり立つモンスターたちが出迎えてくれました。

 モンスターがお出迎え  そそり立つモンスター

ここでリーダーのsengakuさんは別行動、下山口で落ち合う事にして7人で瓶ヶ森へと出発。
霧氷のトンネルを抜けると、またまた絶景が開けました〜!

瓶へと出発  霧氷のトンネル

車道からでも大興奮でしたが、やはり登山道からの眺めは格別!
またしても、なかなか前へ進めません〜。

左後方に手箱・筒上  右には石鎚

ド〜ンとそびえる、千両役者の石鎚の存在感ある雄姿。
どこから眺めても素晴らしい。
ただ、明日の雨を暗示するような厚い雲が、西の空に帯状に広がっています。
(今回は1泊の山旅なのですが、どうも明日の山は無理みたい・・・)

氷見二千石原と石鎚

 石鎚を背に(写M恵さん)  ミツバツツジの霧氷

眺めに見とれ、シャッターを何度も押してる内に、男山に到着。
男山から女山への登山道は、これでもかという位の分厚い霧氷がズラリ。
こんな霧氷を娘に見せたいものです。

 男山に到着  女山へと

下手な鉄砲のシャッターを何度押した事でしょう。
でも悲しいかな、目で見たように写すのは難しい・・・。ピントは甘いし。
もっとじっくり、心を込めてシャッターを押さないかんのやね。
乱発してもそうそう当たりません〜。
スマホの画像の方がきれい。

 霧氷の海原  女山山頂

女山でコーヒータイム後、伊吹山へ行きたいというメンバー3名とここで2組に分かれます。

 西黒森へ(スマホ画像)

瓶ヶ森から西黒森への下りは、雪に足を取られ結構緊張しました。
足を滑らせたり踏み外したりしたら、どこまでも落ちてしまいます〜。
へっぴり腰で源流碑まで下りたら、別行動のsengakuさんが待っていてくれました。
そして再び別れ、自分たち4人は西黒森へ。

 吉野川源流碑  再び霧氷のトンネル

西黒森登山道からは、今しがた下りて来た瓶ヶ森の山容が霧氷の向こうに見えています。
いい眺め!

 振り返り見る瓶ヶ森

さて・・・西黒森への急登が待っています!
ストックは置いて、笹を掴んで這い登ってる内に濡れた手袋も置いて、素手で登りました。
身が重いですからね〜登るのに必死で、写真を写す余裕は無し。
辿り着いた西黒森山頂の岩場で、お弁当タイムを取ります。
(登ったものの、下りは大丈夫かしら・・・不安がよぎります)

 青空に映えて  西黒森山頂

carchuさんに先に下りてもらい、万が一の場合は止めてもらうよう(無理かも・・)お願いして、下降開始。
南斜面なので雪も緩みジュクジュクですが、転ぶより汚れる方がずっとマシ、腰を落としてそろそろ下って行きます。
高度感が半端ないですが、まあ何とかクリアしストックも手袋も回収。 やれやれです。

 急斜面を下降  慎重にロープ箇所

そして行く手には、青空の下にモンスター軍団が待ってくれていました!

 モンスター軍団!

すごい〜!!
ここは蔵王!?みたいなモンスターたち。
南斜面ですが、まだまだびっしりの霧氷に覆われています。

 ここはもしかして蔵王?

こんな光景に出会えて幸せ!
圧巻のモンスターの中を、歓声を上げながら下って行きます。

 圧巻  モンスターの奥に筒上山

一旦車道沿いまで下り、今度は自念子ノ頭目指して進みます。
自分の中では西黒森からすぐだと思っていた自念子ノ頭、なかなか遠かったです〜。
ピークが近付く度に期待しては裏切られ・・・地図が頭に入っていない証拠。

 東黒森・伊予富士〜と連なる山並み  車道沿いまで下りる

やっと自念子ノ頭山頂が近付いた頃、伊吹山に行ったメンバー内2名が迎えに来てくれました。
最後の登りでは、後ろから押してもらいたかった軟弱な私。
でも振り返れば、歩いて来た稜線がきれいに見えていて感動!
今日は大山や蒜山も見えていたように思います。
ほんとに最高のお天気の日に歩く事が出来ました。

 歩いて来た尾根

下山口には車2台が待機。
分散しての歩きだったので、配車・回収の待ち時間も無く、効率の良い山行となりました。

 お疲れさま〜!  車待つ下山口

下山後は土佐和紙工芸村にて入浴。 JAFの会員証があれば、3名まで300円で入浴出来ます。
入浴後は、メンバーのK子さん別宅にて和気あいあいの望年会。
来年の計画・希望等を出し合いました。

翌朝はどんより暗い空、間をおかずに予報通りの雨となり山行は中止。
昨日の山行で2日分位楽しめましたからね、皆さんそれで充分、満足そうです。
(私なんかは前日から中止モードに入っておりました)

町道瓶ヶ森線、寺川〜予佐越峠間も、間もなく冬季閉鎖となります。
良い時に絶好の気象条件の下歩く事が出来て良かったです。
楽しかったですね、お疲れさまでした。

 本日のログ