2018年01月21日
阿波国見山(1,409m)
後山峠登山口 上の登山口 1370m 国見山山頂 1370m
上の登山口 後山峠登山口
9:10
10:00
11:00 11:25〜12:00
12:15 12:45 13:20

今日は例会で阿波国見山に参加。
毎年恒例の、初級雪山訓練です。
これまでにもアイゼン歩行やピッケルの使い方、滑落停止の実習とか、ここでいろいろ教わったものです。
・・・が、今回は雪が無い!
この所暖かい日が続いたので、一気に雪も融けてしまったようです。
通常だったら、この後山峠登山口も凍っていて、恐る恐る車道を横切ったりするのですが・・・。

『アイゼンは要らんね』と車内に置いて、雪山用の手袋も置いて出発します。
歩き始めて早々に衣服調節、振り向くと半袖になってる人が2名!
でもやっぱり私には風が冷たく感じられ、中間着のフリースベストを脱ぎ、ジャケットは着たままにします。

後山峠登山口 上の登山口も雪は無し 

到着した上の登山口にも、雪は見当たらず。
今日はここに3台の車。 この時季にここまで車で来れるなんてね。

登って行くと、笹の窪みに本日初めての雪を見つけました。 皆でワイワイ喜びます(!?)。
こんなに雪の無い冬の国見山は、初めてかも。

 本日初めて見る雪 防火帯にも雪は無し 

防火帯も3つ目くらいから、やっと雪らしい雪が出て来ました。
下山されて来た岡山からだという小学生を連れたご家族、『上に行けば少しだけ霧氷がありますよ』との事。
それは嬉しい情報! 落ちてしまわない内に、早く行かなくてはね。

 やっと雪らしい雪が少し出て来る  1370mへ

1370mを過ぎてからの尾根は、まるで春山のよう。
殆どの人が、シャツ1枚になっています。

まるで春山のよう  やせ尾根を行き

いつもの大ブナも、今日は寒そうにないです。

 尾根の大ブナ

あっ、霧氷だ霧氷だ!
僅かな霧氷ですが、あるとないでは大違いですものね。

 短い短い霧氷 貴重な霧氷です 

気まぐれなプレゼントのような霧氷を、カメラに収めます。

 青空に少しばかりの霧氷

尾根道の途中で出会った、同じ高知の山の会のメンバーさん曰く『山頂の霧氷はきれい』だそうです。
早く行かなくては!

 それでも嬉しい!  こちらも春山みたい

山頂直下の急登、今日は雪も無いし凍っても無いから楽に登れました。
そしてお待ちかねの霧氷!ワーイ!

 山頂の霧氷

北の尾根には霧氷のトンネルも見られます。
今日ここが初めての会員さんは感動されています。
霧氷があってほんと良かった!

 北尾根には霧氷のトンネル 控えめな霧氷 

暖かい今日は、山頂でお弁当を広げます。
霧氷を眺めながら、楽しく美味しいひととき。
そこへまたまた沢山の人たちがやって来られて、山頂は大賑わい。
(高松市民登山学校の皆さんでした)

 賑わう山頂  高松市民登山学校の皆さん

木々の間から見えてる西尾根の霧氷は、とてもきれい。
近くまで行けないのでズームで撮ってみました。

そして後は元来た道を戻るのみ。

 西尾根の霧氷をズームで  帰りもラクラク歩き

雪も無い防火帯の下りは速い・速い。
登りの約半分ほどの時間で、上の登山口まで下りて来ました。

後山峠登山口まで下りて、帰る準備をする足元にはフキノトウが。
明日以降はこの冬最強の寒波がやって来るようですが、春も着実にそっとそっと近づいて来ているようです。

 上の登山口まで下山  後山峠のフキノトウ