2018年02月07日
工石山(1,176.4m)
工石山登山口 杖塚 白鷲岩 トド岩 北の頂上 賽の河原 ヒノキ屏風岩 杖塚 工石山登山口
10:55 11:10 11:30 11:45 12:05〜12:40 13:10 13:20 13:50 14:05

予定では今日は先日の続きで、黒森山〜五在所山の縦走だったのですが、一向に緩まない今回の寒波で里山にも結構な積雪があり、登山口までも行き着くのが難しい状況です。
先日の桑薮登山口には集落があり、除雪もされていましたが、黒森山登山口付近には民家はありません。
という事で、計画は見送りとなりました。

となると・・・工石山に行って来ようかな。
ノーマルタイヤなのが心配だけど、県道は除雪されてる筈だし無理だったら引き返そう、と遅めの時間から出発。
樫山峠登山口が近付く頃には、道路両側には除雪された雪が積まれていて道幅が狭くなっています。
対向車にビビリながら、何とか赤良木トンネル手前までやって来ました。やれやれ・・・。

ここから左手のふるさと林道に折れた所で、路面は一気に様子が変わりバリバリのツルツル〜〜!
これ以上は進まない方が無難です。

ふるさと林道入口に駐車  森林学習館横の道もカチカチ

車はここに停める事にして、滑らぬよう注意しながら車外に出て、靴を履き替え雪山用のストックで出発。
森林学習館広場には軽が一台停まっています。先行者がいるみたいやね。
林道はツルツルで、いつもの駐車場には当然車はありません。

 登山道入り口 いつもは車で通る道 

いつもなら車で上の登山口まで行きますが、今日は慎重に歩いて到着。
先行の足跡は、4本爪アイゼンを着けてるみたい。
私もアイゼンを着ける事にします。(6本爪)
念の為持って来て良かったです。工石山でアイゼンなんてね〜今回が初めて。

 さすがに車はゼロ  登山口でアイゼンを着ける

でもこれで安心。
この冬これまで歩いた雪山ではフワフワの雪だったけど、今日の雪はカチカチ。
アイゼンが小気味良い音を立てています。
それに、思った程寒くない。
お天気はいいし、早く北の山々を見たいので、今日も北回りで行く事にします。

杖塚 今日も北回りで  根曲がり杉にも積雪

まずは白鷲岩
きれいです〜。

白鷲岩

アイゼンでこわごわ登ってみます。
やっぱり岩は登りたい。
この間も五在所山から見えていたあの山は、大座礼山?いつまでたっても、山座同定は難しいです。

 大座礼山(?)  雪の下は凍ってる

次はトド岩
ここもやっぱり登りたい。踏み跡が無いから凹凸がよく分からん・・・。
アイゼンで雪の積もった岩は、いつもと勝手が違って足場を確保するのに手間取りました。

トド岩   やっぱり登りたい

ああ、いい気持ち!
登れば展望が開けます。どこまでも山・山・・・いい眺めです。

 四国山地の山並み

次に、いつもの北の登山道の守り神様に挨拶したら、山頂はもう後少しです。

 守り神様も寒そう  結構深い雪

2014年2月にラッセルで登った時は、この北の山頂直下は腰の辺りまで積雪があったなあ・・・
あの時は森林管理局の方たちがトレースを付けてくれていたけれど、今回もそうなのかな?
両側の雪は深いけど、歩き易いトレースがずっとあります。
やっぱり工石山やね!

 最後の登り  北の頂上

誰もいない北の頂上。
山名板を見ながらフムフム・・・と納得したり、よく分からんなあ・・・なんて眺めたり。

 笹ヶ峰〜チチ山〜冠山〜平家平

石鎚山方面もよく見えています。

 二ノ森〜石鎚山

山名板下の雪は払おうにもカチカチに固まっているので、その上にシートを乗せて腰掛けてお弁当。
雪はこんなにあるけれど風は無く、この所来た内では今日が一番お天気が穏やか。
眺めを堪能しながら、ゆっくりお弁当タイムを過ごす事が出来ました。

 伊予富士 奥工石山(中央) 

さあ、南の頂上へ行ってから帰る事にしましょう。
シャクナゲの葉が縮こまっています〜でも蕾がいっぱい付いてる。
『シャクナゲさん、春まで頑張ってね〜きれいな花を咲かせてね。』って声をかけて歩きましたよ。

 南の頂上直下の登り シャクナゲさん頑張ってね〜 

賽の河原も、水は凍りついています。
サンショウウオさんも、じっと春を待ってるのでしょうね。

 賽の河原も凍る

あらっ、休憩舎が取り壊されています。
もうかなり老朽化しちょったからね・・・ここは湿気も多いだろうし。
また新しく建てられるのかな?

谷の方から、微かに話し声が聞こえています。
どなたか妙体岩の方から上がって来てるのかな?声はすれども姿は・・・?です。

 解体された休憩舎  ヒノキ屏風岩へ

見慣れた眺めではありますが、ヒノキ屏風岩にもやっぱり登ってみないと。
ふるさと林道が光って見える・・・凍ってるのやね〜。

 妙体岩(分かりにくいですが)方面

一周して杖塚まで戻って来ました。
いつもの水場には、ほんの申し訳程度の細い水が流れているのみ。今日は水は汲めません。
三辻山連絡路の方にはトレースは無し。元の道を下ります。

寒さは感じなかった今日ですが、カメラのシャッターが開きにくくなっています。
雪も陰地は朝とあんまり変化無いし、やっぱり気温がかなり低いのやね。
森林学習館に停めてあった軽は、もういなくなっていました。
今日もどなたにも会わないままでした。

 バリバリの道を下山 県道沿いのツララ 

車の下の氷は融けていて、まあどうにか方向転換が出来ました。
厳冬期の山は、ほんと登山道よりも登山口までの走行に要注意ですね。クワバラ・クワバラ。
でも今日は北の山々の展望を満喫! 来て良かったです。
次回は、バイカオウレンの頃にまた歩きたいものです。
工石山さん、今日もありがとう!