2018年04月22日
不入山(1,336.2m)・鶴松森(1,100m)
源流碑登山口 横道分岐 幽谷コース分岐 合流 太郎坊桧
不入山 横道分岐 源流碑登山口 
8:30
9:05
9:40 10:00
10:40 11:00〜11:40 12:20 12:50
鶴松森林道登山口 大岩展望所 鶴松森山頂 展望台 林道登山口
13:35
13:55
14:00〜14:05 14:25
14:30

例年は4月末に訪れてる不入山、アケボノ開花の早い今年は1週間ほど早めにやって来ました。
さあどんな咲き具合でしょうか?
若葉みなぎる、四万十川源流碑のある登山口までやって来ました。
ひと足先に出発して行かれたグループは、月曜山歩き会の皆さんでした。

新緑の源流碑登山口

源流点を過ぎ、岩ゴロゴロの急登を凌いだ後は、反時計回りで進みます。
いち早く登場する登山道南のアケボノは、今回すでにもう終盤となっていました。

登山道は昨年の風台風のつめ跡か、結構荒れていて、倒木を乗り越えたりする箇所も。
その後も繁ったスズタケの道が続き、歩きにくかったです〜。

 倒木を 乗り越える 

林道からの登山口と合流後は、槇尾根コースへと進みます。
蕾を沢山付けたシャクナゲが現れ、そしてお待ちかねのアケボノツツジ登場!
ワクワクしながら登って行きます。

 シャクナゲの蕾も沢山!  アケボノ登場!

槇尾根に入ると、空いっぱいのアケボノ。
今年はほんと、花付きが素晴らしいです。

 
槇尾根の空に高々と 花付きが素晴らしい 

早く展望テラスの岩場まで行きたい!
でもここもきれい、あそこも、とシャッターを押すのに忙しいです。
高度も上がり、北側に鳥形山が見えて来ました。

 ワクワクしながら登る  アケボノの向こうに鳥形山

そして寄り道して、待望の展望テラスへ。

 展望テラスの足元に小さなミツバ テラスの先にもアケボノ 

岩の周辺にもかわいらしいアケボノ・ミツバツツジ、谷の向こうにはアケボノでピンク色になった斜面。
うっとりする眺めを楽しみます。

その後幽谷コースからの道と合流し、ワクワク度もますます高まって行きます。

 山斜面はアケボノのピンクがいっぱい  倒木を越えて

2年前にはこの辺りで早々とゴヨウツツジが咲いていた事を思い出し、もしや・・・でもまさかね?なんて少しばかり期待しながら、登山道沿いのゴヨウツツジの古木を眺めてみます。
さすがにね・・・まだでしたが、蕾はしっかり付けていましたよ。

 ゴヨウツツジの古木  蕾が沢山付いてる♪

さてこの後登って行くに連れ、見応えあるアケボノが次々と現れます。

 青空を背に  咲き誇る

ヒカゲツツジもきれいに咲いています。

 ヒカゲも見頃 アケボノと競演 

尾根の立役者太郎坊ヒノキをお宿にしているアケボノ(アケボノ太郎さんだとか)も、きれいに開花。
ひと回り大きくなったように思います。

 
 鳥形山をバックに咲き誇る  太郎坊ヒノキ

山頂が近付き、いよいよアケボノもクライマックス。

 いよいよ登りはクライマックスに  岩尾根のアケボノ

岩尾根のアケボノはひときわ素晴らしいです。

 見上げるアケボノ

見上げるアケボノ。
空いっぱいに咲き誇ってる〜!
青空を背に、今日は絶好のタイミングでした。良かった〜。

 空いっぱいのアケボノ

満足・満足で不入山山頂へ。

 山頂へ 不入山山頂(一等三角点 不入山) 

鳥形山を眺めながら、木陰でお弁当タイム。
そろそろ虫対策も必要な陽気、お弁当にもお素麺が良くなって来ましたね。
その後月曜山歩き会の皆さんも到着して(彼らは幽谷コースより)、山頂で和やかなひとときを過ごします。

 山頂北に鳥形山

下山は急な下りが待ち構えています〜。
慎重に足を下ろす目の前に、ヤシャビシャクの赤ちゃん発見。
来年はひと回り大きくなってるかな?

 この先急な下り
 ヤシャビシャクの赤ちゃん

急な下りが一段落すると、いつものヒメシャラの門が迎えてくれます。

 ヒメシャラの門  分岐へと周回

そして分岐まで戻って来ました。
ジロボウエンゴサクや白いスミレ・ヤマルリソウ等が、目を楽しませてくれます。

 丸みを帯びたスミレ(名前は?) 谷へと下る

午後の陽射しを浴びる源流点では、今回もお水を汲んで帰ります。(源流水でコーヒー!)

 ミヤマハコベ  四万十川源流点

登山口付近では、まだきれいな色のヤブツバキが咲いていました。

時間も早い今日は、この後林道を風の里公園方面に向けて走行します。

 ヤブツバキ  これから風の里公園へと移動

 不入山のログ

20基の風車が立ち並ぶ風の里公園、その西端の風車の所に鶴松森登山口があります。
広々とした風車の周辺、車はどこにでも置き放題!

鶴松森にはもうずいぶん前に、道の駅布施ヶ坂から登った事があります。
登山口までが行き易いという理由で選んだ山でしたが、植林の中の登りが延々と続き結構しんどい思いをして登ったものの、山頂はカヤや木に覆われて展望も無かった事、山頂直下の登りでクマよけの鈴を付けた単独の男性に会った事等をおぼろげながらに覚えています。
当時は風車も設置されて無かったしね。

今日は初めてのルートで、短時間で登れるようなので楽しみです。
歩き易いきれいな道が続いています。

 広々した風車広場  

ほどなく展望台に到着。
そのまま進んで行くと左手に展望岩場。

 見晴らし岩より東方面

登山口から25分程で山頂に到着。
周囲は刈り払われていて、以前来た時とすっかり様子が変わっています。
でも懐かしい・・・15年以上ぶりの鶴松森山頂は、感慨深いものがありました。

 なぜか山頂に柿の木  鶴松森山頂

下山時は展望台にも寄ってみます。

 三等三角点 兎ヶ佛  立派な造りの展望台

東に続く風車群。
グルリ広がる山並みも眺め、展望台周辺にも目をやると・・・あっ、あそこにタラの芽〜!
でも高すぎてとても手が届きません。

 東に風車群

下山後は風車群沿いの道を帰ります。
お天気良く休日の今日は、山菜採りらしき人の姿もよく見られました。
ドライブを兼ねての山菜採りには、絶好の場所です。

 WCもある広場  オキナグサ

風の里公園を過ぎて分岐からクネクネと南へ下って行き、杉ノ川という所で197号線と合流。。
絶好のお天気に恵まれ、アケボノに酔いしれ、おまけの鶴松森にも登れた本日。
満足の楽しい山行でした。
カツオさん今日も運転ありがとうございました。
皆さんお疲れさまでした!

 鶴松森ログ