2018年05月04日
伯州山(1,044.9m)・岡山森林公園(千軒平1,090m)
林道車P 伯州山登山口 伯州山荘 白州山山頂 伯州山荘
伯州山登山口 林道車P
8:00
8:15
9:20 9:30〜9:40
9:50〜10:10 11:10 11:20
森林公園管理センター もみじ滝 千軒平 もみじ平 三叉路 森林公園管理センター
12:45
13:15
14:00 14:30 14:45 15:25

連休中日の今日は、例会に参加して高速道を走り岡山・鳥取県境の伯州山へ。
イワウチワで名が知られた山で、今回の目的もそうなのですが、いかんせん来るのが遅すぎた感です。
今年の見頃は4/20前後だったみたい。
咲き残りと、四国では見られない他の花(サンカヨウ!とか・・)を期待して、初めての道を歩きます。
分かり易い案内標識が導いてくれます。

気温は低め、寒いです。重ね着して来て良かった。
(この日は寒風山でも雪が降ったそうです)
西日本の日本海側は、変わり易い天候に注意という本日の予報で、カサも持って来ましたが、今は上天気。

道路脇に駐車 登山口 

登山口までに、早くもイカリソウやチゴユリ。
嬉しくなります。

 イカリソウ チゴユリ 

谷沿いの道にはキランソウの白?かと思ったシロバナニシキゴロモ、咲き始めのイワカガミを見つけました。

 シロバナニシキゴロモ  イワカガミ

谷の流れに沿って歩くのは、気持ちいい。
道幅も広く、よく整備された歩き易い登山道です。

谷沿いの気持ちいい道  ボタンネコノメソウ

ブナの新緑も美しく、グリーンシャワーを浴びながら、早くも伯州山荘までやって来ました。
残念ながら、というか予想通りというか、ここまでイワウチワの花は見られません。
すべて咲き終わった後。
サンカヨウも登山道の真ん中に一輪見られましたが、かなりしょぼくれてる〜しかもピンボケでした。

 伯州山荘 広々した道 

山荘からは10分程で山頂との事。
先日の玉取山〜大登岐山の歩きを思うと、呆気ないくらい楽な道のりでした。

 ユキザサ 伯州山山頂 

山頂には、どなたかのレポで見たネコさんもいます。
ちょっと霞んでいてぼんやりしか見えませんが、残雪の大山もうっすら望めます。
(この時土佐のカッパさんたちは、雪と強風の大山を登っていたと後で知りました)

イワウチワの花が無かった事もあり、予定より早く登頂となりましたが、山頂は風が冷たいので山荘まで下りてからひと休みする事に。

 なぜかネコさんが  大山方面

山荘周辺にはチゴユリやユキザサがいっぱい。
コシアブラの小さな木も(大木も)そこここにありましたよ。

コーヒータイムの後、尾根コースから下山です。
登って来た道とは大違いの狭くて急な道ですが、両脇にはイワウチワ(の葉)がびっしり。
執念で(!?)一輪だけ咲き残り発見。
順番待ちで撮影した事でした。

 チゴユリ  貴重な一輪!

『こんなに登っていたの?』と思う程、かなりの急な尾根を下りて行きます。木の根に注意!
見上げるブナの若葉が素晴らしいです。

 ブナの若葉

イワカガミが咲いていて、登山道に彩りを添えてくれました。
四国で見るのより大きい。オオイワカガミでしょうか?

 オオイワカガミ 薄いピンク 

ほんとにびっしりとイワウチワ(の咲いた跡・・)。
ちょうどの時に、来直ししたいものです。

 ここに花があればね・・・  葉が残るばかり

という訳で、短い周回は終わり。
この後車で移動、岡山県立森林公園へと向かいます。

 伯州山ログ

岡山県立森林公園

人形峠からの道は通行止めで迂回路を回る時に天気はいきなり悪化、雨となりましたが、通り雨だったようで森林公園到着時にはまた青空が戻りました。ひと安心。
こちらも初めて来る森林公園。 前々から、一度訪ねてみたいものと思っていたので嬉しいです。
まずオオカメノキやショウジョウバカマが出迎えてくれました。

 純白が美しいオオカメノキ ショウジョウバカマ 

入口すぐにある管理センターにてお弁当。
温かいお茶のサービスがあり、椅子やテーブルも設置されていて、休日とあって混み合っています。
職員さんは茶色の制服を着てキビキビ動かれていて、土産物コーナーもあります。
甫喜ヶ峰森林公園とはずい分違うなあ・・・)

 森林公園入口  リュウキンカ

食後、園内の地図を片手に散策する事にします。

 広々したいぼた園地  分かり易い案内板

園内にも谷が流れていて、広大な敷地には見どころもいっぱいみたい。
昭和50年7月に開園したとの事。
ザックを背負った人、軽装で家族連れの人、幅広い楽しみ方が出来そう。
私たちは、まずはもみじ滝方面へ。
この後、道は登りとなります。

 もみじ滝 ブナの赤ちゃん 

ひと登りした所で広い県境尾根に出て、次なる千軒平へと進みます。

 初めて見たユズリハの花
 広い登山道

周辺には背の高いコシアブラの木が目に付きます。
(他にも木はあるんだけどね)

 こんな所にも  ツクバネウツギ

登り着いた所が千軒平。
本日の最高峰です。(ちなみに森林公園最高峰は、ここより南にあるきたけ峰1108m)
ここからも大山が望めます。

 見晴らしのいい千軒平1090m 大山方面

今日は瀬戸大橋は強風で、二輪車は通行止め。
大山でも強風が吹き荒れたようです。

 ズームで

千軒平から県境三叉路方向に下りて行く道脇に、かわいいショウジョウバカマと鮮やかなミツバツツジ。
きれいな彩りが嬉しいです。

 三姉妹  ミツバツツジ

ブナの尾根をどんどん下って行きます。

 4人家族の木  ひときわ大きいこの木は?

明るいブナの森。

 登山道真ん中に堂々たるブナ

再び登ってもみじ平(1059m)に到着。
文字通りモミジの木が沢山ある、開けた場所です。

 ツタの衣裳をまとう  もみじ平の大モミジ

この後は根曲がり竹が両脇にある尾根を下り、小屋もある県境三叉路へ。
ここから東のすずのこ平(1080m)への道には、イワウチワが沢山あるそうです。(次回のお楽しみやね)

 紆余曲折(?)のブナ  県境三叉路

私たちは三叉路から下山、もう15時前ですからね。
時間があれば、まる一日楽しめる森林公園だと思いました。

 コシアブラ  中央園路と合流

中央園路の道脇にも、エンレイソウ・ハシリドコロ・スミレ・・・小さなお花がいっぱい。

 サンインシロカネソウ  ミズバショウ

管理センターでナツツバキのプレートを買って(¥200)帰路に着きました。

長距離運転される人には負担がかかりますが、時間的には四国の奥まった山に行くのと、そう変わらない岡山・鳥取の山。
機会があれば、また訪ねたいものです。
お疲れさまでした。

 森林公園ログ