2018年05月14日
雲早山(1496m)〜 高丸山(1438.6m)
雲早山登山口 雲早山山頂 尾根分岐 1334m 高丸山山頂 高丸山登山口
8:00 9:25 9:40 11:20〜11:50 13:55〜14:05 14:50

前日に急に決まったという雲早山〜高丸山縦走(しかもクロス縦走!)、これを逃したら今年の花の季節にここを歩く機会はもうないだろうと、喜んで参加させてもらいました。(用事も投げ打って!?)

前日は遅くまで結構な量の雨が降りましたが、出発時の朝はきれいな日の出。
四ツ足峠トンネルを抜け、木沢村へと向かいます。

大轟の滝

初めての高丸〜雲早縦走は2014年、念願だった縦走でsengakuさんやM恵さんと初めて山行を共にした、思い出深い縦走でもあります。
あの時もクロス縦走で、高丸山からだったので今回は雲早からの出発にさせてもらいます。
メンバーにはクムトマトさんもいてくれて心強いです。

 大釜の滝 雲早山登山口 

雲早トンネル手前で右手の林道へ入り、雲早山登山口に車を停め、少し下った所からシャクナゲ尾根を登っていざ出発。

 ここから出発  ひと登りすると・・

登り始めてすぐにシャクナゲ。

すぐにシャクナゲ  こっちにも

あっちにもこっちにも。

 ブナの若葉とツーショット  ギンリョウソウも
 どこを見てもシャクナゲ まさにシャクナゲロード 
白花も   今が見頃

前回この尾根を下った時には”ここを登って来るのは大変だろうなぁ・・”と思ったものですが、途切れる事の無いシャクナゲに、カメラのシャッターを乱発しながらの歩きなので、しんどさも感じません。

 根っこの尾根道 危険個所 

まさにシャクナゲロード、あれもこれもと写している内に稜線が近付いて来ました。
お山のお天気は回復が遅く、周囲はまだガスに包まれていて風も強いです。

 ガスの中  もう少しで稜線に

まあ!カタクリの葉に小さな白い花が乗っかっています。 ステキな眺め。
白いのはオオカメノキの花芯のようでした。(専門的な事は分かりませんので、花芯というのか何というのか?)

 かわいいオブジェ カタクリの葉の上にオオカメノキの花芯 ヤシャビシャク 花がいっぱい着いてる〜 

ブナにヤシャビシャクも着いています。
足元にはカタクリの葉、広い雰囲気のいいブナの尾根。

 ガス立ち込める尾根

そして雲早山山頂に到着。
徐々にガスも晴れて来て、縦走路のミツバツツジの向こうに高丸山も見えて来ました。

 二等三角点 雲早山 これから向かう高丸山 

やがて青空が出て来ました〜!

 ガスが晴れて来る

若葉の輝きが美しい事! 青空に勝る物無し!

 眩しい緑!  尾根分岐

ミツバツツジは終盤で、沢山の散った花が登山道に彩りを添えています。
カタクリも実になったもの、葉だけのものばかり。
あらまあ!そんな中に蕾のカタクリ発見!何てオクテのカタクリさん。(この後開いたかな?)

 風情ある道 カタクリ発見! 

広い尾根に出ました。
西に張り出した尾根にも行ってみます。こちらもシャクナゲがいっぱいでした。

 雲早山を振り返る

いつもの場所にヤマガラシも咲いています。

 苔と岩とのオブジェ  ヤマガラシ健在〜

これから一旦どんどん下って行った後、とんがりピークの登りが待っています。

 ツクバネウツギ ピークに向かって 

やせ尾根に入ると、シロヤシオが登場!
青空を背に、真っ白の花が映えます〜。

 真っ白〜!!

大岩の所では、今回も右の巻き道から行きます。(1名はそのまま直登)
ここで高丸山からのメンバー3名と合流。
思えば前回のクロスでも、ここで合流してしばし和やかなひとときを楽しんだのでした。
縦走路のほぼ中間点のここで、今回もひと休み。

 崖を登る人・右へ巻く人  1334mピークから歩いて来た尾根を見る

360度の眺めを楽しみ、目の前の満開のシャクナゲを眺めながらのお弁当タイム。
今日、ここを歩く事が出来てほんとに良かったです。

 シャクナゲを目の前にお弁当タイム 名残りのアケボノ

楽しいひとときの後は、またそれぞれの方向へ。
咲き誇るシロヤシオ&シャクナゲに誘われて、寄り道したりしながら進んで行きます。

 豪華な眺め〜

この後も、これでもかというほどのシロヤシオのオンパレード。
登山道もシロヤシオのじゅうたんとなっています。

 散りてなお美しい  派手な色のオンツツジ

遠くに見えていた高丸山も、徐々に近付いて来ました。

 歩けども尽きぬシロヤシオロード  雲早山があんなに遠くなる

”これがラストの登りかな?”なんて思いながら、結構何度もアップダウンがある・・・。
急な登りで右足を上げた時、また足が攣りました。(弱い足です)
まあ何とか一時的なものでしたが、この道をピストンされる皆さんはすごいなあ、とつくづく感心します。
私には無理。

 尾根を席巻するブナ  最後の登り〜?

それでもついに到着!

 まだまだ登り  ついに到着

高丸山山頂です。
『風車が見えるあれが旭ヶ丸、横に牧場がある』ってメンバーのNさんに教えてもらいます。
本日の長距離運転も担い、山も道もよくご存知の健脚のNさんは頼もしいメンバーです。
(もうひと方も経験豊富、植物にもとても詳しいです)

 三等三角点 高丸  アセビの若葉も輝く(西三子山方向)

下山は最短距離、三つ尾の峠への道途中の分岐で神社方面へと。
この道は初めて通りましたが、水場の上部で峠からの道と合流します。

高丸山登山口では、満開のオンツツジが待っていてくれました。
かくして楽しい縦走は終了。 千年の森広場を後にします。

 無事下山  車待つ千年の森広場

車道沿いにも咲き誇るオンツツジとモチツツジ。
特にモチツツジは道中途切れる事無く、193号線に出てもずうっと見られました。

燃えるオンツツジ  モチツツジ

そんなこんなでシャクナゲ&シロヤシオ満喫の縦走でしたが、嬉しかった事がもう一つ。
前回の縦走では出会えなかった、ユキワリソウを見つける事が出来ました。
嬉しい嬉しい出会い。
それにしても5/14のこの時季に、もうユキワリソウ・・・ほんとに今年は花の開花が早いですね。

 小さなユキワリソウ  ひっそりと可憐に咲く

ゆっくり歩きしか出来ない私。
花を楽しみ、眺めを楽しみ、寄り道しながらの道中は、ピストンされる人たちと同じくらいの時間がかかっていますが、楽しい山行でした。
”一歩一歩歩けば、必ず頂上に立てる”という田部井淳子さんの言葉は、私の山歩きの”座右の銘”です。

道中もいろいろ楽しめた今回の縦走、素晴らしかったです。 メンバーに感謝!
お疲れさまでした!

 本日のログ