2018年05月16日
皿ヶ嶺(1,271m)
上林森林公園 竜神平 皿ヶ嶺山頂 引地山分岐 上林森林公園
8:50
10:10〜10:30
10:55〜11:30 11:40
12:35

花の山皿ヶ嶺、シコクカッコソウが咲き始めた頃に行きたいと思いながら、なかなか実現出来ぬまま日が過ぎていました。
ある日のエントツ山さんの掲示板に、ヘキチョウさんが投稿されていた満開のヤマブキソウと豪華なユキザサを拝見して、居ても立ってもいられなくなりました〜(!?)
とは言っても、あれやこれやで日は過ぎるばかり・・・
ようやっと本日の実現となりました。(何とか咲き残りには会えるだろう・・・)

今日はオバサン5人、私のヘボ運転で上林森林公園までやって来ました。
(高知からは遠い〜〜もっと近ければね、っていつも思います)

上林森林公園 ユキモチソウ 

広い駐車場に車を停めて、歩き始めたらすぐにクマガイソウがお目見え。

 クマガイソウ

他のお花もあり、ちょっとした花畑みたいになっています。
この二つ並んだクマガイソウの手前には、花の終わったカッコソウがありましたが、無残にも踏みつけられていて痛ましい姿になっていました・・・。

 エビネ  コケイラン

次にはニリンソウ。
ひんやりした空気の漂う風穴のヒマラヤケシは、いくら今年は花の開花が早いとは言え、さすがにまだ葉だけ。

イチリンソウ  風穴のヒマラヤケシ

その後はヤマブキソウが次々と! 終盤とは言え、まだまだきれいに咲いています。
ピークの頃はさぞかしだったでしょうね〜。
昨年赤星山下山時に初めて出会って、大いに感動したヤマブキソウ、ここではこんなに群生するのやね。
かわいい花ですね〜。
イチリンソウもそこここに。
『去年来た時はもっといっぱい咲いちょった』ってIさん。
私はこの時季に来たのは、今回が初めてです。
ホウチャクソウも、そこら中に見られます。

 ヤマブキソウ  イチリンソウと並んで

何ヶ所かに、咲き残りのシコクカッコソウも見る事が出来ました。

 シコクカッコソウ ホウチャクソウ 

今日は花を見ながらの、のんびりゆっくり歩き。
イタドリも笹の中にある〜、なんて言いながら竜神平までやって来ました。

 竜神平

標高の高いこんな場所に、こんなに広々した湿原があるなんてね。
避難小屋もあるステキな所です。WCは撤去されていました。(老朽化?)

 ○○テンナンショウ キバナツクバネウツギ 

竜神平から、ブナの森を山頂へと登って行きます。

 根っこの階段  ブナの森

まあ!大きなブナの股にクロフネサイシンが着生していました。
(でもアップにして見てみたらドクロの顔に見えて怖い・・・のは私だけ?)

 クロフネサイシン 皿ヶ嶺山頂 

ここまでにも何組かの登山者さんとすれ違いましたが、山頂にも何組か休憩中。
平日でも訪れる人の多い皿ヶ嶺です。
私たちもここでお弁当タイム。

 ツルキンバイ(?)  二等三角点 行長

下山は三角点を通り、引地山分岐の方へ。
下って行く左手は一面伐採されていましたが、何か新しい計画がされてるのでしょうか?

 伐採された森  引地山分岐へ

分岐付近で名残りのミツバツツジを見た後、風穴方向へと下って行きます。
クマガイソウは、ここもちょうどの見頃でした。
シコクカッコソウはもう終わり。お疲れさま、また来年も咲いて楽しませてね。

 ♪並んだ並んだ〜 美人ぞろい 

再び出発時の道と合流し、ヤマブキソウ等を楽しみながら周回終了。
駐車場の車は、出発時よりも数台増えていました。

皿ヶ嶺を後にします。

 ナベワリ  コクワガタ

帰路のお楽しみは、春にも立ち寄った”茶農家の店あすなろ”。
平日の午後というのに駐車場は満杯、賑わっています。
良い所にオープンしてくれたものです。

 大渡ダム湖畔に

抜群のロケーションを楽しみながら、美味しい沢渡茶ソフトクリームをいただきました。
これで眠気もスッキリ!

 茶農家の店 あすなろ 沢渡茶ソフトクリーム(¥450) 

そしてもうひとつ寄り道・・・徐行運転しながら目を凝らしていると・・・咲いていました!
奇跡のように一輪だけ!会いたかったイワギリソウです。
本日の山行の、最後の嬉しいおまけでした。

 イワギリソウ

高知から遠いですが、出来れば四季折々に訪れたい皿ヶ嶺。
またお花に会いに、のんびりゆっくり歩きで癒されに行きたいものです。

狭い車内の後部座席に座ってくれた3人様は窮屈でしたね・・・(皆さんスリム体型とは言え・・)。
同行ありがとうございました。また一緒に行ってね。
お疲れさまでした。

 本日のログ