2018年06月02日
石鎚山(1,982m)
土小屋登山口 東稜基部 二ノ鎖元小屋 弥山 天狗岳
弥山 西冠お花畑 東稜基部 土小屋登山口
8:10
9:20
10:00 10:40
11:15 11:35 12:40〜12:55 14:20 15:25

アケボノツツジやイシヅチザクラに会いたいと、石鎚山の山行計画を立てたのは去る5/6の事でした。
しかしながら当日はお天気が今ひとつで延期、その後も予定した日はことごとく雨・・・
その間に、咲く花も入れ替わってしまいましたが、今年は出会えてないヤマシャクには何としても会いたい。

今回3度目ならぬ”4度目の正直”で、やっと好天気の日に行ける運びとなりました。
これ以上はないというような快晴の空が広がった当日、夜明けと共に自宅を出ます。
昨夜は、黒滝山山行の反省しきりで眠れませんでした。
でも今日は自分も運転手、頑張ります!

夜明けと共に出発 緑が眩しい登山道

久しぶりの土小屋登山口。 カマツカの白くかわいい花が咲いています。
歩き始めのなだらかな道が、身体に嬉しいです。
第一ベンチで水分補給・衣服調節、ここから先の背中に陽射しを受けての登りは、いつもながらしんどい!
早く北側の道に回りたいと思いながら、ゼイゼイ登って行きます。

 第一ベンチよりの石鎚 第二ベンチ付近より 

東稜基部までやって来てひと休み。
フガクスズムシソウの葉も確認出来ました。楽しみ!

 フガクスズムシソウ 咲くのが楽しみ!  ナンゴクミネカエデ

そしてそそり立つ矢筈岩を眺めつつ、二の鎖元小屋が近付いて来ました。
残念ながらヤマシャクの白い花は、もう見当たりません。 今年は花が咲くのが早かったもんね〜。

見上げる矢筈岩

本日はオバサンばかり7名のメンバー(平均年齢68歳!)
この内3名はクサリから登るって!(3人共私よりも年長)すごいなあ・・・。

 鳥居をくぐって  シコクハタザオ

私は勿論巻き道から。
鉄階段脇のお花畑はもう少し先のようで、イワカガミが少し見られるだけでした。
でもこの辺りまで来たら、まだミツバツツジがきれいです。 蕾ばかりのものもありました。

 三の鎖を見上げる  まだきれい ミツバツツジ

イシヅチザクラはね・・・さすがにもう花はありません。

 弥山直下のミネカエデ イシヅチザクラはもう葉ばかりに 

弥山に到着です。
天狗岳は、今日も堂々とした姿で招いてくれているよう。

 本日の天狗岳

クサリから登って来るメンバーを待ち受けますが、土曜日の本日は結構混み合ってるようです。
神戸から来られたという数人のグループの方たち、皆さん荒い息を吐いて到着。お元気です。

 クサリより到着のメンバー  クサリ場のイワカガミ

さて、天狗岳へ向かいます。(3名)

 二ノ森方面

弥山下のクサリ場、登る人・下る人、途切れる事が無くさすが土曜日、人が多いです。
あっ、クライマー発見!北壁に張り付いてる。
『あれ、私の息子』って、横の方で声がしています。
ステップやらいろんな道具をぶら下げたクライマー、『お母さ〜ん、助けて〜』って余裕で叫んでおります。
まあ・・・見てるだけでゾクゾクしましたが・・・。

 天狗岳へ向かう  北壁にクライマー

イワカガミも応援してるよう。

 見てるだけでゾクゾク・・  いつもの場所のイワカガミ

今日の天狗岳は撮影の順番待ちが出来る程で、ゆっくりは出来ません。
大急ぎでお賽銭を入れて、弥山へと戻ります。

 南尖峰 混み合う天狗岳 

いつもの場所にツマトリソウも咲いていました。

 弥山へ戻る  ツマトリソウ

さて混み合う弥山を後にして、面河分岐から西ノ冠岳方面へと。
途中の登山道脇でお弁当タイム。 
樹木の間から、弥山北斜面にはシャクナゲが咲いているのが見えていました。

お花畑へと向かう途中のミツバツツジ、まだ十分にきれい。
こうやって見上げると、弥山もなかなかどうして・・・そそり立っていますね。

 ミツバ越しの弥山

アカモノやイワカガミが見えて来て、お花畑に到着。

 愛らしいアカモノ キバナノコマノツメ 

キバナノコマノツメ・ユキワリソウもきれいに咲いています。

 ユキワリソウ
ツーショット 

しばし撮影タイム。
お花を楽しみ、思い思いに皆さん撮影されていましたよ。

 可憐に咲く  濃い色のユキワリソウ

やはりここは、毎年訪れたい場所ではありますね!
今年も、お天気の良い日に楽しませてもらいました。 ありがとう!

 斜面を彩る

おニューのトレッキングポールに小さな虫さんがやって来ました。今日のお友達。
(先日の雲早山〜高丸山縦走時に、高丸下山口周辺でトレッキングポールの下部を失くしてしまいました〜。
 全く気が付かなかったから、どうしようもないです)

 今日のかわいいお友達
 笹の中にもイワカガミ

笹原の雄大な眺めが広がる中、下山開始です。
風は快いですが、虫さんが多い。
これからは虫除けグッズは必携ですね。

 雄大な眺め

ヤマシャクの場所まで下りて来て、もう一度執念で目を凝らして探します。
『あった〜!』 遥か下方に白い色が見えています。
ズームで一生懸命写していたら、もう少し近く(登山道下5m?)木の根元に咲いてるのをメンバーが見つけてくれました。ありがとう・ありがとう。 これが今年見る最初で最後のヤマシャクです。 良かった!
(遥か下方のは、帰宅後PC画面で確認したら、花びらは半分もう落ちていました)

 ワチガイソウ
 唯一のヤマシャク

そんなこんなで、今日も満足の気分で下山。
沢山のお花に会う事が出来ました。

 マイヅルソウ
 帰路の第一ベンチより


シコクイチゲの葉も見られたし、ササユリやオオヤマレンゲもやがて咲く事でしょう。
そしたら次はもう夏のお花。 石鎚は魅力いっぱいですね。

 大瀧(おおたび)の滝

帰路は大瀧の滝を眺め、クネクネ道を何とか走行し、無事帰宅しました。
”4度目の正直”の石鎚は、お蔭さまで楽しかったです。
お疲れさまでした!

 本日のログ